成果報告書詳細
管理番号20120000001030
タイトル*平成23年度中間年報 生活支援ロボット実用化プロジェクト 安全技術を導入した人間装着(密着)型生活支援ロボットの開発 安全技術を導入したリズム歩行アシストの開発
公開日2013/4/10
報告書年度2011 - 2013
委託先名株式会社本田技術研究所
プロジェクト番号P09009
部署名技術開発推進部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:
少子高齢化の急速な進展に伴い、介護・福祉を支える人材不足への対応や、高齢者自身の自立した生活を支える手立てとして、産業分野で蓄積したロボット技術を活用した生活支援ロボットの実用化が期待されている。これらの生活支援ロボットは、産業ロボットのような人と隔てられた空間での稼働ではなく、不特定多数の人が関与する生活環境で使われることが前提となり、対人安全技術の確立が実用化を図るうえでの鍵となる。
Hondaが開発を進めているリズム歩行アシストは、左右の股関節軸に配置したアクチュエータが歩くタイミングに合わせて脚の振出をアシストし、歩幅が少し広がることによって楽に歩くことを可能とする人間装着型生活支援ロボットである。
本研究開発において、このリズム歩行アシスト試作機を基に、人間装着型生活支援ロボットの対人安全性を確立するための課題の抽出、安全技術の開発を行う。具体的には、高齢者の利用を想定した環境や条件の設定を行い、この条件の下にリスクアセスメントを実施し、リスク低減が必要な項目を明らかにする。その後、リスク低減を実現する安全技術を開発し、リズム歩行アシストに搭載する。
さらにパイロットスタディに参加し、パーソナルケアロボット国際安全規格ISO13482に対応した認証スキームを検証するために、安全性検証手法の開発コンソーシアムと協力し、本研究開発で開発したリズム歩行アシストに対して安全性試験や適合性評価を実施する。
英文要約Title: Project for practical application of service robots, Research and development of physical assistance robots based on safety technology, Research and development of Stride Management Assist System based on safety technology (FY2011-FY2013) FY2011 Annual Report

As the birthrate declined and society aged, a practical application of service robot utilizing accumulated know-hows from industrial robotic technologies are expected in order to address staffing shortages in welfare caretakers and provide assistance to elderly to live an independent life. Different from industrial robots that operate in isolated areas where there is no human contact, service robots are expected to be operated in public where robots may contact unspecified number of people. For that reason, an establishment of safety technology for service robot is crucial for practical use.
Honda Stride Management Assist System, a wearable physical assistance robot, uses two actuators located at both right and left hip joints. By adjusting assist timings to one’s leg movements, these actuators help increase the length of strides so that walking becomes easy.
For a wearable physical assistance robot to be safe for humans, this research work sets its objective to develop safety technologies. In order to fulfill this objective, the work uses a Stride Management Assist System prototype to recognize challenges and find solutions. To be more precise, the work first defines a situation or condition of elderly using a Stride Management Assist System, and then conducts a risk assessment to specify items that are needed to be addressed for lowering risks. The work then develops safety technologies and applies them to the prototype.
To verify a certification scheme that meets ISO13482, the International safety requirements for personal care robot, the work participates in a pilot study where it conducts safety testing and compliance evaluation on a prototype with developed safety technologies in collaboration with a safety verification method consortium.
In the 2011 fiscal year (Heisei 23), the work conducted the followings: 1) ISO 13482 study and evaluation/verification item determination, 2) risk assessment, and 3) safety verification method development that meets wearable personal care robot at the Tsukuba Robot Safety Center.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る