成果報告書詳細
管理番号20130000000142
タイトル*平成24年度中間年報
「省水・環境調和型水循環プロジェクト/水資源管理技術研究開発/水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究」のうち海淡・下水等再利用統合システム事業実証研究(フェーズ3)(H21-H25)
公開日2013/5/11
報告書年度2012 - 2012
委託先名海外水循環ソリューション技術研究組合
プロジェクト番号P11009
部署名環境部
和文要約1. 本事業の目的
 世界的に顕在化しつつある水問題に対して、世界トップレベルの国内独自技術を結集・育成しながら水循環システム運営・管理ノウハウを蓄積するとともに、技術力を世界に発信することを目的とした“ウォータープラザ構想”を提案する。これによって、世界の水ビジネス市場におけるプロジェクト展開・収益拡大を図る。 
2. 具体的な事業実施内容
 (1)北九州施設の運転
 平成23年度に引き続き、海淡・下水再利用統合システムのフル稼働運転を継続し、累計約40万m3の生産水を九州電力株式会社新小倉発電所に量、質的にも問題なく安定的に送水し、ボイラー補給水として利用された。これによりイオン交換樹脂再生回数が約半減するなど、経済効果が確認された。
 海淡・下水再利用統合システムの運転研究では、下水RO濃縮水を混合することによって、海淡用混合水ROのバイオファウリングポテンシャル(BFP)が海水や下水単独に比べて高くなるという事象があったが、この様なBFPが高くなるメカニズムを分子生物学的手法などを応用して明らかにした。加えて、当該バイオファウリングを抑制し安定運転を可能にするため、新たな殺菌剤注入ノウハウを獲得した。
 上記の定格安定運転データをもとに生産水量50,000m3/日のコスト削減効果を中東ベースで試算した。その結果、従来の膜ベースの海水淡水化システムに比べて約40%の削減効果があることが分かった。
 平成24年度に5回のワーキンググループ会議(サブを含む)を実施し、プロジェクトの進捗状況と海外での案件化に向けた検討を行うとともに、外部からの来客対応を行い、技術発信のツールとしてカタログなどを作成し情報発信を行った。さらに、テストベッドの運営管理を継続して実施した。
 (2)周南施設の運転
 平成23年度に引き続き、下水・工場排水再利用統合システムの連続運転を行い、処理及び生産水の安定供給について実証した。安定運転実現のための課題として、MBR、UF、ROそれぞれの薬品洗浄条件の最適化を検討し、予防的な洗浄や制菌剤の使用による対策技術を構築することにより、維持管理コストの低減見通しを得た。これにより周南施設での運転研究を終了し、平成25年3月までに実証装置を撤去した。
 また、平成24年8月には受託者及び周南市の関連部局で構成する運営会議を開催し、周南地区の工業用水不足解消に向けた情報交換を行い、国内でのウォータープラザ事業展開の足掛かりとした。
英文要約1.Objective of this project
 For accelerating the global expansion of water business by All-Japan, the “Water Plaza” including the Demo plant and the Test bed is to be built. The aims are to collect the know-how for the operation and management of water recirculation systems and to transmit the Japanese technologies to the world.
2.Contents and results of this project in this year
 (1) Operation of Kitakyushu Facility
 Ongoing from 2011, the integrated system of seawater desalination and sewage reclamation operated under full rated condition, with a stable supply of a total of approximately 400,000 m3 of water as industrial use to the Shin-Kokura Thermal Power Plant of Kyushu Electric Power Co., Inc.. The industrial water has been utilized as a water source for boiler makeup feed without any trouble. Economic benefits have been confirmed, such as approximately halving the frequency of ion exchange resin regenerations.
 In the integrated systems of seawater desalination and sewage reclamation, a new knowledge has been found, of which blending of sewage RO concentrated water enhances bio-fouling potential (BFP) of mixed water RO for seawater desalination, compared to seawater and simple sewage. Furthermore, molecular biological techniques were used to analyze a mechanism for increasing BFP. In addition, a new methodology of biocide dosage was successful in suppressing bio-fouling and enabling stable operation.
 Based on rated stability full-year operation data, cost reduction effects of 50,000 m3 per day of industrial water volume were estimated, on a Middle East basis. As a result, a reduction effect of approximately 40% was observed, compared to conventional membrane-based seawater desalination systems.
 Five working group committees (including sub-committees) were held in 2012, in which project progress and overseas proposals were studied, and catalogs and other tools for promoting technologies were prepared in an effort to strengthen PR and approximately 4,000 visitors have been accepted. Also, operation and management of the test bed continued.
 (2) Operation of Shunan Facility
 Ongoing from 2011, operation of integrated system of sewage and industrial wastewater reclamation continued, demonstrating the ability to treat and provide a stable supply of industrial water. Optimization of the chemical cleaning conditions for MBR, UF, and RO achieved stable operations. Establishing a methodology of preventive cleaning and adequate biocide dosage has enabled lower estimated maintenance and operating costs. Operation research therefore came to an end at the Shunan facility, with verification equipment removed by March, 2013.
 Furthermore, in August, 2012, the meeting was held with GWSTA and Shunan City government agencies, to exchange information intend to solve the chronic local shortage of industrial water in the Shunan area, offering a footing for domestic Water Plaza application.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る