成果報告書詳細
管理番号20130000000041
タイトル平成23年度成果報告書 平成23年度採択先導的産業技術創出事業11B07019d 塗布型メタルベース有機トランジスタの開発と無線回路応用 平成23年度中間
公開日2013/3/25
報告書年度2011 - 2011
委託先名国立大学法人山形大学 中山 健一
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約1.塗布型MBOTの開発: 蒸着系を用いたp型MBOTの開発によってデバイス設計指針を確立し、ポリマー半導体材料をコレクタ層にのみ用いた塗布/蒸着積層型素子、続いてコレクタ層とエミッタ層両方にポリマーを用いた塗布積層型素子へと展開し、塗布型デバイスでMBOTが動作することを実証した。
2.無線通信回路の実証: AM変調通信回路の実証に向けて、搬送波を生成するための発振回路を作製した。回路シミュレーションによりパラメータを策定する手法を確立し、小面積素子で37kHzの正弦波発振を実現した。
3.遮断周波数の向上: これまでのn型よりも高いポテンシャルが期待できるp型MBOTの高性能化に取り組んだ結果、注入層の改良により、n型MBOTと同程度となる500 kHz程度の遮断周波数を実現した。
英文要約1. Development of solution-processed MBOT: The design principle for p-type MBOT was established in the vacuum-evaporated system. Based on it, we fabricated a solution-processed MBOT and it can operate as a transistor.
2. Demonstrating radio circuit: Oscillation circuit using MBOT was developed to generate carrier wave for AM transmitter. Based on established method using a circuit simulator, a small area device was designed, and it succeeded in generating sine-wave at 37 kHz.
3. Improvement of operation speed: In the p-type MBOT, an efficient injection layer was developed. It gives higher current density resulting in high cut-off frequency around 500 kHz comparable to the best value of conventional n-type MBOT.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る