成果報告書詳細
管理番号20130000000134
タイトル*平成24年度分中間年報 「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/アジアにおける先進的な資源循環システム国際研究開発・実証/有用金属を含む廃棄物の高度リサイクル技術」(H24-H25)
公開日2013/4/19
報告書年度2012 - 2012
委託先名日本磁力選鉱株式会社
プロジェクト番号P11010
部署名環境部
和文要約平成24年度の取組として、まず将来的に発生量の増加が見込まれる廃家電を対象とした処理システムの基本設計を行った。今後、詳細設計を行うとともに、インドでの設備据え付けに向けて、設備のシッピング等について破砕機メーカー等と詳細打ち合わせを行う。7月にサイトへの設備の搬入、9月末には据え付けを完了させ、以降は設備稼働による実証試験を行う予定である。処理システムにより、廃家電から得られる各種の有用物の回収及びリサイクルをインドにて行うが、プリント基板についてはインドで効率的かつ環境上適正な処理が困難であることから、日本へ輸出して貴金属等の効率的な回収を含めた処理、リサイクルを行う。また、プリント基板類等の越境移動を規制するバーゼル条約に基づく許可は、インド、日本政府間の同意に基づき取得が完了し、プリント基板の日本への輸出は順次行われることとなった。
この他、廃家電のうち、ブラウン管テレビのモニターの処理設備についても5月からサイトへの据え付けが行われる予定である。設備では、ブラウン管モニターの処理を行い、ガラスカレット生成の実証実験も行う。なお、生成されるガラスカレットは、利用先となるブラウン管メーカーへ実際の販売を行う予定である。同時に、今後のガラスカレットの受け入れ、ブラウン管の生産状況、今後の見通し等についても把握していく。
以上に加えて、本プロジェクトのH24年度の取組として、インド国内法(E-waste Rules 2011)に基づく電気・電子機器メーカーによる製造端材の発生、処理、使用済み家電の回収等への対応状況についてメーカーの製造拠点や販売店への訪問、ヒアリング調査により把握した。加えて、将来的な廃電気・電子機器(E-waste)の発生量を把握するために、インドにおける電気・電子機器メーカーの立地、製品販売シェア等の状況についても調査を行った。引き続き、E-wasteの将来的な発生予測量を把握するとともに、メーカーからのE-wasteの回収可能性について調査する。
さらに、電気・電子機器販売店による販売実態とE-wasteの回収実態について、ムンバイ地域の量販店、電気店を訪問、ヒアリングを通じて調査を行った。引き続き、販売店での電気・電子機器の販売時におけるE-wasteの回収可能性について調査を行う予定である。
加えて、E-wasteは、正式な許可を持たないインフォーマルなリサイクル業者に漏れているため、その実態についても調査を行った。
また、北九州市アジア低炭素化センターと協力し、マハラシュトラ州政府機関でE-wasteリサイクルを担当するMPCB(Maharashtra Pollution Control Board)に対して、本プロジェクトと北九州市エコタウン事業に関する対話の機会をもった。対話では、E-wasteの回収やリサイクルを促進する方策として、技術、社会システムに関する説明を行い、環境上適正なE-wasteリサイクルの普及啓発に努めた。
なお、本プロジェクトにて回収されるE-wasteについては、現地パートナーの協力を得ながら種類、性状、モデルや解体に要する工数等の分析も行っていく。
英文要約This year, basic design has been drown for treating waste electrical and electronic equipments (e-waste) which expected to be generated more in near future. Detailed design work is to be done and shipment of the necessary machinery and its installation to the site is also conducted soon with relevant engineers of the installed machinery. The shipment and installation is completed by July and September respectively. After the installation, the pilot operation will be run in order to recover the various recyclable materials from the e-waste. While recyclables such as metal and plastic are utilized in India, waste printed circuit boards (PCB) are exported to Japan for further recycling including precious metals recovery. The exportation is conducted as there is no local environmentally sound recovery technology. For the transboundary movement of the waste PCB, agreement between India and Japanese government is made under the Basel Convention for shipping waste PCB loads for further recovery to Japan.
Waste CRT monitor treatment machinery is also installed in May. With this pilot machinery, waste CRT monitors are shredded to produce the fine glass cullet. The glass cullet treated through the machinery will be actually sold for finding the requirements like acceptance criteria, future capacity and CRT monitor production.
In this project, the progress for complying with E-waste Rules 2011 by producers is found, especially type and amount of e-waste being generated and situation of e-waste collection and recycling activities. Research was also conducted through identifying the sales and share for assuming the e-waste generation. For precise current and future assumption of e-waste stockpile and generation to the market along with the necessary work for establishing the efficient collection mechanism for channelizing e-waste from producers to the partner recycler is surveyed continuously.
The current status of sales and collection of e-waste by retailers in Mumbai are researched. Further work is done for establishing the efficient collection mechanism for channelizing e-waste from retailers to the partner recycler. Some hot spot areas are surveyed where informal collectors and recyclers without proper license for conducting interviews to find out their activities.
Cooperating with Asian Center for Low Carbon Society of Kitakyushu, the project had dialogues with Maharashtra Pollution Control Board for better understanding on this project objective and e-waste recycling facilities in Kitakyushu. Through the dialogues, information on relevant technology and social mechanism for promoting e-waste collection and recycling has been shared for raising awareness.
The type, condition, model and manpower required for manual dismantling of collected e-waste will also be analyzed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る