成果報告書詳細
管理番号20130000000118
タイトル平成23年度-平成24年度成果報告書 省エネルギー革新技術開発事業 実用化開発 油圧駆動式建設機械・車両の戻り油エネルギー合流回生技術の研究開発
公開日2013/4/9
報告書年度2011 - 2012
委託先名ダイキン工業株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約慣性エネルギーを持った車体や作業を行うアームが減速するときや本体や搬送物などが下降する際は、大きなエネルギーが戻り油としてアクチュエータから吐き出されるが、これらのエネルギーは有効利用されていない。さらにアクチュエータの電気駆動時において現状の油圧ショベルと同等の操作感、作業性を再現するための制御技術開発も課題となっている。
本研究成果は油圧エネルギーの回収装置として、ショベル、ホイールローダなどの油圧駆動式建設機械やフォークリフトなどの作業用車両に広く応用可能である。とくにアクチュエータの電動化が難しい大型の建設機械において、回生エネルギーの部分利用が可能であり、かかるコストに見合う効果が常に得られるという特徴が生かされると考える。また、導入時の課題が少なく、油圧ショベルを中心としたハイブリッドブリッド式建設機械・車両の早期普及を促進し、省エネルギーに貢献することができる。
本研究開発では、はじめに油圧ショベルの各アクチュエータからの戻り油エネルギー回収効果を確認し、最適なエネルギー回収方法を把握するため、「(1)現状調査、予備試験」を行う。(1)で判明した仕様を基に、複数の電気制御式のバルブかならなる「(2)戻り油コントロールバルブ」、油圧モータと発電電動機の組み合わせである「(3)油圧式発電機」とインバータ機能を含みこれら全体を制御する「(4)制御ユニット」の要素を開発する。またこれらの要素を組み合わせた「(5)システム動作試験」を行い、総合的な動作を確認し、最終的に「(6)実機適用試験」を行い、本システムの効果を確認する。
英文要約Title:Research and Development Program for Innovative Energy Efficiency Technology / Practical use development / Research and development of the return oil energy confluence regeneration technology of oil pressure drive type construction machinery and vehicles (FY2011-FY2012) Final Report
When the vehicle body which has inertial energy or a moving arm slows down or when the body or the haul descends large quantities of energy are produced as re-hydraulic energy from actuators. But these energies are not reused effectively.
In addition when the actuators are electrical driven it is a major development issue to replicate operational feelings same as a conventional hydraulic excavator and workability.
The research results can apply to construction machinery such as excavators, wheel loader or working vehicles such as forklifts widely.
Especially for the large-size construction machinery which it is difficult to electrical-control, it is possible to reuse regenerated energy partially and it is supposed to achieve a worth the cost effect.
Furthermore these research results can contribute to promote the hybrid- construction machinery, vehicles early and save energy because there are few developments in the results at the introduction time.
First of all, we will measure the re-hydraulic energy effect from each actuator of the hydraulic excavator and conduct “(1) present efficient, pretest” to study the most appropriate energy reuse method.
Based on the results of “(1) present efficient, pretest”, we will develop “(2) re-hydraulic control valve” which is composed of multiple electrical controlled valve, “(3) hydraulic generator” which is composed of a motor and an electrical generator, “(4) control unit” which includes an inverter function and controls total system.
Moreover we will test “(5) system action test” that these technology components combined and check total system operation. Finally we will test “(6) vehicle application test” and confirm the effect of this system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る