成果報告書詳細
管理番号20130000000112
タイトル平成23年度?平成24年度成果報告書
省水型・環境調和型水循環プロジェクト
水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究
「東南アジア地域での高濁度河川水利用型浄水供給システムによる水循環事業」に係る実証研究(フェーズ3)
公開日2013/3/26
報告書年度2011 - 2012
委託先名メタウォーター株式会社
プロジェクト番号P11009
部署名環境部
和文要約本プロジェクトは、ベトナム社会主義共和国・トゥアティエン=フエ省地域を対象とし、高濁度河川水を水源とする省エネルギー・小規模分散型浄水システムの構築とそれによる用水供給事業の実施、及びその普及展開を目的とするものである。本業務(フェーズ3)においては、実証研究施設の設計、将来の事業化計画に関わる調査研究を実施した。 実証研究施設は、無人自動運転の小規模浄水場を遠隔で集中監視するシステムを実証するために、フエ市内に設置する中央管理センターと、そこから約60 km離れた農村地区の浄水場(計画浄水量3,000 m3/日)の二施設による構成とした。原水の水質条件に基づき、水処理システムは懸濁質を除去するためのセラミック膜ろ過処理設備、消毒のための消毒剤注入設備に、前処理として、溶解性マンガンを除去するためのマンガン酸化設備、臭気物質その他の一時的な有機物汚染に対応するための粉末活性炭注入設備を付加する計画とした。これら施設の実施設計にあたっては、取水設備の構造や配水システム、土木構造物などについて極力現地での仕様を採用した。併せて、運転維持管理計画の策定、プロジェクト実施にあたって必要な許認可手続等の調査を行った。 実証施設からの給水予定地域を含む農村地区において、水利用状況、経済状況、感染症一般の罹患状況等について対面式ヒアリングによるアンケート調査を実施した。調査の結果、水道未給水地域の住民の飲料水源はボトル水、井戸水であり、雑用水は井戸水に加え一部では雨水も利用されていた。環境水(河川水等)の利用はほとんど無いことが明らかとなった。ボトル水以外の生活用水は概して水質が悪く、表流水のみならず、地下水等からも大腸菌が検出されており、腸管系疾患に関する水系感染症リスクが一定程度は存在すると考えられた。また、水道水においても大腸菌が検出されているケースがあり、浄水及び給配水施設の管理が適切になされていない実態が認められた。感染症について、季節別(乾期、雨期、洪水時)の罹患件数を調査した結果、対象の104世帯から延べ120件の症例が報告された。感染症の種別では、下痢、寄生虫、胃腸炎の罹患頻度が高く、続いて眼科疾患、皮膚疾患であった。世帯人数は5人世帯が最も多く、世帯収入は400万VND/月以下が過半数であった。 本プロジェクトの実証施設を引継いで用水供給事業を行うビジネスモデルを検討した。現在の当地の経済環境においては事業コスト面で厳しい制約を受けることになるが、この制約をクリアするために、実証設備を効率的に利用できる事業形態を考案して事業性の検討、評価を行った。この結果、初年度から用水供給単価が水道料金以内に収まり、20年間のライフサイクル平均では水道料金の50 %に抑えられ、現地事業関係者にとっても実施価値が認められるモデルを確立した。 ベトナム、タイを対象として本事業モデルの水平展開の可能性を調査した。ベトナムでは、将来的な地下水の不足に対し、その代替として河川水の利用が見込まれる南部地域でニーズが高いものと認められた。タイにおいても同様に高濁度河川水利用型浄水供給システムのニーズは高いことが明らかとなった。
英文要約This project aims to establish an energy-conservation small-scale distributed water treatment system using highly-turbid river waters as water source, implement the water supply from the system, and promote its dissemination and development in Thua Thien-Hue Province of the Socialist Republic of Vietnam. This project involved designing a demonstration research plant and implementing the study and research related to commercialization in the future. In order to demonstrate the remotely centralized monitoring system of unmanned small water treatment plants, the demonstration plant was consisted of two facilities; the control center located within the City of Hue and a water treatment plant (with the planned capacity of 3000 m3/day) at a distance of about 60 km in the farming area. Depending on the quality of raw water, it was planned to add the pretreatment facilities such as the manganese oxidation system and the powdered activated carbon feeding system to the ceramic membrane filtration system to remove SS and disinfectant dosing system for disinfection. Development of the operation, maintenance plan and survey on approval procedure necessary for implementation of the project were additionally implemented. In the farm area, including the planned water supply area from the demonstration plant, the questionnaire survey through interview was conducted concerning the state of water use, economy, and the effect of infectious diseases in general. According to the survey results, the sources of drinking water for residents in the areas not supplied with water were bottled and well water. For miscellaneous waters, rainwater was partially used in addition to the well water. Domestic water other than bottled water was mostly poor in the quality, and coliform was detected not only in the surface water but also in the groundwater. It is estimated that the risk of waterborne infection related to enteric diseases exists at a certain level. In certain cases, coliform was detected in the tap water. It indicates that water treatment and supply/distribution facilities were not adequately managed. A business model of the water supply service, taking over this project demonstration facility was studied. This may be severely restricted in terms of the service cost in the present local economic environment, but to clear such restraints, the service pattern enabling efficient use of such demonstration plant was reviewed and evaluated for the service opportunity. As a result, we have established a valued model for local stakeholders concerned with the project. The survey was conducted on the feasibility of horizontal development of the business model in Vietnam and Thailand. In southern parts of Vietnam, needs on this model are considered high as the use of river water is expected to make up for the future deficit of groundwater. It was also found that demands of the highly-turbid river water using water purification system were high in Thailand.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る