成果報告書詳細
管理番号20130000000079
タイトル平成23年度成果報告書 平成20年度第2回産業技術研究助成事業 08E51515d 次世代熱エネルギー輸送デバイスの実現を目指した先端ハイブリッドウィック構造を有するループヒートパイプの開発 平成23年度最終
公開日2013/5/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人名古屋大学長野方星
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約LHP簡易製造技術を確立するための製造方法の検討を行った。また、LHPの性能安定性評価および寿命評価を行うため、ウィック加工条件や液チャージ条件について実験的に検証した。次に、民生用LHP詳細設計ツールを開発するため、モデルの高精度化を行った。
加速費用で長距離熱輸送を実現するために熱輸送長さ10m級のLHPを設計、製作した。また気液界面位置を正確に計測可能な装置を構築し、熱流束とウィック特性と気液界面位置の関係や気泡の発生を観察した。
英文要約Low cost manufacturing process was considered. The effect of machining condition and fluid charge accuracy on thermal performance on LHP were experimentally evaluated. Detailed wick, grooves and LHP analytical model was developed. In addition to that, 10m-class long distance LHP was fabricated and tested, and good performance was demonstrated. Vapor-liquid interface was monitored by a thermography.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る