成果報告書詳細
管理番号20130000000292
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 タイ国における食品飲料工場への冷温同時取出ヒートポンプ導入によるGHG削減プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名四国電力株式会社 株式会社前川製作所 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本プロジェクトは、四国電力株式会社、株式会社前川製作所、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社の3社共同提案によるもので、タイ国において、産業分野の省エネルギー促進を図るものである。具体的には、タイ国の産業分野の中でも特にエネルギー消費のウエイトが高い食品・飲料分野に自然冷媒を利用した高温出力が可能な冷温同時取出ヒートポンプを導入する。冷温同時取出ヒートポンプは冷熱と温熱を同時に発生させることが可能なヒートポンプで、日本では食品・飲料分野を中心に普及が進んでいる。
 導入ポテンシャル調査として、タイ国の食品工場をモデルサイトに選定し、詳細調査を実施した。モデルサイト以外にも、4つの食品・飲料工場で簡易省エネ診断を行い、その結果、省エネルギー効果や事業性に大小はあるものの、概ね良い結果を得ることが出来た。
 また、冷温同時取出ヒートポンプ技術の普及促進を目指し、2013年1月、バンコクでセミナーを開催した。セミナーには政府機関や、国際機関、金融機関、技術導入対象となる製造業などから約150名が参加し、同技術の導入参考例などに対して大きな関心が寄せられた。セミナーでは、国内クレジット制度であるT-VERやJCM/BOCMを含むカーボンクレジットの紹介や、ファイナンスのオプションなどについて説明を行い、包括的な情報を提供した。
 MRV方法論としては、J-VER方法論E019(ヒートポンプの導入)を基に、新設・既設両方に対応可能な方法論を開発した。適格性基準では技術の追加性を証明するため、タイの基準と照らし合わせ成績係数(COP)3以上の技術とした。排出削減量の算定には、実測ベースで算定する方法と、排出削減量は減少するものの、簡易なモニタリングで検証可能なカタログ値やデフォルト値を適用して算定する方法の選択肢を提供した。
 本調査を通じて、ヒートポンプ導入に伴う投資効果の検証、潜在性の確認、啓蒙活動に取り組み、その事業性の高さを確認することが出来たが、一方で課題も明らかになった。その最大の課題は、イニシャルコストの負担である。多くの事業者は、投資を省エネルギーではなく、事業そのものの拡大に向ける傾向にある。また、投資回収期間3年という、一つの目安は存在するものの、初期投資のための資金を工面できる企業は、一部の大企業のみと、いたって限定的である。このため、この問題を解消するには、ESCO/リース事業の活用が有効であるとの結論に至った。
 すなわち、冷温同時取出ヒートポンプ導入事業を推進するにあたり、複数のプロジェクトをバンドル化することで、初期投資額およびランニングコストを抑制しつつ、一括で管理できる方法としてESCO事業のスキームを活用する。本調査では、このESCO事業に、リースのようなファイナンスビークルの機能を付帯し、ファイナンスと技術が一体化した枠組みの構築を短期および中・長期戦略に分けて考案した。
 このプロジェクトを軌道に乗せるためには、第一号実証事業の早期実施が肝要となる。モデルサイトへの事業提案に対しては、好意的な反応が示されたものの、短期的に結論がでる状況にはない。今後のJCM/BOCM事業としての継続的なファイナンス支援に強く期待したい。
 また、日本国内では、省エネルギー対策として広く認知されているヒートポンプ技術であるが、東南アジア諸国における理解は必ずしも高いものではない。タイでの成功事例を基に、各国への展開を図るため、官民一体となった現地での普及啓発活動にも力点を置く必要がある。
英文要約This project is jointly proposed by Shikoku Electric Power Co., Inc., Mayekawa Mfg. Co., Ltd. and Mitsubishi UFJ Morgan Stanley Securities Co., Ltd., and aimed at promoting energy efficiency in the industrial sector in Thailand. Specifically, the project is designed to introduce heat recovery heat pumps (HPs) to the food and beverage sector that particularly consumes a large amount of energy among the industries in Thailand. HPs, which simultaneously produce chilled water and hot water, are coming into a wider use in the same sector in Japan.
For our feasibility study on the potential introduction of HPs, we selected one food factory in Thailand as a model site and conducted a detailed study. In addition, we carried out energy auditing at other factories. The results were favorable in general, though the energy efficiency effects and feasibilities varied for each factory.
With the aim of promoting widespread use of HPs, we held a seminar with 150 participants from government, academia and industry in Bangkok in January 2013. They showed keen interest in examples for applying the technology. We also gave explanation on carbon credits such as T-VER and JCM/BOCM and financing options.
As for an MRV methodology, we developed a methodology applicable to both Greenfield and Brownfield facilities based on J-VER E019 (introduction of heat pumps). In respect of the eligibility criteria, the additionality was justify by defining the technology to be COP3 or higher, based on the Thai standards. We also provided the emission reduction calculation methods based on either measured values or catalogue/default values, the latter being simpler monitoring but less emission reduction.
Though we confirmed HPs being highly feasible in Thailand, the issues also became clear. The most challenging one is the initial costs. Many business operators opt to invest in expansion of their businesses over energy efficiency. In addition, although a yardstick for payback period is said to be three years, only big companies can finance their initial investments. As a solution, we concluded to effectively use ESCO/leasing businesses.
The ESCO business scheme can be used as a method to cut down both the initial investments and running costs, to manage them collectively by bundling projects, and to promote the introduction of HPs.
To put this project on track, it is essential to commence the first demonstration project as early as possible. We firmly expect the continuous financial support to JCM/BOCM projects in the future.
Although the heat pump technology is widely known as an energy efficiency measure in Japan, it is less understood in Southeast Asian countries. In order to disseminate the technology in those countries using successful examples in Thailand, it is important to place emphasis on promotion activities by both the government and private sector to encourage the wide use of and raise the awareness about HPs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る