成果報告書詳細
管理番号20130000000214
タイトル*平成24年度中間年報
省水型・環境調和型水循環プロジェクト/水循環要素技術研究開発/「省エネ型膜分離活性汚泥法(MBR)技術の開発」(H21-H25)
公開日2013/5/25
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社クボタ
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約本研究では省エネ型膜分離活性汚泥法(MBR)技術の開発に向けて、3つの研究開発課題(a)膜素材・膜孔径の最適化、(b)膜洗浄手法の効率化、(c)水処理システム全体の効率化に取り組むことにより、平成25年度までの最終目標としてMBRシステム全体の消費エネルギーを従来比40%削減することを目指している。今年度は、400m3/d、150m3/dの計2系列からなる福崎下水実証試験装置にて、実販売サイズの膜ユニットを用いた実証試験を行い、MBRシステム全体での省エネ効果を検証した。コンパクト性を高めた新型膜ユニットと従来型膜シートの組合せによる実液試験結果として、運転フラックス 0.8m/d、膜洗浄空気量従来比43%削減の運転条件で、20℃未満の低水温期においても、継続運転が可能であることを確認した。また、付帯機器の省略・高効率化として、サイフォンろ過システムとエアリフト循環ポンプを採用することで、ポンプを省略しつつ安定したMBRの運転が可能であることを確認した。この結果により、現時点におけるMBRシステム全体での省エネ達成状況として、消費エネルギー削減率は従来比38%まで到達した。今後の実証試験では、膜ろ過性能のモニタリングによる膜洗浄空気量制御を用いた膜洗浄空気量削減によって更なるブロワ消費エネルギー削減効果を検証しながら、MBRシステム全体における省エネ実証確認を継続して実施する予定である。
英文要約In this project, Kubota addresses three approaches, 1) Optimal membrane material and pore size, 2) Efficient membrane cleaning method and 3) Efficient wastewater treatment system for energy-saving MBR. The final target of this project is to reduce the energy consumption of total MBR system by 40% by FY2013 compared to our current MBR system. The pilot test plant was operated in Fukusaki STP with two lines of 400 and 150m3/d in order to verify the energy saving operation of total MBR system using actual sized membrane unit. It was verified that the new compact membrane unit achieved stable operation with conditions of operating flux 33.3LMH, reduced air supply rate by 43% and temperature even below 20 degree C. It was also found that stable operation was achieved without permeate and sludge recirculation pumps by adopting siphon filtration system and air-lift sludge recirculation pump. As a result, energy consumption of total MBR system was reduced by 38% compared to our current system. In the next step, blower energy saving will be verified by adopting control air supply rate from membrane diffuser by monitoring permeability of membrane.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る