成果報告書詳細
管理番号20130000000326
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 フィリピン共和国における地熱フラッシュ発電及びバイナリー発電導入に伴う温室効果ガス排出削減プロジェクトの組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名新日本サステナビリティ株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約フィリピンにおけるフラッシュ発電及びバイナリー発電プロジェクトの2プロジェクトを対象として、当該技術の普及可能性、普及に伴う温室効果ガス排出削減ポテンシャル、及び事業性を調査するとともに、適切かつ効率的な排出削減のMRV方法論案を検討した。フラッシュ発電プロジェクト:フィリピンのゼネコンが建設中のマイバララ地熱発電所(20MW)が対象(主要機器は富士電機製を採用)。当該プロジェクトのデータをMRV方法論策定に活用する。プロジェクトの運開は2013年下期を予定。バイナリー発電プロジェクト:日本メーカーの主要機器を採用したバイナリー発電設備を離島(パラワン諸島)の主要電源として既存のディーゼル発電設備に置き換えるための検討を行う発掘プロジェクト。
【プロジェクト排出削減量】フラッシュ発電プロジェクト(20MW, ルソン地域):約66,400 t-CO2./年、バイナリー発電プロジェクト(送電端出力1.068MW, パラワン州, オフ・グリッド地域:約6,500 t-CO2/年
【MRV方法論】(1)排出削減量:レファレンス排出量-プロジェクト排出量(2)レファレンス排出量:グリッド接続プロジェクト→グリッド電源平均排出原単位をレファレンス排出係数とし、グリッドへの供給電力量(既設設備の置換・リハビリプロジェクトの場合、既設設備による電力供給量を差し引く)を乗じてレファレンス排出量を算定する、オフ・グリッドプロジェクト→0.8t-CO2/MWhをレファレンス排出係数とし、供給電力量を乗じてレファレンス排出量を算定する。(3)プロジェクト排出量算定/モニタリング:プロジェクト排出量は、設備稼働のための化石燃料消費に伴う排出量、蒸気中のCO2及びCH4排出量である。このうち、通常のプロジェクトでは、CH4排出量(蒸気中のCH4濃度×蒸気流量で算定される。上記中のCH4濃度は通常測定されていない)は測定されていない。CH4の測定に関する方法論案は次の通り。(ア)原則測定、(イ)一定回数(5回)以上測定可能な場合、CO2濃度との相関係数を算出し、その後は当該相関係数とCO2濃度から、蒸気中のCH4濃度を算出、(ウ)測定不可能な場合、デフォルト値を使用。(4)適格性基準:(ア)プロジェクトによる供給電力量、化石燃料の消費量、蒸気流量、及び蒸気中のCO2濃度が実測可能であること、(イ)プロジェクトに関連する組織(例:建設会社、設備メーカー)について、地熱発電プロジェクトに関する実績が定められた基準(対象国との協議で決定)以上であること、(ウ)納入された地熱発電設備は、関連するメーカーの定めた品質基準に適合していること、(エ)地熱発電設備のメンテナンスルールを整備していること、(オ)相手国の法規制に従って環境アセスメントを実施していること。
【事業化の見通し・課題】バイナリー発電は、発電設備容量がフラッシュ発電よりも一般的に小さいことから、発電設備や井戸掘削に係るコスト負担割合が大きい。そのため、FITの適用による電気料金の上昇、井戸掘削コストに関する政府等による補助、及びクレジット収入の組み合わせにより、事業化が可能となる。よって事業化のためには、今後の政策的な後押しが不可欠となる
英文要約This study was carried out for establishing a MRV methodology to be adopted for geothermal power generation in the Philippines and examining the feasibility of the projects (flash steam generation and binary cycle generation). In particular, for binary cycle generation, surveys will be carried out to identify sites suitable for the project as the first step in the introduction of the technology. (1) Flash steam generation project; Research at the Maibarara geothermal generation plant (20 MW, Luzon region) under construction is being conducted to develop the MRV methodology. The project operation will start in the second half of FY2013. (2) Binary cycle generation project; This excavation project on an isolated island (Palawan Island) is to study the replacement of an existing diesel generation plant with a binary geothermal power system.
【Amount of reduced emissions through the projects】(1) Flash steam generation project; 66,300 tCO2/year, (2) Binary cycle generation project; 6,500 tCO2/year
【MRV methodology】(1) Amount of reduced emissions; Reference emissions – project emissions, (2) Reference emissions; a) On-grid projects: The average CO2 emissions intensity among the electricity sources connected to a grid is used as the reference emission factor, and the reference emissions are calculated by multiplying the reference emissions factor by the amount of electricity supplied. b) Off-grid projects: The reference emission factor is 0.8 tCO2/MWh. (3) Calculation and monitoring of project emissions; These are the emissions from fossil fuel used for the plant and the CO2 and CH4 emissions in the steam. CH4 emissions are not measured in ordinary projects. The draft of the methodology concerning the CH4 measurement is as follows. a) Businesses shall measure the CH4 concentration in principle. b) If the measurement is feasible at least five times, the coefficient of the correlation with the CO2 concentration is calculated, and the CH4 concentration in the steam is thereafter calculated using this correlation coefficient and the CO2 concentration. c) If the measurement is not feasible, a default value is used. (4) Main eligibility criteria; a) Related organizations (plant makers, etc.) shall have actual results for geothermal generation projects at a fixed or higher level. b) The delivered geothermal power system shall meet the quality standards of the makers. c) Businesses shall have established rules for maintaining the geothermal power system. d) Businesses shall carry out an environmental impact assessment in accordance with the laws and regulations of the partner country.
【Outlook for and issues of the commercial feasibility】The commercial operation of a binary cycle generation plant is feasible through support from a rise in electricity rates by applying a FIT, government subsidies for well excavation, and income from carbon credits. Support based on government policy is essential for establishing this type of business.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る