成果報告書詳細
管理番号20130000000110
タイトル平成23年度?平成24年度成果報告書 省エネルギー革新技術開発事業 実証研究(電力需給緊急対策) 次世代電力マネジメントシステムを活用した既存オフィスのZEB化技術の研究開発
公開日2013/3/28
報告書年度2011 - 2012
委託先名鹿島建設株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約既存ビルの省CO2化技術の整備を目指して、自社施設であるAビルにおいて、居ながら短工期改修でZEB(ゼロ・エネルギー・ビル)化を目指した改修工事を実施し、開発した要素技術の実証試験を実施した。

(1)充放電制御コントローラ・リチウムイオンバッテリー(LiB)・太陽光発電(PV)を組み合わせた「次世代電力マネジメントシステム」について、制御ロジックの妥当性を検証した。また測定結果より、バッテリーからの充放電特性や効率、負荷変動に対する容量設定に関する知見を得た。
(2)「人密度センサーによる省電力型照明制御システム」、「空気放射空調システム」に関して、シミュレーションによる事前評価や導入後のエネルギー・制御状態の検証、室内環境の実測調査・アンケートを実施し、システムの導入効果を評価した。
(3)システム全体でのエネルギー消費量として、平成24年2月?平成25年1月におおける改修エリアでの実績値は非改修エリア比で50.6%の削減効果を確認し、当初目標として設定した50%の削減目標を達成した。

これらの結果から、今回開発したシステムの有用性を検証できたものと考える。
英文要約Renovation work to achieve a zero energy building (ZEB) was conducted on Building A, with the aim of establishing technologies to reduce CO2 emissions from existing buildings. Short-duration renovation was performed while the building remained occupied, and demonstration tests were conducted for the component technologies that had been developed.

(1) The appropriateness of the control logic for the "next-generation power management system" that combines a charge-discharge controller, lithium-ion battery (LiB) and photovoltaic power generation (PV) system was verified. In addition, the measurements provided knowledge about the status and efficiency of charge/discharge from the battery and the capacity settings for load fluctuations.

(2) For the "reduced power lighting control system using human density sensors" and "air radiation air conditioning system," prior assessment using simulations, verification of the energy and control status following introduction, and measurement studies and opinion surveys regarding the indoor environment were conducted to assess the effect of system introduction.

(3) The energy consumption of the entire system in the renovated area from February 2012 through January 2013 was confirmed to be 50.6% lower as compared to the non-renovated area. This finding represents the achievement of the initial target of a 50% reduction.

These results verify the efficiency of the system that has been developed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る