成果報告書詳細
管理番号20130000000341
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドJSWスチール社製鉄所における効率的な燃料利用技術案件の組成調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名JFEテクノリサーチ株式会社 JFEスチール株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約JSWスチール社は、90年代前半に開始された一連の経済自由化政策を活用して一貫製鉄事業に進出(1996)した後、国内粗鋼需要の拡大を捉え急速に生産規模を拡大させ、主力のVijayanagar製鉄所(カルナタカ州)の粗鋼生産能力は1000万トンに達した。さらにISPATグループからDolvi製鉄所(マハラシュトラ州、粗鋼生産300万トン)を買収し、インド最大級の生産能力を持つに至った。本調査では、一貫製鉄所の省エネに対して大きな効果が期待できる、1)転炉併用型電気炉オフガス排熱回収、2)溶鋼取鍋予熱装置リジェネ化、3)鋼材加熱炉リジェネ化、という3つの技術について導入に必要な基本的な設備改造計画を作成し、その省エネ・CO2排出削減効果と導入プロジェクトの事業性を評価した。CO2クレジット収益を考慮した上で、(Dolvi-1)オフガス排熱回収:省エネ効果1317TJ/年、CO2削減68千トン/年、投資額31億円、投資回収4.4年、(Dolvi-2)取鍋予熱装置リジェネ化:19TJ/年、1.0千トン/年、1.4億円、7.0年と評価された。また、(Vija-1)鋼材加熱炉リジェネ化:505TJ/年、62千トン/年、18億円、22年、(Vija-2)取鍋予熱装置リジェネ化:45TJ/年、4千トン/年、1.3億円、6年、と評価された。今回の検討では、周辺機器の製作・調達や現地工事にインド企業を活用し、設備費用の低廉化や為替リスクの低減に努めた。それでも、増産など高い収益性を期待できる複数の社内競合プロジェクト、国内炭に準拠する低廉なエネルギー価格、高い成長期待を背景とする高金利、等がネックとなり、ホスト企業の厳しい投資判断基準を満足することはできなかった。現行CDMにおいては、取引可能な「クレジット」の金融商品的性格を重視する余り、排出削減プロジェクトの適格性・追加性に係る審査や発生したクレジットの認証に対して過度に厳密な基準や手続きを求められる。これが、実効ある省エネ技術の世界的な普及を阻害しているという観点に立ち、鉄鋼省エネ技術の普及が遅れているインドの現状や鉄鋼省エネ技術の特徴を考慮し、普及促進が望まれる技術を網羅したポジティブリストを中心とする適格性判断基準と、合理的かつ簡便なMRV手法案を提案した。
日本の新たなCO2排出削減目標設定に向けた議論を通じて、JCM/BOCMすなわち日本の省エネ技術を通じた海外におけるCO2排出削減が、わが国のCO2排出削減対策の1つとして適切に位置付けられる必要がある。その上で、海外にて「日本製の省エネ設備」を普及させるため、1.適切なCO2クレジット価格の設定、2.鉄鋼省エネ技術の特性に配慮した(適格性基準やMRV手法を含む)制度設計、3.使途を限定した低利資金の提供、4.普及に対する情報ギャップや技術的バリアを解消に向けた方策が求められる。また、JCM/BOCM創設に向けた日印政府間協議を通じて、規制と技術導入支援のバランスを図ってきたわが国の省エネ政策がインド政府と共有され、インドにおいても1.適切な中長期省エネ目標の設定、2.具体的な省エネ技術・対策に関する指針、3.持続的な財源に裏付けられた省エネ設備導入支援策等が展開されることを期待したい。
英文要約JSW Steel started integrated steel making in 1996 in the Vijayanagar, Karnataka state under the liberalization of Indian steel industry in 1990s. The Vijayanagar works has almost 10 MTPA capacities and the Dolvi works, Maharashtra, which was merged from ISPAT, has 3 MTPA. The writers developed basic engineering plans to implement energy saving equipments, and estimated energy saving and CO2 emission reduction effect, and assessed economics of the projects shown as followes. (Dolvi-1) WHR; Energy saving 1317TJ/y, CO2 reduction 68kt/y, Investment 3100million yen and Payback 4.4y. (Dolvi-2) Regenerative burners for Ladle; 19TJ, 1.0kt/y, 140 million yen and 7.0y. (Vija-1) Regenerative burners for reheating furnace; 505TJ/y, 62kt/y, 1800 million yen and 22y, (Vija-2) Regenerative burner for Ladle, 45TJ/y, 4kt/y, 130 million yen and 6y. Significant cost reduction was achieved by employing Indian sub-contractors for equipment fabrication and on-site construction works. It was still hard to clear host company’s investment criteria because of very low fuel price caused from cheap domestic coal and high loan interest. In house, competition was also very severe between production increase and wider product mix to share finance resources. Eligibility and tradability of certified credit in the market are highly stressed in current CDM therefore very compulsive specification and procedures are required to validate projects’ eligibility and addiotnaliy, to verify and issue CER from projects. These compulsive regulations disturb efficient diffusion of energy saving technologies in steel industry. The study team proposed rational eligibility criteria based on “Positive List” including advisable energy saving technologies for India, and effective MRV methodologies for energy saving projects in steel works. It is necessary to position JCM/BOCM adequately as one of global CO2 mitigation measures through Japan’s excellent energy saving technologies in Japan’s climate change policy. In such context various measures are advisable to promote Japan’s energy saving facilities such as 1) attractive CO2 credit price, 2) feasible institutional design focusing energy saving projects in Steel, 3) restricted soft loans 4) barriers and information gap solutions. Through official talk to establish new JCM/BOCM scheme continued policy sharing is preferable with Indian Government focusing proven energy saving policies in Japan. It is expected that Indian Government will implement 1) mid and long-term energy saving goals, 2) balanced guidelines for tangible measures and technologies, 3) supporting measures for efficient equipment and facilities with sustainable budget.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る