成果報告書詳細
管理番号20130000000022
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B12007d 選択的オルガネラ形質転換法の開発によるバイオ物質の大量生産 平成23年度中間
公開日2013/3/20
報告書年度2011 - 2011
委託先名独立行政法人理化学研究所 沼田 圭司
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約細胞膜透過配列およびポリカチオン配列を有する融合ペプチドを合成し、プラスミドDNAおよびRNAとの複合体を調製することに成功した。調製した複合体を用いることで、シロイヌナズナおよびタバコの葉に対し、レポーター遺伝子を導入することに成功している。シリカナノ粒子を用いることで、更なる効率化およびオルガネラに対するターゲット特異性を付加することを試みており、ペプチド、遺伝子およびシリカナノ粒子から成る複合体を調製している。
英文要約To develop a new easy and quick gene delivery system for any types of plants, we prepared ionic complexes of plasmid DNA with designed peptide carriers, each of which combined a cell-penetrating peptide (Bp100 or Tat2) with a polycation (nona-arginine or a copolymer of histidine and lysine). The present system via the designed peptides demonstrated rapid and efficient transient transfections into intact leaf cells of Nicotiana benthamiana and Arabidopsis thaliana without protoplast preparations. The designed peptides demonstrated significantly higher transfection efficiency in comparison to the non-fusion peptides (Bp100, Tat2, nona-arginine and copolymer of histidine and lysine), indicating that combination of functional peptides was a key to develop efficient peptide-based gene delivery system. Based on the results, we exhibited the versatility of the designed peptide-based gene delivery system, which will explore the application of plant biotechnology.

ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る