成果報告書詳細
管理番号20130000000340
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 タイ王国・ベトナム社会主義共和国におけるコンビニエンスストア・エコ店舗化プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約コンビニエンスストアが増加するタイ・ベトナムを対象に、コンビニエンスストアの省エネルギー化による二国間クレジット創出の案件組成調査を昨年度の発掘調査に引き続き実施した。検討プロジェクトでは、店舗の消費エネルギーの7-8割を占める空調・照明・冷蔵ショーケースを高効率機器に置き換えることによる省エネルギー効果を中心に検討した。
本年度は、プロジェクト内容についてタイ・ベトナム政府にアピールするとともに、プロジェクト実施に必要なMRV手法の具体化をおこなった。
まず、タイ・ベトナム政府に対しプロジェクト内容の説明を行ったところ、民生分野のプロジェクトの重要性に基づき、プロジェクト内容への高い関心が見られた。一方で課題として、国の政策として推進していくためには、さらに詳細な測定を実施したデータを基に議論を進められることが望ましい等の指摘があった。
具体化を行ったMRV手法は、店舗全体の電力消費量を基に温室効果ガスの排出削減量を計算する手法である。実際のコンビニエンスストアで低コストなモニタリングが実施可能であることを目標とするとともに、統計的な扱いをおこなうことで、必要な数値の確度を満たすことを目指した。検討の結果、具体的な方法論は、「レファレンス排出量を重回帰分析のモデルから算出する方法」と「排出削減量を重回帰分析のモデルから算出する方法」の2通りが考えられた。それぞれメリット、デメリットがあり、今後のプロジェクト実施環境および対象国との議論動向によって適切なアプローチが異なると予想されることから、2通りの方法論を作成し、第3者機関による審査をうけた。その結果、事業実施における適格性基準が明確化され、ある程度保守的な方法論まで至ったと考えられる。ただし、本方法論の根拠をより正当化するためには、その他機器における増減や事業実施前後の変更許容割合についてのデータ検証も必要と考えられる。
また、プロジェクトプランについて、本年度の最新状況を反映して内容を更新するとともに、その検討結果を受け、プロジェクトによるCO2排出削減効果について再試算を行った。排出削減効果は、一店舗あたり8 ~ 15 tCO2/年、タイ・ベトナムのプロジェクト全体のCO2排出削減効果は、7,650 tCO2/年である。他社を含む東 南アジアのコンビニエンスストアに拡張した場合、CO2排出削減効果は約300,000 ~ 500,000 tCO2/年と試算された。
以上の結果から、本年度の調査によって本プロジェクトを実現するためのMRV手法などの具体化が進展した。今後実際のフィールドでの検証を進めることで、タイ・ベトナム両国における省エネルギーとCO2排出抑制に貢献できると考えられる。
英文要約The project construction research was conducted as a continuation of last year’s exploratory research on credit production through energy conservation at convenience stores targeting Thailand and Vietnam, where the number of convenience stores is increasing. The project was conducted with the main focus on the effects of energy conservation gained by replacing air conditioners, lightings, and refrigerated showcases.
In this fiscal year, the project team gave presentations on the contents of the project to the Thai and Vietnamese governments and decided on the details of MRV method required to implement the project.
After the presentations, the Thai and Vietnamese governments showed strong interest in the contents of the project due to the importance of the project in terms of the household sector. As a remained issue, however, they pointed out that it would be desirable to continue discussions using data based on more detailed measurements to implement this project as a national measure.
The more detailed MRV method developed in this research is a method for calculating the reduced amount of greenhouse gas emissions based on the electricity consumption of a whole store. The project aimed to enable low-cost monitoring at actual convenience stores and also to satisfy the necessary accuracy of values through statistical data processing. The examinations found two possible methods: a method for reference emission modeling based on multiple regression models; and a method for emission reduction modeling based on multiple regression models. Both methods have advantages and disadvantages, and different approaches are expected to be necessary depending on the project implementation environment and the results of discussions with target countries. Therefore, the project team prepared two methodologies and had them examined by a third party agency. These processes clarified the eligibility criteria for implementing the project, and the methodologies were recognized as relatively conservative.
In addition, the project plan was revised to reflect the most recent circumstances of this fiscal year, and the effects of this project on reducing CO2 emissions were re-calculated based on the examination results. The calculation results are as follows. The effect on reducing CO2 emissions is 8-15 tons of CO2 per year per store, and the effect on reducing CO2 emissions of the entire project in Thailand and Vietnam is about 7,650 tons of CO2 per year. The effect on reducing CO2 emissions is about 300,000-500,000 tons of CO2 per year if the project is implemented at all convenience stores including non-FamilyMart stores in Southeast Asia.
Based on the above results, the process of determining the details of MRV method for realizing this project has moved forward. It is expected that conducting field examinations at the actual site will benefit energy conservation and the reduction of CO2 emissions in Thailand and Vietnam in the future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る