成果報告書詳細
管理番号20130000000310
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インド超々臨界(USC)石炭火力発電所建設プロジェクト案件形成のフォローアップ調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名みずほ総合研究所株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約 本報告書は、日本政府が導入を推進している二国間クレジット制度(Joint Crediting Mechanism/Bilateral Offset Credit Mechanism、以下JCM/BOCM)の設計や、本制度に関心を持つ諸外国の政府関係者および様々なステークホルダーに対する情報提供などに資することを目指し、平成23年度「インド超々臨界(USC)石炭火力発電所建設プロジェクト案件組成調査」の結果を踏まえ、インドへの超々臨界(USC:Ultra Super Critical)石炭火力発電所の導入に向け実施したフォロー調査の結果を取りまとめたものである。
 本報告書では、以下の事項について取りまとめている。
「第1章 調査概要」では、本調査の目的と調査項目を説明している。
「第2章 対象国の諸制度・事業環境」では、USC石炭火力発電所の建設プロジェクトを推進する上での基本情報の整理を行った。
「第3章 技術」では、昨年度調査からの要件の見直しを踏まえ、プロジェクトに必要なシステムの仕様の最適化を行った。
「第4章 事業性」では、プロジェクトの事業採算性とファイナンススキームについて検討した。
「第5章 プロジェクトスキーム・事業運用体制」では、プロジェクトを実行するにあたり想定される事業形態や実施体制について整理を行った。
「第6章 対象国政府・企業等との交渉状況」では、本調査で行ったインド政府等や関係企業との交渉内容について取りまとめた。
「第7章 MRV方法論」では、インドの石炭火力発電所導入を対象に、第三者審査機関での審査を受けつつMRV方法論案を作成するとともに、温室効果ガス削減見込み量について試算を行った。
「第8章 事業化の見通し」では、本調査での調査結果を踏まえ、事業化の見通しを検討するとともに、事業化にあたっての問題点・課題および対応方針について整理を行った。
「第9章 本調査実施後の意向・今後のスケジュール」では、本プロジェクトに関する事業者の意向等をまとめた。
 本調査を通じて、インドへのUSC石炭火力発電所の導入に向けた問題点・課題および対応策について詳細な検討が実施できたことのみならず、相手国ステークホルダー等と間にJCM/BOCMに関するディスカッションの機会を設けることができた。特に事業者サイドにおいては、JCM/BOCM導入のメリットについての認識が深まり、制度利用に向けた積極的な姿勢が見られた。
英文要約This report summarizes the results of the feasibility study which follows up the investigation of Program organization research of ultra super critical (USC) coal-fired thermal power plant construction project in the Republic of India FY2011. The purposes are to support the design of Joint Crediting Mechanism/Bilateral Offset Credit Mechanism (JCM/BOCM) to be introduced by the Japanese government and to provide information to peoples connected with overseas governments and a variety of stakeholders who are interested in the system.
The outline of this research report is shown below.
“Chapter 1: Outline of this research” describes the purpose of the research and research items.
“Chapter 2: Systems and business environment of the target country” organizes basic information necessary to the promotion of the USC coal-fired thermal power plant construction project.
“Chapter 3: Technology” describes the result of the optimization of system specifications required for this project, based on a review of the requirements from the last year research.
“Chapter 4: Feasibility evaluation” shows the results of the feasibility study of this project and explains financial schemes.
“Chapter 5: Project scheme and Operational structure” shows the tentative business and implementation structures that are assumed upon running this project.
“Chapter 6: Situation of negotiations with the government and companies of the target country” describes the contents such as negotiations with the Government of India and related companies.
“Chapter 7: the MRV Method” describes a draft MRV methodology created receiving review by the independent validation organization, intended to introduce coal-fired power plant in India, and the estimation of green gas reduction.
“Chapter 8: Prospect of commercialization” describes the results of investigation about the prospect of commercialization of this project, and organizes issues, problems and policy for commercialization.
“Chapter 9: Intention and upcoming schedule after this research” describes the related company’s intention of this project.
Through this research, we were able to not only work on investigating problems, issues and countermeasures for introducing the USC cycle to India in detail but also had many talks on JCM/BOCM with stakeholders in the counterpart. Particularly, the enterprise deepened the awareness of advantages given by introducing a JCM/BOCM and was seen in a positive attitude towards the use of the system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る