成果報告書詳細
管理番号20130000000089
タイトル平成23年度成果報告書 平成20年度第2回産業技術研究助成事業 08E52501d 枯渇地域での水資源確保かつ省エネルギー化が可能な乾式選鉱プロセスの構築 平成23年度最終
公開日2013/5/31
報告書年度2008 - 2011
委託先名国立大学法人岡山大学
プロジェクト番号P00041
部署名技術開発推進部
和文要約連続乾式比重分離装置による塊状の鉄鉱石と石炭の分離により、鉄含有率向上とスラグ主成分のシリカ・アルミナ含有量低減、可燃分が多く灰分が少ない高品位炭の分離回収が可能なことが明らかとなった。微粒子偏析に基づく粒状石炭の分離により、高品位石炭を上層に偏析可能な結果が得られた。塊状銅鉱石の分離を行い、銅含有率が多い鉱石を選択的に分離可能な結果が得られた。従来プロセスに乾式比重分離装置を新規導入した選鉱プロセスを構築し、水の使用量を58.7%低減し、かつ鉱石破砕工程で使用するエネルギーを53.0%低減可能な算出結果が得られた。
英文要約Fe-content was increased, silica- & alumina-content was reduced, and high-grade coal was effectively recovered by treating lump iron ore and coal by the continuous dry separator. Particulate coal was upgraded based on the dry segregation separation. Cu-rich ore particles were selectively recovered base on the dry dense medium separation of lump copper ore. New process for mineral processing was developed by introducing the dry dense medium separator to the common wet process, and it was found that water usage can be reduced (58.7%) and energy for grinding lump ore particles can be also reduced (53.0%) by the new process.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る