成果報告書詳細
管理番号20130000000311
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 島嶼国・沿岸国における海洋深層水多段利用インフラ事業の案件発掘調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社日立プラントテクノロジー
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約地球の北極海で生成され約2000年掛けて地球の海洋を循環している海洋深層水の低温安定性、持続性(再生可能エネルギー)という特徴を利用し、省エネルギー事業を行うと同時に、海洋深層水の清浄性、富栄養性を利用し上水供給、工業、水産業、観光業等のエネルギー利用以外の地域振興を図る海洋深層水多段利用インフラ事業は海外からのエネルギー資源輸入に頼る島嶼国・沿岸国の省エネルギーに役立つと同時に、産業振興にも貢献でき
る可能性がある。インド洋の島嶼国モルディブ共和国で平成22年度案件組成調査、平成23年度は案件組成調査を実施し案件実施に向け取り組んでいるが、モルディブ以外の島嶼国・沿岸国での事業展開を目指し案件発掘調査を行った。案件発掘調査対象国として、1.モーリシャス共和国2.インドネシア共和国3.スリランカ民主社会主義共和国の調査を行い詳細調査対象国の検討を行った。この3カ国は海洋に面する島嶼国・沿岸国に当たりいずれも海洋深層水取水に適した海洋地形を持つ地点を有する国である。また3カ国は事業の主体と成る、海洋深層水を利用した冷房事業の冷房需要が年間を通じて期待できる熱帯地域に属しており、取水に適した地点付近の実冷房需要が発掘できれば事業化の可能性が有る国である。3カ国を訪問し、取水候補地点の調査、周辺地区の地域開発の動向調査等を行った結果、開発事業が比較的短期間で望めるモーリシャスを詳細調査対象国に選定した。モーリシャスはインド洋南部の人口130万人の島嶼国であり、資源に乏しく海洋深層水の利用を自国資源と認識した現地政府が独自に調査を行った歴史を持つ国であった。モーリシャス国内の数箇所の候補地点が現地政府から提示されこれら候補地点に関し冷房需要の見込み、事業実施の可能性当に関し調査を行った。この結果、現在ターミナルビルを建設中の国際空港周辺地区を事業実施候補地区として選定した。この空港周辺地区に関し事業計画を行うと同時にGHG削減に伴う二国間オフセットックレジット実現の使用するMRV方法論の作成とモーリシャスのエネルギー事情に基づくCO2排出量の削減量の検討を行った。MRV方法論は、モーリシャスで現在使用されている電力を使用する冷房設備を海洋深層水の低温安定性を利用した空調システムに置き換えた場合のGHG排出削減量を評価する手法とした。モーリシャスの2011年の系統電力におけるGHG排出係数は政府発表の発電セクターにおける年間CO2排出量及び年間電力販売量のデータより0.99t-CO2/MWhとなる。事業計画で作成した年間約120,000MWh/年の冷房を、海洋深層水を利用して行うと23,400 MWh/年の電力消費削減となり、CO2排出量は23,142t-CO2/年の削減が可能となる。また、海洋深層水多段利用システムを導入した場合の経済性評価を行ったが、モーリシャスの電気料金は平成23度にFSを行ったモルディブの30円/kWhに比し20円/kWhと安価であり、電力使用量削減分を課金し投資回収を想定すると、金利、各種税金、GHG排出削減取引価格等の設定によるが、現時点で公表されている条件では投資回収し事業を行うことは困難なことが判明した。しかし、同様の調査事業を行ったモルディブは太陽光発電と同レベルの30円/kWhの電気料金であり、今後詳細な事業計画を行い事業を成立させる手法を現地政府等と共に検討を続けたい。
英文要約This deep seawater has features such as low-temperature stability and sustainability. By using these features and its cleanliness and eutrophy, the Multistage Deep Water Utilization Project helps reducing GHG emissions and promoting regional industries.
The feasibility of this project was studied in the Republic of Maldives in 2010. In 2011, a study on project formation was conducted to tackle implementation of the project, and a project exploration was conducted in island and coastal countries other than Maldives in 2012. As such countries, Mauritius, Indonesia, and Sri Lanka were surveyed. All three countries are island nations facing ocean and have oceanic geographical features suitable for intake of deep seawater. And at the same time, cooling demands are expected throughout a year in these countries.
As a result of site survey, Mauritius, where a development project can be expected in a relative short period of time, was selected as a country to be surveyed in detail. Mauritius is an island country in the southern Indian Ocean. The government, acknowledging use of deep seawater as its own resource, has a history of having a survey of its own. For this project, several candidate sites in Mauritius were suggested by the government and prospect of demand for cooling and possibility of implementing the project were studied. As a result, the area around the international airport where a terminal building is under construction was selected as a candidate site for the project.
At the same time, MRV methodology to be used to realize BOCM/JCM was studied. The MRV methodology was used to assess reduction of GHG emissions if a current cooling system in Mauritius is replaced with an air conditioning system using deep seawater. The GHG emissions factor of the electricity in Mauritius in 2011 is 0.99t-CO2/MWh, according to public data. If annual cooling of about 120,000 MWh, which was planned for this project, is carried out by deep seawater cooling, electricity consumption can be reduced to 23,400 MWh per annum, which translates into annual reduction of CO2 emission to 23,142 t.
Economical evaluation if the multistage deep seawater utilization is introduced was also conducted. The electricity tariff in Mauritius is around 20 yen/kWh, which is lower than 30 yen/kWh in Maldives, where a feasibility study was conducted in 2011. Estimating return on investment by charging the reduction of power consumption, it has been found that implementing the project while collecting the investment is difficult under the conditions made public to this date, though it depends on the interest, taxes, and price of transaction for reducing GHG. By contrast, the electricity tariff is 30 yen/kWh, which is at the same level as solar power generation, in Maldives where a similar project survey was conducted. In the future, it is hoped to study a means to successfully implement the project in cooperation with the local governments by planning the project in detail.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る