成果報告書詳細
管理番号20130000000337
タイトル平成24年度成果報告書 「研究協力事業に係るフォローアップ」
公開日2013/5/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93048
部署名国際部
和文要約件名:平成24年度成果報告書「研究協力事業に係るフォローアップ」

今回のプロジェクトでは下記(1)-(5)の業務を実施した。業務を通じて、研究協力事業の必要性・効率性・有効性について把握することができた。特に現地ヒアリングでは本事業に関する強い感謝の声を数多く聞くことができた。また、調査分析結果及び貴機構で開催した委員会での議論を通じて得られた、国際協力事業において成功するためのポイントや今後の方向性などの示唆について、今後の国際協力事業に向けた提言としてとりまとめた。

(1) アンケート調査
 これまでに研究協力事業として実施された257事業(複数年度実施の重複を除く)のうち、研究機関能力向上支援事業101事業を除く156事業、延べ実施機関161件について連絡先の確認を行い、連絡先が特定された109件についてアンケート調査票を送付し、最終的に101件の回答(回収率93%)を得た。
 合わせて、日本側実施者より、現地国側のカウンターパートに対しても、アンケート回付を依頼し、延べ21機関から回答を得た。
(2) ヒアリング調査
 アンケート対象企業のうち、成果が出ている事例や本事業運営へのご意見を有する回答者に関して、15件のヒアリング調査を実施した。そのうち10件については、タイ、インドネシア、ベトナム各国のカウンターパートを訪問し、ヒアリング調査を実施した。
 また、研究機関能力向上支援に関しても、タイでヒアリング調査を実施し、同様に取りまとめを行った。
(3) 終了プロジェクトに係る調査結果の総括
 上記(1)の回答結果を研究協力事業の必要性、効率性、有効性という観点から分析を行い、必要に応じ、グラフ化、表形式でのとりまとめを行った。
 さらに、上記(2)の調査結果をもとに、研究協力事業の背景と概要、プロジェクトの成果、プロジェクト終了後の取組と成果、NEDO・国への要望・期待という観点からとりまとめを行った。
 これらを、研究協力事業事後評価委員会におけるフォローアップ調査結果として取りまとめた。
(4) 研究協力事業事後評価委員会に係る資料作成支援及び運営支援
 貴機構が開催する研究協力事業事後評価委員会(以下「委員会」)の資料を作成するとともに委員会の運営を支援した。
(5) 調査・評価報告書の作成
 (3)の調査結果の総括及び(4)の委員会での議論、指摘事項等を踏まえ、研究協力事業の総括を行い、今後の国際協力に係る事業の立ち上げにあたっての提言をまとめるとともに、(1)-(4)の内容も含めた報告書を作成した。

英文要約Title:Follow-up Survey on the Cooperative Research Project(FY 2012) Final Report

We have conducted 5 operations below (1) to (5) in this project. Through the operations, we have understood the necessity, efficiency and effectiveness of the cooperative research project. Especially, a lot of grateful voices were heard through hearing researches in the project operated countries. We have summarized proposals on the key points to succeed in international cooperation projects and suggestions on directivity for future international cooperation projects, from the results of the research, analysis and discussion through the committee held in NEDO.
(1) Research through questionnaires
In the 257 cooperative research projects operated so far (projects operated plural years are counted to be one project), we have tried to contact 161 cumulative project operater organizations on 156 projects, except for the 101 Experts Dispatch and Technical Training Projects. We have sent questionnaires to the specified contact addresses on 109 projects, and finally got 101 answers (the response rate; 93%).
In addition, Japanese project operators sent the questionnnaires to their counterparts of project operated countries, and got answets from 21 organizations.
(2) Research through hearing interviews
We have conducted 15 hearing interviews for successful projects or questionnaire respondents who had opinions on the operations of this project. We have visited counterparts in Thailand, Indonesia and Vietnam for 10 of the interviews. Also, we have conducted a hearing interview on Experts Dispatch and Technical Training Projects in Thailand to make the proposal.
(3) Summarization of the research conclusions on the completed projects
We have analyzed the result of the “(1) Research through questionnaire” above from a point of view of the necessity, efficiency and effectiveness, and finalized the results with graphs and charts as necessary.
In addition, we have finalized the results of the “(2) Research through hearing interviews” from the point of view of demand and expectation to NEDO and Japanese government.
We have concluded these results as a follow-up research conclusion of the Cooperative Research Project Evaluation Committee.
(4) Support for document creation and operation of the Cooperative Research Project Evaluation Committee
We have supported NEDO to create documents for the Cooperative Research Project Evaluation Committee (“Committee”) and to operate the Committee.
(5) Preparation of research and evaluation report
We have made a proposal for starting up new projects on international cooperation from conclusions of the cooperative research projects based on the “(3) Summarization of the research conclusions on the completed projects” and discussion and indication from the “(4) Committee”, while creating a final report including the essence of (1), (2), (3) and (4).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る