成果報告書詳細
管理番号20130000000067
タイトル平成23年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 モルディブ共和国における海洋深層水多段利用インフラ事業の案件組成調査
公開日2013/3/6
報告書年度2011 - 2011
委託先名株式会社日立プラントテクノロジー
プロジェクト番号P11013
部署名環境部
和文要約モルディブ共和国に代表される島しょ国では、地球温暖化に伴う海面上昇による国土の喪失、漁業、観光資源の減少といった悪影響が懸念されており、経済発展のための産業振興やインフラの拡充と同時に温室効果ガス排出削減が求められている。そこで再生可能エネルギーである海洋深層水の持つ低温安定性を利用して都市の冷房を行い、同時に深層水を漁業、工業等に多段利用する、海洋深層水多段利用インフラ事業の案件組成に関する調査を実施した。モルディブの首都マレの周辺では、人口分散を目的としたフルレの開発、フルマレにおける新空港ターミナル建設といった計画がある。この首都圏開発計画への海洋深層水多段利用システムの適用を想定し、現地調査を行なった。海洋調査の結果、海洋深層水取水施設を予定するフルマレはインド洋に向かい急峻な海底地形を持ち、水温も水深800mで8.2℃と、空調に使用可能な冷水が取水可能な事が確認された。また海水の水質分析、立地予定地周囲ボーリングを行い検討用基礎データの収集を実施した。これら調査結果を基に、海洋深層水多段利用インフラシステムの計画を行ない、ファイナンススキームを想定して財務計画の検討を実施した。その結果、事業リスクは想定されるものの、それらのリスクに適切に対処することで、事業性を確保できることを確認した。海洋深層水の産業利用に関する調査では、漁業分野において、現地の漁業振興に必要とされる製氷設備への応用の可能性が認められた。フルマレにて計画が進められる漁港の開発案件への適用を目指し、現地デベロッパーとの協議を継続する。食品分野においては、海洋深層水由来のボトル水の事業化を目指し、現地パートナー企業と共同で事業性の検討を行なうこととした。MRV方法論に関しては、J-VER E012 Ver.4.0及び国内クレジット方法論004-Cをベースとし、適格性基準の検討を行なうと共に、排出削減効果算出の方法論を策定した。また、現地既存空調設備の運用状況のモニタリングを行ない、ベースライン排出量の算出に必要な、標準効率の検討を実施した。これらを基に想定されるプロジェクトのGHG排出削減量を試算した結果、13,823 t-CO2/年となった。これを削減率に置き換えると、空調設備によるGHG排出量の82%に相当し、大きな削減効果であることが分かる。更に、モルディブ国内の他のポテンシャル地域に同様のシステムを導入した場合、合計で108,000 t-CO2/年程度のGHG排出削減が見込まれる。これは、モルディブ全体の2010年のGHG排出量約1,300,000 t-CO2/年に対して約8%に相当し、モルディブのカーボン・ニュートラル政策に、少なからず貢献するものと考える。本事業の成果を基に、2014年のインフラ運用開始を目指し、現地パートナー企業、顧客候補企業との協議を継続していく。
英文要約The Republic of the Maldives (hereinafter “Maldives”) is one of the nations prone to impacts of global warming, and there is concern that rising sea levels will pose a threat in terms of the loss of land, damage to fisheries and tourist attractions. In many island nations, there is a need to promote industrial development for economic growth, construct infrastructures and simultaneously reduce greenhouse gas (GHG) emissions. In response, feasibility studies were conducted as part of an infrastructure project adopting multi-stage deep seawater utilization system that leverages the characteristic stability of deep seawater at low temperatures to generate renewable energy for urban cooling, while utilizing deep seawater at multiple stages for industries.Around the Maldives capital Male, urban development and new airport terminal are under planning. Assuming a multi-stage deep seawater utilization system for this area, studies involving visits to the site were conducted. The results of the marine survey confirmed that Hulmale, a candidate for intake facilities, has precipitous seabed topography. Seawater quality analysis and boring around the planned site were also conducted to collect basic data for examination. Based on the results, a basic plan was developed, and a finance scheme assumed to examine the same. Consequently, it was confirmed that while business risks are assumed, the business potentials are ensured by properly addressing these risks.In the studies on industrial use of deep seawater, the potential for application to refrigeration required for fisheries was confirmed. Targeting adoption in the development projects at port planned in Hulmale, negotiations with local developers will continue. In the food sector, with the commercialization of bottled water, the business potential will be examined.For the MRV methodology, based on J-VER E012 Ver. 4.0 and 004-C, a credit methodology in Japan, the eligibility criteria was examined and the calculation methodology was developed. Monitoring on the operation status of existing air-conditioning systems was also conducted to examine the standard efficiency required to calculate the baseline emission. Based on these results, the project GHG emission reduction was estimated as 13,823 t-CO2/year. Converted to the reduction rate, this value is equivalent to 82% of GHG emission generated by air-conditioning systems. Furthermore, if the same system were introduced in other potential areas in the Maldives, a total GHG emission reduction of approximately 108,000 t-CO2/year would be assumed, which is equivalent to approximately 8% against the total 2009 GHG emission of approximately 1,300,000 t-CO2/year nationwide, which will significantly contribute to the carbon neutral policy in the Maldives.Based on the achievements of this FS project, and targeting the infrastructure operation launch in 2014, negotiations with local partner companies and candidate customer companies continue.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る