成果報告書詳細
管理番号20130000000318
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国営パームオイル工場バイオマス発電プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名清水建設株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約1.技術概要
インドネシアの国営パームオイル工場では、排出される固形廃棄物の内、ShellおよびFiberはほとんどが有効利用されている。一方、EFBは、高水分、高カリウムのために、ボイラで燃焼して熱利用することが難しく、未利用に留まっている。本プロジェクトは、日本のLow Carbon Technologyの1つである循環流動層(Circulating Fluidized Bed : CFB)ボイラを導入して発電するものである。発電出力は12MWとし、燃料となるEFBは周辺の5工場からトラックで収集する。カウンターパートはPTPN3であり、プロジェクトサイトを北スマトラ州のセイ・マンケイ工業団地として、団地へ入居する企業に電力を供給する。
2.MRV方法論と排出削減量
類似のCDM統合化方法論ベースに、パームオイル工場に日本の最新技術を導入しEFB発電を行うことに限定し単純化した方法論を作成した。レファレンスシナリオは現状維持であるEFBの農園還元とし、プロジェクトシナリオは、CFB導入によるEFBを燃料としたバイオマス発電とした。排出削減量は、約57,500t-CO2/年である。
3.プロジェクトスキーム
カウンターパートが国営企業であることで、本事業は国営企業に関するインドネシアの国内法令からも制約を受ける。これを含め最適なスキームについて検討を行った。BOT方式による事業スキームが好ましいとの結論を得た。また、10MW超の発電事業は、インドネシアの投資規制の対象になり、最低5%のインドネシア資本の出資を必要とする。よって、発電所運営会社は日本側とインドネシア側からの出資を受けたJV会社として設立する必要がある。インドネシア側からの出資は、PTPN3からと想定している。
4.事業性
IRRは、クレジット無しの場合9.8%、クレジットありの場合は12.2%となった。クレジット有りのケースでは経済性ありと評価出来、クレジット無しでは、この事業はBAUとはならない。
5.事業化の見通しおよび課題
今後、日本国内のパートナー企業とも協議しつつ、以下の事象の進展を見守りながら、事業推進を行いたい。
(1)JCMに係る二国間協議の進展と制度発足
(2)国営農園・プランテーション企業再編
(3)セイ・マンケイ工業団地インフラの進捗と、工場進出予定企業の建設着手
(4)FIT価格改定(値上げ)の動向
英文要約1. Applied Technology
Out of the solid wastes that are discharged by palm oil mills in Indonesia, a large proportion of the shells and fibers are effectively utilized. Meanwhile, EFB remains unused because its high water and potassium content makes it unsuitable for thermal utilization via combustion in boilers.
The project entails generating power by introducing the small-scale CFB (circulating fluidized bed) boiler, which is a low carbon technology of Japan. The generating output will be 12 MW, and the EFB for fuel will be collected by truck from five nearby mills. The counterpart is PTPN3 and the project site is Sei Mangkei industrial estate, which has been approved as Special Economic Zone(SEZ) in 2012 by the Indonesian Government, in Northern Sumatra Province. It is planned to supply power to the enterprises that locate on the industrial estate through a management entity of SEZ.
2. Emissions Reduction
The amount of emissions reduction in the project is approximately 57,500t-CO2/year.
3. Project Scheme
Since the counterpart is a state-owned enterprise (SOE), the project will be subject to restrictions imposed by the domestic regulations concerning SOEs in Indonesia. Examination was implemented on three schemes including this. It was deemed desirable to adopt the BOT approach.Moreover, since power generation projects of more than 10 MW are subject to investment controls in Indonesia, it is necessary for Indonesian capital to account for at least 5% of the project funding. Therefore, the power plant operator will need to be a joint venture financed with both Japanese and Indonesian capital. Funding from the Indonesian side will likely come from PTPN3.
4. Profitability
IRR is 9.8% in the case without credit and 12.2% in the case with carbon credit.
5. Prospects and Issues for Project Realization
In future, it is intended to advance the project in discussions with domestic partner enterprises.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る