成果報告書詳細
管理番号20120000000856
タイトル平成20年度-平成23年度成果報告書 「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト 次世代ロボット知能化技術の国際標準化に関する情報収集・研究支援」
公開日2013/4/10
報告書年度2008 - 2011
委託先名社団法人 日本ロボット工業会
プロジェクト番号P08013
部署名技術開発推進部
和文要約件名:平成23年度成果報告書「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト 次世代ロボット知能化技術の国際標準化に関する情報収集・研究支援」(平成20年度?平成23年度)

我が国が直面する少子高齢化、労働力不足といった諸課題を踏まえると、人間共存環境を含めた実環境で活動するロボットの需要はますます拡大が期待されるが、現状のロボット技術は用途や使用条件が限定的であり、実環境で幅広く使えるロボットは実用化されていない。これはロボットの環境認識技術や状況判断技術などの知能化技術が劣っていることが原因であるため、これらを支えるソフトウェア技術は環境や状況毎に開発していたのではコストが増大し、対応が取り難い状態にある。この開発コスト削減を図るためにソフトウェアモジュール化を徹底推進し、開発者が共通的に使えるようにする必要があり、ロボットが種々の環境、状況に応じ確実に、かつ、自律的に活動するのに必要な知能化技術の開発とそのソフトウェアモジュール化技術の開発を目的とした「次世代ロボット知能化技術開発プロジェクト」が期待されている。本プロジェクトにおける技術開発に基づく標準化戦略の整理と今後の方向を示すとともに、本プロジェクトの実施者の全研究開発項目について、円滑・効率的に運営・管理及びロボット知能ソフトウェアプラットフォームの構成、基本仕様等を検討するために、プロジェクトリーダー、研究主体代表、経済産業省、NEDO及び学識経験者等による委員会を組織し、円滑なプロジェクト運営、調整等を実施する。主な成果を以下にまとめる。1)標準化委員会に関する事項:本プロジェクトの成果に関して、標準化の基本方針を検討し、標準化活動指針を策定した。また、国際標準化にあたっては、RTミドルウェア開発の動向を見極め、海外(欧州等)で開催される標準化動向について調査を行った。2)プロジェクト推進委員会(親委員会)に関する事項:本プロジェクトを円滑・効率的に運営・管理するに当たって必要な事項について連絡、報告、意見交換等を行い、良い研究開発成果を生み出すため、委員会およびWGを組織し、プロジェクトの進捗・開発状況等について把握し、検討、調整等を行った。








英文要約Title:Intelligent RT Software Project/Investigation research of Intelligent RT Software Project(FY2008-FY2011) FY2011 Report

In view of the aging population, labor shortages and related issues that Japan faces, there are growing expectations that demand will continue to grow for robots working in the actual environment, including in the human coexistence environment. However, there are limits to the applications and use of current robot technologies, and robots able to be widely used in a real environment are not yet commercially available.This is due to the inadequacy of robots’ environmental cognition technologies, situational evaluation technologies and other intelligence technologies. So developing support software technologies according to each environment and situation causes costs to increase and creates conditions that are difficult to respond to.
In order to reduce development costs, thorough promotion of software modularization is necessary so that developers can use it jointly. Accordingly, much is expected of the next-generation robot intelligence technology development project (Intelligent RT Software Project), which aims to develop the necessary intelligence technology and software modularization technology for robots to function reliably and independently in keeping with diverse environments and circumstances.Regarding all the research and development topics of the executing this project, for the sake of smooth and efficient operation, management and configuration of the robot intelligence software platform, as well as the deliberation of the basic specifications, etc., committees will be formed with the participation of project leaders, research body representatives, METI, NEDO, academic experts, etc., and smooth project administration and coordination carried out.
Some of the major results achieved thus far by various committees are summarized below.
1) Matters pertaining to the Standardization Committee:With regard to this project, basic policies for standardization were deliberated over and standardization activity guidelines drafted. Also, with regard to international standardization, trends in RT middleware development were monitored and surveys conducted of overseas (Europe, etc.) standardization trends.
2) Matters pertaining to the Project Promotion Committee (the main committee):Communication, reporting, and exchanges of opinions were carried out concerning matters necessary for the smooth and efficient operation and management of this project, with committees and working groups formed to facilitate the realization of sound research and development results; the status of project progress and development was ascertained, deliberated over and coordinated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る