成果報告書詳細
管理番号20130000000263
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国における温室効果ガス削減CCSプロジェクトの案件組成フォローアップ調査
公開日2013/5/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名アラビア石油株式会社 丸紅株式会社 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約アラビア石油株式会社、丸紅株式会社及び株式会社三菱総合研究所は、インドネシア共和国におけるCCS (二酸化炭素回収・地下貯留) の事業化の可能性を調査するために、技術的、経済的スタディ及び温室効果ガス(GHG)削減に関するMRV/適用方法論の検討を行った。 このプロジェクトは、東南アジアにおける天然ガス田から排出されるCO2に対する最初のCCSプロジェクトであり、温室効果ガス(GHG)削減のための日本独自の技術を利用したものである。
2010年12月のCOP16(カンクン)においてはCCSがCDMとして適格と認められ、2011年COP17(ダーバン)においてはCDMとしてのCCSに関する手続き等について決定が公表された。更に、2012年12月のCOP18(ドーハ)では、CDM理事会及びCCSワーキンググループのCCS関連検討状況が報告されるなど、今後新たな展開が期待される。但し、実施には漏出を完全に回避しなければならない等の厳しい条件が付けられているため、CCSプロジェクトが実際にCDMとして実施可能なのか、実現までの道筋は極めて不透明な状況にある。こうした状況においては、二国間クレジットのような柔軟な仕組みに対する期待は高いと想定され、日本としてもその期待に応えるべく方法論を開発し、CDMに先駆けて実際のCCSプロジェクトを実施することが求められる。
本事業では、CO2地下圧入・貯留の対象としている油田の貯留層情報を精査し、詳細3Dモデルを構築することにより、モデル上でのCO2貯留・削減量の算定、及びそれに伴う石油増産量の推定を詳細に研究した。また、今後、モデル上での現象は、貯留層の一部を対象にしたパイロットテストで確認されることになるので、そのパイロットテストの計画も策定した。更に、MRVに関しては、貯留サイトの適切性評価の具体的手法について検討した上で、モニタリングが必要となる項目を抽出し、モニタリング方法、モニタリング頻度等について検討をした。
調査項目は以下のとおりである。
(1) CO2地下貯留詳細スタディ
(2) 地上設備のコスト見直し
(3) パイロットテストの基本計画
(4) CO2地下貯留に関する地震探鉱モニタリングの有効性
(5) 製油所からのCO2回収に関する検討
(6) インドネシア国内法、税制の調査
(7) プロジェクトの事業性検討及び今後のスケジュール
(8) 温室効果ガス(GHG)削減に関するMRV/適用方法論の検討
英文要約Arabian Oil Company, Marubeni Corporation and Mitsubishi Research Institute conducted the technological and economic study and the investigation of CO2 emission MRV/assessment methodology to evaluate the feasibility of CCS (Carbon Capture and Storage) project in Indonesia. This project is the first CCS project for CO2 emitted by the natural gas production in the southeast Asia and utilizes the Japanese technology for GHG reduction.
In COP16 (Cancun) on December 2010, CCS was accepted to be qualified for CDM, and COP17 in Durban on December 2011 adopts the modalities and procedure for CCS as CDM. Moreover, in COP18 (Doha), the continuous activities of CDM Executive Board and CCS Working Group were reported.
CCS is expected to be developed more in future, but it has still many strict conditions such as the complete avoidance of leakage for the actual CDM application. Under such a situation, Bilateral Crediting Mechanism might be more expected to be feasible for CCS in Japan and some other countries.
In this study, the detailed data of reservoirs in the oil field were studied for CCS storage, and CO2 storage capacity and oil enhanced recovery were estimated based on the 3D simulation models. Pilot test was also planned to confirm the study results based on the model. Regarding MRV, the evaluation of storage site and the monitoring items, methods and frequency were investigated.
Contents of study are as follows:
(1) CO2 capture and storage / Enhanced oil recovery study
(2) Re-evaluation of cost for Surface Facilities
(3) Basic planning of Pilot Test
(4) Investigation of seismic monitoring for CO2 storage and behavior
(5) Investigation for CO2 capture and recovery from Balongan Refinery
(6) Investigation of law and tax system in Indonesia
(7) Feasibility of the project and future schedule
(8) Investigation on MRV/Assessment methodology for GHG emission
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る