成果報告書詳細
管理番号20130000000322
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア共和国における小水力発電プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社インダストリアル・ディシジョンズ 株式会社IDIインフラストラクチャーズ
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約インドネシア共和国における小水力発電プロジェクトの案件組成調査では、日本の技術、及びファイナンスを活用した案件組成スキームの検討により、クリーンエネルギーである小水力発電の開発を促進、温室効果ガス削減を推進することを目的とする。
同国の小水力発電の開発余地は大きく、全発電電力量を国有電力会社が固定価格で買い取ることを義務付けるFIT制度が導入される等、開発の促進が図られている。しかしながら、多数の中小事業者が小水力発電開発への参入を試みているものの、開発は十分に進んでいるとは言い難い。事業者の信用力不足に加え、FIT制度による電力買取価格の水準が十分でないこと、同事業を理解した上で資金調達をサポートし得る金融機関が限定的であること、などが要因として挙げられる。本調査では、今後小水力開発が多く見込まれる北スマトラ地域の小水力発電案件を対象として、以下の具体的な検討を行った。
1)日本の水力発電技術の適用可能性検討
現地FSレポートのレビュー、実地調査を通じ、流量、地盤共に概ね良好であるものの、以下の点につき、更に詳細な調査、設計変更を行うことが望ましいことが判明した。
・入念な地形測量
・ボーリング調査
・ダムサイトの河川水位観測
・建設計画策定における季節変化等の考慮
事業リスク低減には、水文、地質、発電計画、土木設計、環境、発電機器、系統計画等のノウハウが必須である。日本は豊富な水力発電運転実績を有しており、同国における水力発電開発においてもFS調査から、詳細設計、機器提供、発電・運用技術に至る一連の工程において、日本の技術を適用することにより、同国の持続可能な発展に寄与できるものと考えられる。
2)事業スキーム及び資金調達方法の検討
本案件の総事業コストは約IDR 256billionであり、シニアレンダーは同国政府系金融公社、メザニンレンダーとして、日系プライベート・エクイティファンド、及び追加のエクイティを新規戦略投資家から資金調達する計画。建設は国内大手建設会社とEPCフルターンキー契約にて対応予定。タービンメーカーはカナダ製、もしくは日本製で検討中。
20年間全量固定価格にてPLNに売電可能なため、安定的なキャッシュフローが見込める。15年間のプロジェクトIRRは約12.75%(税引き後)、投資回収期間は商業運転後10年と想定される。
3)BOCM/JCMの検討
CDMを含む既存スキームにて抽出された課題解決の観点、及び現地の状況を踏まえ、本案件に適用されるMRV等方法論を作成した。方法論は、小水力発電プロジェクトがグリッドの電力を代替する場合、もしくは、ディーゼル発電設備の電力を代替する場合のいずれか、或いは両方の組み合わせによるGHG削減量の特定を想定している。
本方法論では、既存スキームと異なる概念としてVerificationの早期実施を可能にしており、クレジット早期発行の制度を作ることを提案している。クレジット早期発行には、実削減量との差分が生まれるリスクを有すため、過去実績との比較により保守的な算定を行いリスクを緩和している。早期Verificationにより、運転開始後早いタイミングで資金繰りを改善する余地をプロジェクトに付与することは、BOCM/JCM普及拡大の有効な手段の一つになるものと考えられる。
4)今後の方針
事業者は、引き続き事業を進める意向であるも、実績と信頼を有す企業による技術面における各種調査、設計の見直しが必要な状況。資金提供者としては、レビューの見直しが終了次第、最終的なファイナンス組成を行う予定である。
英文要約 The purpose of the survey is to promote the development of clean energy hydro power, and the reduction of greenhouse gas by examining the possible project schemes utilizing Japanese technology and financing capability.
There is a high potential for development of small hydro power in Indonesia. Its development has been promoted by the Feed in Tariff (FIT) where all the generated electricity is purchased by the nationally owned power company at the fixed price. Though many small to medium developers have entered into the business, the development is still slow due to several factors; lack of creditworthiness of developers, not enough FIT price, limited numbers of financial institutions supporting the projects while understanding the business. In this survey, following issues were reviewed;
1) Survey on possible application of Japanese technology
The water flow of the river and the geology were found generally good by the review of FS and on-site survey, however it is recommended to conduct more detailed surveys and modification of the design in some areas such as topographic survey.
For lowering the risk of the project, it is indispensable to have know-hows in hydrology, geology, generation planning, civil design, grid planning, etc. With ample experiences, Japan can contribute to the sustainable development of Indonesia in the hydro power sector by applying its technology and know-hows.
2) Survey on project schemes and financing
Total cost for this project is about IDR 256 billion. It is planned to have senior loan from a government sponsored financial institution, Japanese private equity fund as mezzanine lender, and additional equities from new strategic investors.
It is anticipated to have stable cash flow due to 20 years power purchase agreement. IRR for the first 15 years of the project is about 12.75% (after tax), and the payout period is assumed to be 10 years after the start of commercial operation.
3) Survey on BOCM/JCM (Joint Crediting Mechanism)
Based on the lessons learned from CDM and local condition, we have created MRV methodology applicable to this project. The methodology assumes that small hydro power project replacing power from grid, or replacing power from diesel power facility, and or the combination of both.
In this methodology, we have applied the concept enabling to conduct early verification, and propose the creation of mechanism to issue the credit from early stage. It uses conservative calculation comparing with the past data to mitigate the risk of deviation from actual reduction amount. As the early verification improves the cash flow of the project in the early stage, it may promote BOCM/JCM application.
4) Next Step
The developer intends to continue the project. It is recommended to review the various technical aspects and modify the designs with the trusted companies who have deep experiences. Potential investors are planning to come up with the final financing scheme as the review and modification are finalized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る