成果報告書詳細
管理番号20130000000317
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 ジブチおよびエチオピアにおける地熱発電プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名有限責任監査法人トーマツ 三菱重工業株式会社 株式会社三菱総合研究所 丸紅株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本報告書は、ジブチおよびエチオピアを対象とした地熱発電プロジェクトの事業化に向けた調査活動についてまとめたものである。有限責任監査法人トーマツを幹事会社として、三菱重工業株式会社・株式会社三菱総合研究所・丸紅株式会社の4社で調査を行った。
ジブチでのプロジェクトは、アッサル湖近郊において、50MW級の地熱発電所をSPCによるIPP方式で建設・運営するものである。プロジェクト総費用は、約2億米ドルであり、ファイナンスについては世銀グループやアフリカ開銀等の制度金融機関をリードファイナンサーとした協調融資団での構成を目指しており、出資者については、魅力的な事業モデルを構築する中で募ることを考えている。オフテイカーはジブチ電力公社であり、15年にわたるPPA契約を結ぶことを想定している。売電単価を13米セント/kWh、炭素クレジット単価をゼロとした場合、投資回収年数は約10年となる。
エチオピアでのプロジェクトは、アルトランガノ地域において、エチオピア電力公社主導によるフルターンキーEPC方式で建設するものである。発電規模については、電力公社希望の75MW級2パターンと、最低確認資源量の35MW級の計3パターンを検討した。坑井掘削・発送電設備の建設にかかるプロジェクト総費用は、75MWを検台のパターンの場合、約3.3億米ドルとなり、自己資金・SREPプログラム・世銀・日本政府(円借款)から資金調達することを想定している。売電価格を6米セント/kWh、炭素クレジット単価をゼロとした場合、投資回収年数は約14年となる。
また、本調査において、CDMが抱える問題点も明らかにしつつJCM/BOCM制度の構築に資するMRV方法論およびモニタリング手法の検討を実施した。その際、MRV方法論は後々他国へも横展開できる可能性を考慮し、汎用性のある形で構築することとした。具体的には、系統原単位の算出、Suppressed Demandの適用条件、オフグリッド電力の考慮、電力輸出の考慮、NCGの考慮などについて検討した。これを両プロジェクトに適用した結果、ジブチでの年間CO2削減量は26万トン、エチオピアでは8.3万トンと試算された。また、現地両国において方法論調整会議を実施し、意見交換を行った。さらに、MRV方法論については、第三者による適用可能性審査を実施した結果、問題ないことを確認している。
今後の課題としては、両国ともまずは試掘による資源賦存量ならびに蒸気性状の確認が挙げられる。それに加えて、ジブチにおいては、着実な事業計画によるIPP方式でのファイナンススキームの構築、「技術評価」を織り込んだIPP入札要件の構築、法整備等に関するジブチ政府への継続的なファシリテーションの3点が、また、エチオピアにおいては、円借款再開の検討を含めたファイナンススキームの構築と、限られたエチオピア国内資金の状況における他プロジェクトとの両立の2点が挙げられる。
地熱発電市場は、日本企業が世界シェア7割を誇っており、建設後の運転・メンテナンス技術を含めて、他国企業を圧倒している。ジブチ・エチオピア両国政府ともに本調査によって日本勢との事業推進に前向きな姿勢を示しており、今後も継続的なフォローを進めることで、日本の誇る低炭素技術の普及・移転を実現させていきたい。
英文要約This report summarizes the research activities for commercializing geothermal power projects in Djibouti and Ethiopia. Deloitte Touche Tohmatsu LLC as a lead manager, Mitsubishi Heavy Industries, Ltd, Mitsubishi Research Institute, Inc. and MARUBENI Corporation, collectively means a "research team", conducted research.
The project in Djibouti is to install a geothermal power plant with 50MW capacity near Lake Assal operating as an IPP. Total project cost will be about US$ 200 Million to be financed by loan syndication with the World Bank Group or AfDB as a lead manager. The project plans to sell the electricity to Electricite de Djibouti based on a PPA for 15 years. If the selling price is 13 cent/kWh and the carbon credit price is zero, the project's payback period will be about 10 years.The project in Ethiopia is the construction of first full-scale newly geothermal power plant in Aluto-Langano area to be developed by Ethiopian Electric Power Corporation (EEPCo) with potential capacity of 35 up to 75MW. Total cost of the project will be about US$ 330 Million in the case of a facility with a capacity of 75MW. The financing is expected to be provided with EEPCo's own capital, funding from SREP program and lending from World Bank or Japanese government. If the selling price is 6 cent/kWh and the carbon credit price is zero, the project’s payback period will be about 14 years.
The research team has developed MRV methodologies which can be applied to geothermal project in each country, specifically considering the calculation of CO2 Emissions factor of the grid, applicable condition for suppressed demand, off-grid generation, electricity export and NCGs. The calculation result of expected CO2 reduction per year is 260,000 tons in Djibouti and 83,000 tons in Ethiopia. The research team held meetings in both countries and exchanged opinion regarding the methodologies. The established MRV methodologies were subjected to a third-party evaluation with respect to their applicability.
Future steps towards realization of the projects include detail evaluation of the amount of available resources through drilling tests. In addition, for Djibouti, the establishment of finance scheme for repayment, the establishment of IPP tender requirements including technical valuation, and continuous support for Djibouti government are required. As for Ethiopia, development of financing methods including Japanese yen loan and maintenance of the balance between the projects with limited domestic funds are foreseen.
Japanese manufacturers enjoy a technical advantage, as well as a wealth of experiences in experiences in geothermal plant installation, operation and maintenance, and hold approximately 70% market shares in the world. Furthermore, the responses of both Djibouti and Ethiopian governments were promising. The research team is pleased to be actively engaged in the progress of the projects which help transferring the low carbon technologies that Japan is proud of.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る