成果報告書詳細
管理番号20120000001247
タイトル平成22年度?平成24 年度成果報告書 最先端PG(Mega-ton Water System) 低コスト・高耐久性配管 NO2 (H22?H24)
公開日2013/3/15
報告書年度2010 - 2012
委託先名旭有機材工業株式会社
プロジェクト番号P09025
部署名環境部
和文要約内閣府における最先端研究開発支援プログラムの「Mega-ton Water Project」中の研究で新規高強度配管「Highly durable pipe」の開発を行っている。海水淡水化プラントの中でも、逆浸透膜方式を利用したSWRO海淡プラントの高圧部には、一般に耐食性の高いステンレス管が用いられている。しかしながら、このような配管には溶接接合による耐食性能の低下、さらには部材のコスト高が課題となっている。本プロジェクトではこのような課題を解決すべく、樹脂管を用いた高耐久性・低コスト配管の検討を行った。新規配管は熱可塑性樹脂と繊維強化樹脂からなる複合管構造とし、強化層の最適設計を行った。検討で得られた配管に対して破壊試験、脈動試験を実施する事で、耐食性の高さを活かしつつ、高強度化を実現可能とする結果が得られた。また、コストシミュレーションの結果より、従来金属配管と比べ約3割のコスト削減を可能とする事も確認された。
英文要約A new ultra-high pressure plastic pipe has been developed in the Mega-ton Water System Project under the Japanese national project of “Funding Program for World-Leading Innovative R&D on Science and Technology” (FIRST Program). In desalination plants, stainless steel pipe is generally used in the high pressure parts of the SWRO desalination systems. However, Stainless steel pipe has some problems, for example, corrosion of the welded portion and high cost and etc. In order to solve these problems, we developed a high pressure and low cost piping system by using plastic pipe. This new piping system structure is composed of thermoplastic resin and fiber-reinforced resin. We achieved the target pressure by the optimizing the design of the reinforcing layer. By pressure and pulse testing of the new pipes, we developed a new piping system that combines high strength and corrosion resistance. Moreover, as the results of the calculated cost, it was also confirmed that this piping system has a cost saving compared with conventional stainless steel pipe.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る