成果報告書詳細
管理番号20130000000315
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ミャンマー連邦共和国における流水式マイクロ水力発電による農村地域の電化プロジェクト
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名シーベルインターナショナル株式会社 株式会社リサイクルワン
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本事業は、農業用水を活用した3m未満という低落差で発電できる10kw-20kw級のマイクロ水力事業におけるミャンマーでのビジネス展開の可能性と、JCM/BOCMプロジェクトへの適用可能性について調査するものである ミャンマーの基礎情報・2010年における総人口は約6千万人にのぼり、東南アジアでは魅力的なマーケットの一つである。・2012年時点で村数ベースでの農村電化率は約28%であり、未だ無電化農村は、45,000以上にのぼる。・現ミャンマー政府では、農村の貧困解消および電化の促進に向けた検討、開発を最重要課題の一つとしている。・ミャンマーの一次エネルギー源は、約7割が水力発電であるものの、農村電化における分散電源の最たる手法は、ディーゼル発電である。・ミャンマー全土には、イギリス植民地時代に整備された潅漑用水路が張り巡らされており、総潅漑面積は2,120,000ha.にのぼる。 現地調査に基づく対象技術の普及によるGHG削減ポテンシャル・ミャンマー国内では3,537箇所の設置が可能であり、計30MWの出力ポテンシャルが存在することが確認された。・CDMにおける対象技術導入における課題を抽出し、新たなMRV方法論を提案した。・提案したMRV方法論を活用して、上記の賦存量に対象技術を適用させた場合のGHG削減ポテンシャルを計算した場合、合計で約23万 tCO2e/yとなることが分かった。 流水式マイクロ水力発電技術の普及に向けたプロジェクトプラン・ミャンマー独自のバッテリー技術との組み合わせ(バッテリーチャージステーション(以下、BCS)の活用)により、マイクロ水力により発電した電力の利用者の拡大が可能となる。・農村電化のため、電力省はこれまで全国約645箇所にディーゼル発電機を整備し、50-60円/kwhという高い発電コストで発電されている。その代替としてディーゼルよりも低い発電コスト(現時点の価格でも20円-30円/kwh)であるマイクロ水力技術の導入は、ミャンマーでは経済合理性がある。・現地製造、組立、販売、メンテナンスを比較的容易に実施可能な特徴を持つ対象技術について、ミャンマーへの技術移転に対する要請が、政府機関から寄せられている。・対象技術を現地生産化することで、コスト削減を図ることができ、ミャンマーで導入可能な価格帯での販売も可能と考えられる。 事業化への課題、対応方針など・パイロット事業として実機を複数台設置し、地方電化を進める実証事業をミャンマー国内で行い、ミャンマー政府機関に対して対象技術の適用性、信頼性を提示していく予定である・さらに、ミャンマーで受け入れられる仕様水準について、詳細に調査・検討を行い、仕様の簡易化を進めていく。・ビジネスパートナーとなりうるミャンマー国内の企業を発掘、人材育成を進める・BCSを活用した事業モデルを進めるにあたり、ミャンマーのバッテリー製造企業と、対象技術との融合を検討する。
英文要約Summary of Research Results This project is to investigate the business development potential in Myanmar and the possibility of application to JCM/BOCM Project on micro hydro power plant business at 10kW-20kW level which can be generated with low heads of less than 3 meters. Research of Basic Information about Myanmar Total population has reached approximately 60 million in year 2010 and is one of the attractive markets in Southeaster Asia. As of year 2012, the electrification rate of rural communities is approximately 28% and there still remain more than 45,000 unelectrified rural communities. Discussion and development toward poverty reduction and electrification promotion are listed as the one of the most critical issues of the current Myanmar government. Although 70% of Myanmar’s primary energy source is hydro power, the main generation method of dispersed power source for the rural communities' electrication is diesel power generation. Myanmar has irrigation canals running throughout the country which had been built during its British colony period. The country's irrigation areas add up to about 2,120,000ha. Potential of GHG Reduction through Dissemination of Run-of-River Micro Hydro Power Project. In all Myanmar, 3,537 possible installation sites with power generation potential of totall 30 MW was confirmed. When the target technology is applied to the above-mentioned potential making use of the proposed MRV methodologies, our estimate for GHG reduction potential indicated 230,444 tCO2e/y. Project Plan for the Dissemination of Run-of-River Micro Hydro Power Projects. It is possible to expand micro hydropower by combining Myanmar's original battery technology and our target technology, and develop the Battery Charge Station (BCS). Ministry of Electricity and Power has installed diesel power generators at 645 locations on high generating cost of 50-60yen/kWh. As an alternative for this, implementing micro hydro technology that require lower power generating cost than diesel (current price: 20-30yen/kWh) is an economically reasonable choice for Myanmar. The micro hydro technology allows for relatively easy local manufacturing, assembling, sales and maintenance. Myanmar governmental orgzaniation is requesting a technology transfer of the technology. Selling of the technology at a price range that is reasonable for installation in Myanmar may be possible if the cost can be reduced by manufacturing the technology locally. Next action. We plan to install several actual systems, then conduct the pilot projects within Myanmar to promote rural electrification and prove applicability and reliability of the target technology to the Myanmar governmental agencies. Specifications for Myanmar will be investigated and reviewed in detail to work toward simplifying this specification. Business partners in Myanmar will be searched and efforts will be put into their capacity building.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る