成果報告書詳細
管理番号20130000000117
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 省エネルギー革新技術開発事業 実証研究 (電力需給緊急対策)  中小規模ビルでも容易に導入できるリアルタイムの節電目標を達成可能なフィードバック型電力需要制御システムの研究開発
公開日2013/4/9
報告書年度2011 - 2012
委託先名株式会社ユビテック
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約本研究開発では、BEMSが導入されていない中小規模ビルに対して、後から導入できる省エネソリューションにより、節電目標を達成する機能を開発することを目的とする。具体的には、ユビテックが特許を有する省エネテンプレート機能を活用し、省エネと快適性を両立するようなテンプレートをフィードバック制御機能により選定することを目指した。また、中小規模ビルでも導入可能なように、温湿度センサを部屋毎に設置したり、専門化がビルの特性を分析しなくても導入できるよう、簡易な快適性評価ツールを開発・適用することとした。
省エネテンプレートについては、業種・業態4種、節電率4種、照明・空調制御の2種を作成した。空調テンプレートについては、空調20%削減から85%削減までを作成し、夏季には20%/40%削減、冬季には70%/85%削減を適用して実証実験を行っている。ただし、削減率が高いテンプレートについては、室内の温湿度が同じでも会議室によっては頻繁に空調のスイッチが押され、節電率が下がる現象が見られており、さらなる快適性評価の研究が必要となっている。また、照明制御においては、実証実験場所の管理者との制御内容のチューニングに長い期間を要しており、空調のようにリアルタイム制御に使用することは現時点で難しいと判断した。
省エネテンプレート・フィードバック制御機能を開発し、初期の仕様通りに動作することを検証したが、前述の通り、現在の快適性評価では、節電率が高い省エネテンプレートを適用した場合に、温湿度に関わらず会議室によって節電率が低い省エネテンプレートに切り替わることになる。また、省エネテンプレート・ランキング情報生成機能を開発し、初期の仕様通りに動作することを検証したが、これについても同様に、節電率が低い省エネテンプレートが上位に並ぶため、節電が進まないという課題が明らかになった。
実証実験データより、現状のシステムでも対象市場において2000GWhの節電が可能と想定される。在室者の快適性に関する研究を進め、温湿度センサや専門家の分析なしで動作する快適性評価ツールの性能を向上させることで、今回開発した機能を有効に活用できるよう研究開発を進め、節電の限界を追及していく考えである。
英文要約The goal of this R&D is to develop the function for achieving the target of power saving by the energy-saving solutions that can be installed to the existing small and medium-sized buildings which have no BEMS. More specifically, by the use of energy-saving template function patented by Ubiteq,. It was tried to develop the feedback control function that can automatically select templates that can realize both the energy savings and comfort. To facilitate introducing in small and medium-sized buildings, we decided to develop and apply the simple conformation assessment tool which can be used without temperature and humidity sensors or expert analysis.
For energy-saving templates, four kinds of business type/species, four types of power-saving rate (four of them were used in the experiment), two kinds of lighting and air conditioning control were developed.
For air conditioning, templates that can reduce 85%, 70%...20% of operations were developed.20% and 40% reduction templates were applied for the experiment in summer, 70% and 85% reduction templates for winter. However, about the templates for high rate reduction, despite the same range temperature and humidity, the air conditioning switch was pressed frequently in some meeting rooms, and it made reduction rates decreased. Further research is necessary for the comfort evaluation. In addition, for the lighting control, it took a long time to tune the details of control with the administrator of the trial field. It seems difficult to apply the lighting control pattern to the real-time control as air conditioning.
It has been verified that the developed "Energy-saving template feedback control function" works as initial specification. As described above, the case of applying a high rate reduction templates,
The template would be exchanged with a low rate one, because of the present "Comfort evaluation tool", regardless of the temperature and humidity. It has been also verified that developed "Template ranking information generating function" works as initial specification. Similarly, the issue became apparent that low rate reduction templates are located at the top of the ranking, that means energy-saving will not be facilitated well.
From the experiments data, the potential amount of power-saving is assumed to 2000GWh at a possible market by the current system. We proceeded the research about the comfort of the persons staying in the room, and improve the performance of the tool that can work without temperature and humidity sensors and expert analysis. Also we proceeded research and development so that you can take advantage of the features that we developed and intend to pursue the limits of power-saving.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る