成果報告書詳細
管理番号20130000000342
タイトル平成24年度調査報告書 「国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業
基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業ベトナムにおける輸入炭と国内無煙炭の混焼による高効率発電プロジェクトの案件発掘調査」
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名一般財団法人石炭エネルギーセンター 丸紅株式会社 株式会社IHI
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約1.調査目的 本事業では、ベトナムにおいて、輸入炭と国内無煙炭を混焼する、超臨界圧石炭火力発電(Super Critical:SC)、超々臨界圧石炭火力発電(Ultra Super Critical:USC)などの高効率石炭火力導入を実現することで、発電効率向上、環境負荷低減、燃料調達リスク低減による電源安定供給に資することを目指した。
2.調査実施内容 具体的な本調査の項目は以下のとおりである。
(1) ベトナムの電力需要、石炭需要
(2) 混焼試験と概念設計
(3) 実機導入に向けた経済性評価
3.調査結果
(1)ベトナムの電力需要、石炭需要
石炭火力発電の割合は、現状の19%から2030年には50%を超えることが見込まれている。2017年以降は電力需要の伸びに対応するために海外からの石炭調達が必要になる。 
(2)混焼試験と概念設計
海外輸入炭と国内無煙炭の混焼試験は,IHI相生工場内にある実証燃焼試験炉(CFT:瀝青炭燃焼量1,600kg/h)で実施した。 試験は,竪型ローラミルを用いた混合粉砕試験と,IHI-DFバーナと低揮発分バーナを用いた混焼試験を実施した。
ボイラ供給炭の粒径や空気配分を適正にコントロールすることで,混焼率30%(輸入炭70%+無煙炭30%)で良好な燃焼状態を維持できることが確認できた。 
超々臨界圧ボイラ(USC)において無煙炭混焼を実施した場合の概念設計を行った。
(3)実機導入に向けた経済性評価
a)CO2排出量の低減
混焼率30%でUSC発電をした場合のCO2削減量を、既設無煙炭専焼発電と比較して試算した結果、およそ85万t/yのCO2排出量削減が可能となった。
b)実機導入に向けた経済性評価
100%輸入炭専焼のSCと比較して、30%混焼のUSCでは、売電価格は約30%削減可能と試算された。
英文要約1. Purpose
In this project, we aim to contribute to the stable supply of electric power in Vietnam, by introducing high-efficiency coal-fired power plant such as SC or USC with co-firing technology between imported coal and domestic anthracite, which improve power generation efficiency, reduce environmental impact and reduce the risk of fuel procurement.
2. Research Content
The specific research items in this project are listed below:
(1) Power demand and coal demand in Vietnam
(2)2Co-firing test and conceptual design
(3) Feasibility evaluation for actual plant
3. Research Result
(1) Power demand and Coal demand in Vietnam
The ratio of the coal-fired power generation would be increased from 19% in the current to over 50% in 2030. After 2017, the coal procurement from overseas country would be required.
(2) Co-firing test and conceptual design
The co-firing test between the imported coal and the domestic anthracite was conducted by using coal firing test furnace (CFT: 1,600kg/hr) located in IHI’s Aioi works. The test consists of the mixing pulverizing test using the vertical roller mill and the co-firing test using IHI-DF burner and Low-volatile fuel burner.
The stable and good firing at the mixing ratio of 30% (Imported coal 70% and Anthracite 30%) was achieved by properly controlling the size of coal particle and the boiler feed air flow rate.
The conceptual design for the high-efficiency coal-fired boiler system applying the co-firing technology was also conducted.
(3) Feasibility evaluation for actual plant
a) Reduction of CO2 emission
In the case of USC with 30% co-firing, around 850,000 ton-CO2/year would be reduced comparing with the existing sub-critical plant with 100% anthracite.
b) Feasibility evaluation for actual plant
Around 30% reduction in the electric tariff would be available for the 30% co-firing of USC in comparison with 100% imported coal firing of SC.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る