成果報告書詳細
管理番号20130000000215
タイトル*平成24年度分中間年報
「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/省水型・環境調和型水循環プロジェクト/オマーンにおける油性廃水の再利用技術に関する実証研究」(H23-H25)
公開日2013/5/2
報告書年度2012 - 2012
委託先名双日株式会社
プロジェクト番号P11009
部署名環境部
和文要約本プロジェクトは、オマーン国ソハール工業ポートエリア(Sohar Industrial Port Area, SIPA)において、主に国営石油精製油所(Oman Refineries and Petrochemicals Company、ORPIC)由来の油性廃水の既設廃水処理施設処理水の再利用技術の実証研究を行い、さらに、同国の水質基準に適合した処理水を得るための最適処理システムを構築することを目的とする。また本プロジェクト終了後の本格的事業展開を視野にいれた、エムアイエスシー社(Majis Industrial Services SAOC, MISC)、関連諸機関、現地企業等との協業関係の樹立を目指す。本プロジェクトにおいてはまずFS調査を実施し、その結果に基づき実証研究を行う。平成24年度はFS調査を継続した。このうち弊社は、今年度は事業化に向けての環境規制、事業会社設立、オマーンや中東における普及性などの検討を行った。
(1) オマーン国環境施策、関連機関の解明と調査:オマーンにおいて油の海洋流出対策、その環境規制にあたっているのは環境・気候省(Ministry of Environment & Climate Affairs-MECA)である。Sohar地域の海洋環境を管理・監督するSEU(Sohar Environment Unit)はSohar工業団地管理会社及びの入居企業に対し、2012年5月7日付通達により2013年7月末までに排水のゼロディスチャージを達成するよう要求している。また、オマーンで規制が施行された事により中東全体へゼロディスチャージポリシーが波及する可能性も高い。その場合、本事業の油性廃水処理技術に限らず、日本の水処理膜や高度処理技術が中東でも活かされる機会が一段と高まってくる。
(2) 事業化に向けた政策、税制、法制等、投資環境の解明と課題整理(オマーン国内にて水処理事業を行う際の営業許可について):オマーン国内にて水処理事業を行う場合は、SPC(Local LLC)を登記・設立の上、営業許可の取得が必要である。同SPC(Local LLC)は会社法によって一部の例外を除き、外資100%での設立は認められておらず、現地資本30%以上の参画が必要である。この現地資本は政府機関でも問題ないことを確認。本件ではMISCが過半数の出資を以て事業参画したいとの表明もあり。
(3) 事業性FS実施内容:前年度に製作のみ実施した、処理能力150m3/dのトライアルプラントの現地据付を行い運転開始した。事業性FSは2回実施し、1回目はトライアルプラント運転前、2回目は3か月運転後に行った。トライアルプラント実施前の第1回FSに比べて、トライアルプラント運転3か月後の第2回FS結果は、建設費は増加したが維持管理費の低減が可能となった。一方、上記結果により廃水処理費及びRO水販売費の料金算定を行ったが、国営石油精製油所(ORPC)の要求費用とかい離があり、更なる低減が必要である。低減策をトライアルプラントにより運転確認し、継続運転データの蓄積により算定費用精度をあげる必要がある。
英文要約In this project we study and demonstrate the re-use technology at SIPA using oily wastewater discharged from the existing wastewater treatment plant that is located in ORPC (Oman Refineries and Petrochemicals Company, ORPC). Furthermore, it is intended to create the most suitable treatment system to get the treated water that adapted to a quality of the water standard in Oman. In addition, we will establish the co-operation party with MISC (Majis Industrial Services SAOC), associated institutions, the local companies for with the view of full-fledged business operation after completion of this Project. At first we carry out feasibility study and study the demonstration based on the result. We continued to carry out the feasibility study in FS2012 from FS2011.
(1) Survey of Oman’s environmental programs and related agencies: In Oman, the Ministry of Environment and Climate Affairs (MECA) is the government organization responsible for environmental affairs, including the Oil Spill Prevention and Preparedness Strategy. Sohar Environment Unit (SEU), the agency for managing and supervising the local marine environment determined that the Zero Discharge Policy would be enforced to all related companies operating in the Sohar Industrial Port from first of July 2013. By Zero Discharge Policy becomes effective in Oman, it has possibility to spread to the entire Middle East. In that case, we will have chances to utilize not only the result of this project but also Japanese technologies of membrane and water treatment in the Middle East.
(2) Survey and analysis as well as clarification of issues pertaining to the investment environment, including government policy, tax systems, laws and regulations, etc. (Business permit for operating a water treatment business in Oman): A Foreign Company is regulated to register a Limited Liability Company (LLC) for operating a water treatment business with the proper and required business permit in Oman. And also, by the company law, with a few exceptions, a Foreign Company may not be able to establish a 100% foreign-owned LLC in Oman, since local equity participation of at least 30% is required. We confirmed that governmental institution can participate in an investment to establish the LLC. In this project, MISC stated that it has a plan of equity participation of 50%.
(3) The results of the feasibility study in FS2012: Hitachi established a pilot plant with a capacity of 150 m3/day, and also initiated operations. Business feasibility studies have also been carried out twice. As compared with the results of the first feasibility study carried out in July 2012, the results of the second feasibility study conducted in February 2013 indicated increased construction costs but lowered operation and maintenance costs. However, there is a significant difference between the costs demanded by Oman Refineries and Petrochemicals Company (ORPC) and the costs which are effluent treatment costs and RO treated water costs based on the feasibility study.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る