成果報告書詳細
管理番号20130000000316
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 モザンビーク国の無電化地域におけるバイオディーゼル発電及び太陽光発電のハイブリッドシステムによる電化プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社エックス都市研究所 日本植物燃料株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約モザンビーク共和国(以下、モ国)における電力普及率は17 %程度であり、農村部ではさらに低く1.4%である。モ国政府はその対策の一つとして、再生可能エネルギーによる無電化地域の電化政策を掲げている。本調査はこうした電化ニーズに対し、太陽光や風力発電とバイオディーゼル発電のハイブリッドシステムによる電化を最終形態とする段階的な電化事業展開モデルを提案し、二国間オフセット・クレジット制度の下での実現可能性を調査するものである。
事業の中核は、ヤトロファを原料としたバイオ燃料の生産・販売、及び発電事業であり、日本植物燃料株式会社のモザンビーク現地子会社であるADMがその役割を担う。
本調査では、カーボデルガド州の経済状況の異なる2村をモデル村として選定し、間接的な電力サービスを提供するコミュニティセンター事業(以下、CC事業)をパイロット事業として実施した。パイロット事業を進める中で、電力サービス事業に対する住民からの期待は強い反面、現時点における現地の収入レベル、電力消費量を考慮するとCC事業単体で採算性を確保することは極めて難しいことが分かった。
一方、電力アクセスの向上が国家的に重要な施策であるモ国において、地産地消型のエネルギーサービスの貢献できる余地は大きい。そこで本事業では、現時点で一定程度の需要確保が可能な搾油事業をモ国における農村電化推進の基幹収益事業と位置付けると同時に、CC事業を、栽培ネットワーク強化のためのインセンティブ事業と位置付ける。これらの事業を一体で実施することで事業収益性を確保し、より大規模の電化事業が実現可能になった段階でCC事業に代わる「ハイブリット電化事業」を実施する、という段階的なモデルにより事業展開を図る。
具体的な事業パターンとしては、第一段階のCC事業としてディーゼル発電機、もしくは太陽光パネルによる、レンタルランタンや冷凍庫を通した間接的な電力サービスを提供、第二段階モデルとしてハイブリッドシステムを導入し、戸別配電、ならびに近隣の村への間接的電力サービスを行うことを想定した。
事業性評価の結果、年間生産量912 kLのヤトロファ搾油事業単体(灯油との混合油として販売)では、クレジットありの場合の投資回収期間は3.6年、IRR(10年)は31.2 %、クレジット無しの場合3.9年、28.3 %、搾油事業に加え、発電機を搭載したCC事業を5カ所、太陽光パネルのみのCC事業を45箇所を一事業として実施した場合、クレジットありの場合の投資回収期間は5.0年、IRR(10年)は20.6 %、クレジット無しの場合5.4年、18.8 %、という結果が得られた。いずれも投資対象として魅力的な水準と言え、現地金融機関から融資に対する積極的なコメントを得た。
本事業の本格的な事業化の上での最大のボトルネックはヤトロファの生産量である。今回パイロット事業を実施したことでサプライチェーンの一例を関係機関に示すことができたことは有意義な一歩となったため、これを礎として、モ国ゲブーザ大統領が先頭で推進してきたヤトロファのバイオ燃料事の実現に向けた取り組みを行う。
英文要約The electrification rate in the Republic of Mozambique (hereafter referred to as Mozambique) is around 17%, and the figures drops to 1.4% in rural areas. As one of its policies for addressing this, the Government of Mozambique intends to electrify non-electrified areas through utilizing renewable energy. In response to such needs for electrification, this Study aims to propose a model of phased electrification having a hybrid system of solar power, wind power and bio diesel generation as the final form, and it investigates the feasibility of implementing this under the bilateral offset credit mechanism.
In the Study, two villages in Cabo Delgado Province were selected as model villages for implementing pilot community center projects (CC projects) entailing the provision of indirect power services. In the course of the pilot projects, it was found extremely difficult to secure profitability by the CC projects alone in light of the current local level of income and power consumption.
Meanwhile, in Mozambique, where improvement of access to power is an important national policy, there is much room for “local-production local-consumption-type” energy services to make a contribution. Therefore, in the Project the oil pressing business is regarded as the key revenue-earning activity for promoting rural electrification in Mozambique. At the same time, a CC projects are allocated to an incentive to strengthen the cultivation network. It was concluded that the most realistic scenario for project deployment is a phased model whereby, the CC project is replaced by a hybrid electrification project when a larger scale project has become feasible.
As a result of project profitability assessment, assuming the case where CC projects with installed generators are conducted at 5 locations, CC projects entailing only solar panels are conducted at 45 locations, and an Jatropha oil pressing project entailing annual production of 912 kL per year (to be mixed with Kerosene for sale) is implemented, the investment recovery period will be 5.0 years and the 10th year IRR will be 20.6 % in the case with credits, and these items will be 5.4 years and 18.8% in the case without credits. This is an attractive level of profitability for a project, and local financial institutions have given positive feedback concerning finance.
The greatest bottleneck facing the full-fledged implementation of the Project concerns the amount of Jatropha production. Implementation of the pilot project here has been a significant step in demonstrating an example of the supply chain to the related agencies. Based on this experience, initiatives will be conducted for realizing the Jatropha biofuel program that President Guebuza of Mozambique has promoted.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る