成果報告書詳細
管理番号20130000000287
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国におけるスマトラSNGプロジェクトの案件組成フォローアップ調査
公開日2013/5/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名三菱重工業株式会社 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本プロジェクトは、安価かつ安定供給可能な低品位炭の有効活用を可能とする石炭ガス化設備・技術を産炭国であるインドネシアへ移転し、同国内へ天然ガス代替のSNGを供給することを目的としている。
これは天然ガスの慢性的な国内供給不足に直面し、国内低品位炭の有効活用を掲げているインドネシア政府のエネルギー政策に合致したものとなっている。
計画しているSNGプラントは、低品位炭を産出する南スマトラの炭鉱に隣接して建設する予定である。
製造されたSNGは既存パイプラインを利用する予定である。
副生したCO2は近隣の枯渇油田に注入し、原油の増産及びCO2の地中への固定化を図ることを計画している。
これまでの調査研究により、プラントサイト候補近くの油田にはCO2/EORに適した油田が多数あるものの、プラントより排出される副生CO2の引取り先が確定されていない。
本調査では副生CO2の有効利用としてインドネシア南スマトラにおけるCO2/EORの技術評価および経済性評価を実施した。
また、数多くのPJ関係者がいる中、最適なビジネスモデルの構築を図る必要がある。
インフラ全般の民間投資を促進しているPPP(Pubric Private Partnership)PJとして認定可能かビジネスモデル上重要になる。
本プロジェクトがPPP PJとなれば、インドネシア政府の債務保証が得られ、市中銀行等より予算調達がより容易となりPJの実現性が高くなる。
本事業のMRV方法論に関しては特定は出来ているが、今後は、本事業が実際に実施された場合のMRVの実現性、さらにホスト国における法整備や準備状況の調査を実施し、かつ最新の国際情勢を基にした石炭ガス化及びCCS/EORのMRVを確立する必要がある。
上記状況から、インドネシア南スマトラにおけるCO2/EORの経済性およびビジネスモデルの確立と、現地関係機関との意見交換および第三者機関による方法論の審査結果など等を踏まえたMRV方法論の詳細検討を目的として調査を実施し結果を以下にまとめる。
・インドネシアでは原油生産量が年々減少を続け、年産90万BOPDを切る状況である。南スマトラの現地油田を調査した結果、原油生産量は最盛期の1/10以下のところもあり、CO2/EORの早期適用が望まれている。
・インドネシア南スマトラにおけるCO2/EOR実施候補油田における設備の概略設計を実施しCO2/EOR Plantの建設が可能であることを確認した。
・プラントサイト周りのCO2/EOR候補油田につきランキング化を行い、パイプラインルート対象を、北部、南東部、西部の3つのエリアに分類しパイプラインルートの構築を行った。
・PJ関係者出資による特別目的会社(SPC)を中心としたビジネスモデルの構築を行った。本PJはインドネシアにおいてPPP PJとして十分登録可能である。
・CO2/EORにより回収された原油の価格は、経済性検討結果より92 US$/bblとなった。EORコントラクトが適用された場合でも、約25%低減可能であるが政府等のさらなる援助等が必要であろう。
・国家開発戦略の下、国内における石炭消費の増加が著しいインドネシアにおいて、クリーンコール技術導入によるガス化炉の効率改善をMRV方法論に取り込んだ。
・CCS事業に係るCDMの規約および手続きなどの要件を精査した結果、方法論ごとに要件を決定するのではなく、二国間の間で何らかのガイドラインが設定される必要があると考える。
英文要約This project (PJ) aims to transfer the gasification system and technology that can utilize the low rank coal and to provide SNG as a substitute natural gas to a domestic market in Indonesia.
The produced SNG will be injected into existing pipelines.
The byproduct CO2 will be injected into depleted oil fields nearby.
It is also planned to increase the production of crude oil and storing the CO2 in the underground reservoirs.
According to the studies to date, there are many oil fields nearby potential plant site which are suitable for CO2/EOR; however, no offtakers for byproduct CO2 from the plant have yet to be determined.
This study conducted the technical and economical evaluation of CO2/EOR for effective utilization of byproduct CO2 in South Sumatera, Indonesia.
In addition, with many parties involved, devising the optimal business model for the PJ is necessary.
It is important for the business model to have the PJ be approved as a PPP PJ.
If designated as a PPP PJ, the PJ can receive a debt guarantee from the Indonesian government, with which sufficient funds can be procured from commercial banks and others.
This will improve the viability of the PJ.
The PJ identified a MRV methodology.
However, it is important to examine the viability of the actual implementation of MRV, as well as to conduct a study on relevant regulatory situation and preparedness of the host country.
In addition, the MRV methodology should reflect the current international discussions on CCS/EOR.
As the situtation stated above, the study results are summarized as below.
・In Indonesia, crude oil production is continued to be decreasing annually. Early implementation of CO2/EOR is desired.
・The study confirmed that it is possible to construct the CO2/EOR plant at candidate oil fields.
・Potential oil fields around the SNG plant site were ranked for the suitability of CO2/EOR, and high-ranked fields were grouped into three areas-north, south-east, and west-to delineate the pipeline routes.
・The PJ developed a business model centering around a special purpose company (SPC) founded by companies involved in the PJ. This PJ is highly suitable to register as a PPP PJ in Indonesia.
・The economic evaluation result shows that the cost of recovered oil by CO2/EOR would be 92 US$/bbl. If an “EOR contract” is applied in place of a PSC contract, the cost can be cut down by 25%. However, the PJ may still require additional assistance from the governments and others entities.
・Led by the national development strategy, the domestic coal consumption is prominently increasing in Indonesia. The proposed MRV methodology incorporated the idea of improving efficiency of gasifiers by installing a clean coal technology.
・Based on a thourough review on CDM’s mondalities and procedures for CCS proejcts, some form of guidelines are required betweeen two countries, instead of requiring those items to be treated in individual methodologies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る