成果報告書詳細
管理番号20120000001246
タイトル平成23年度成果報告書 ベトナムにおける高効率電化機器普及促進発掘調査(建物省エネ)
公開日2013/4/27
報告書年度2011 - 2011
委託先名三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、日比谷総合設備株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査報告書は、日比谷総合設備株式会社並びに三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社が協同実施先として行った平成23年度地球温暖化対策技術普及等促進事業「ベトナムにおける高効率電化機器普及促進発掘調査(建物省エネ)」について、その成果を取り纏めるものである。
本調査は、国際的な合意に基づき、日本政府が、積極的に推進する、ホスト国における低炭素技術や製品の普及と温室効果ガスの削減を目的とした二国間クレジット制度に則り、現行のCDMの下では国際的に十分に評価がなされていない省エネ技術をベトナム市場で広く普及させることを目的するものである。
また、我が国の優れた省エネ技術・製品等の海外における有効性を実証し、その技術・製品の普及・移転のための事業性評価、排出削減効果の評価手法等の確立、プロジェクトの実施に係るファイナンス制度および環境整備方策に関する現況を明らかにすることを調査課題とした。
本調査課題を達成すべく、主に1.ホテルを中心とした商業施設の省エネ診断・高効率化提案・ESCO(Energy Service Company)事業化、2.建物省エネMRV方法論の確立、3.高効率エアコン省エネ評価手法のキャパシティビルディングを実施した。
省エネ診断・高効率化提案・ESCO事業化においては、ベトナムホーチミンの中心地区に位置する2件の大規模ホテルと1件の商業施設を対象とした。現地での施設訪問調査に加え、対象施設の1つには、実際にBEMS (Building Energy Management System) を導入し、約2ヶ月間におよぶ空調熱源機器まわりの運転状況の計測により、実態に即した高効率化提案を行った。
この高効率化提案には、日本企業が高い優位性を示す省エネルギー製品を盛り込み、技術および製品の普及促進に努めた。また、提案事項の円滑な実施を図るため、ファイナンシャル制度としてのESCOの事業化に向けた問題点の整理及び現地共同事業者との協議を進めた。
建物省エネMRV方法論においては、既存CDM方法論をベースに、ベトナムの国情を考慮した方法論を開発した。
高効率エアコン省エネ評価手法においては、ハノイ工科大学及びECC-HCMCにキャパシティビルディングを実施し、有識者並びに政府関係者のエアコン省エネ評価手法に対する理解を深めた。
本調査を通じた様々な活動により、同国の省エネプロジェクトの推進の旗振り役として期待される日本企業の出資を伴うESCO会社の設立も具現化した。
昨今の円高の煽りを受け、韓国や中国製品の台頭が著しい建物設備機器産業であるが、本ESCO会社を梃子に、質の高い省エネ診断、改善提案、保守運用を一体的に管理するESCO手法の提案により、日本の優れた省エネ製品の普及を加速させることを展望する。
また、本調査で開発した建物省エネMRV方法論は、日本政府とベトナム政府の気候変動対策に関する二国間枠組協議に資するものと確信する。
英文要約This report summarizes the results of the FY2011 Feasibility Study for Bilateral Offset Credit Mechanism entitled “Exploration research of spread and promotion of highly-efficient electric equipment (energy conserving buildings)” conducted jointly by Hibiya Engineering, Ltd. and Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities Co., Ltd.
This study aims to promote the widespread use of energy-saving technologies that have not yet been sufficiently evaluated internationally under the current CDM in the Vietnamese market, in accordance with the Bilateral Offset Credit Mechanism (BOCM) aggressively promoted by the Japanese government in line with international agreements, the goal of which is the diffusion of low-carbon technologies and products and a reduction of greenhouse gas emissions in the host country.
In order to achieve these research goals, we conducted the following three main activities: (1) energy audits of and proposal of energy efficiency improvements to hotels and other commercial facilities and commercialization of an Energy Service Company (ESCO), (2) establishment of MRV methodologies for energy conservation in buildings, and (3) capacity building for an energy-saving evaluation methodology for high-efficiency air conditioner systems.
For the energy audits, efficiency improvement proposals, and commercialization of ESCO, we selected two large-scale hotels and one commercial facility located in the central area of Ho Chi Minh City in Viet Nam as the targets. In addition to conducting a door-to-door survey at the facilities, we actually introduced a BEMS (Building Energy Management System) in one of the target buildings, and were able to provide detailed proposals for efficiency improvement under the given conditions after measuring the operational aspects of the air-conditioning heat source equipment for approximately two months.
In the aforementioned proposal for efficiency improvement, we incorporated various highly advanced energy-saving products provided by Japanese companies in an attempt to diffuse and promote the technologies and products. Moreover, in order to ensure that the proposals could be implemented smoothly, we sorted out various problems that might have inhibited ESCO commercialization as a financial system and carried out consultations with local associates.
In connection with the evaluation of energy conservation via high-efficiency air conditioning systems, we implemented capacity building activities at the Hanoi University of Science and Technology and the ECC-HCMC and deepened the understanding of the air conditioner energy conservation evaluation methodology by local key figures and administration officials.
Lastly, we firmly believe that the energy-saving MRV methodology for buildings we developed during this study will contribute to the bilateral framework agreement concerning climate change measures between the Japanese government and Vietnamese government.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る