成果報告書詳細
管理番号20130000000345
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国におけるアルミニウム精錬工場ヘのインバータ導入プロジェクトのMRV方法論適用等調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査の目的は、インドネシア国における汎用インバータ導入プロジェクトを対象として、温室効果ガス排出削減量の測定・報告・検証の手法(MRV方法論)を第三者審査機関の審査のもとに作成するとともに、その手法を稼働中のプロジェクトに適用し、温室効果ガス排出削減量を実際に測定・報告・検証することで方法論の適用性を確認し、JCM(Joint Crediting Mechanism)/BOCM(Bilateral Offset Credit Mechanism)の実現に資することが目的である。NTTデータ経営研究所および富士電機が調査を担当し、方法論審査と排出削減量の検証は日本品質保証機構(JQA)が担当した。MRV方法論について、レファレンス排出量の計算方法は、(1)過去1年以上の実測データを取得可能な場合、(2)過去1年以上の実測データが取得不可能な場合、以上の2パターン作成された。(2)では、短期計測による実測データを用いる算定方法と定格値を用いる算定方法の二つを採用した。実測データを用いる算定方法は、各稼働パターンの出力を短期計測し、稼働パターン毎の稼働時間をかけて消費電力量を推定する方法である。定格値を用いる算定方法は、電動機の定格出力と稼働時間から消費電力量を推定する方法である。この方法を用いる場合には、負荷率と保守性を考慮して、算出結果に対して0.5をかけることとした。方法論審査の結果、概ね要求事項はクリアしたものの、QA/QCにかかる事項をいかに満たすかが重要な論点として残された。本調査では、上記(2)の方法のうち定格出力を用いる方法を西ジャワ州カワラン県に立地するPT. MOLTEN ALUMINIUM PRODUCER INDONESIA社(以下、MAP-I社)のアルミ精錬工場における集塵機へのインバータ導入プロジェクトに適用し、排出削減量の測定・報告を行った。NTTデータ経営研究所と富士電機がMAP-I社のモニタリング実施をサポートした。インバータ導入以前は、集塵機はダンパー制御で運転されており、電動機はフル出力の状態であったが、インバータの導入によって、生産量に応じた電動機の可変速運転が可能になり、省エネを達成している。インバータ制御の対象の集塵機は、電動機の出力で315kW, 75kWの2台である。排出削減量の測定・報告は、2013年1月2日~20日の期間で行われた。消費電力量は、工場のスタッフが1日1回、決まった時間に積算電力計の値を目視で確認し、稼働時間とともに手書きで記録用シートに記録した。結果は、出力315kWの集塵機が24tCO2、出力75kWの集塵機が7tCO2の削減となった。この結果からMAP-I社における年間排出削減量を推計すると、約550tCO2/年となる。なお、インドネシア国全体でインバータ導入による排出削減量のポテンシャルは約700万tCO2と想定している。排出削減量の検証にあたって実施された現地審査では、データの精度管理(測定器のキャリブレーション、測定値のダブルチェック等)が課題として指摘された。MAP-I社では、富士電機社製インバータ導入によって得られた省エネ実績を踏まえ、現在、別の動力設備への新規インバータ導入を計画しており、本計画のJCM / BOCMへの適用に向けて、信頼性の高いメータの設置や自動データ収集システムの構築等、本調査結果を踏まえた追加的な対応について検討している。
英文要約The purpose of this study is to contribute to establish JCM (Joint Crediting Mechanism)/BOCM (Bilateral Offset Credit Mechanism) by developing and applying MRV methodology under a third-party review. NTT DATA INSTITUTE OF MANAGEMENT CONSULTING (NTTD IOMC) and Fuji Electric conducted this study. The Japan Quality Assurance Organization (JQA) is responsible for methodology review and verification of emission reductions. Two reference emissions calculation methods were developed: (1) when past measurement data over a year is available, (2) when past measurement data was not available. In Case (2), we adopted two calculation method, one is a method of using short-term monitoring data and the other is a method of using rated output of motor. When using the latter method, power consumption is estimated from the rated output and operating hours of the motor. When using this method, multiply the calculation result by 0.5, taking the load factor into consideration. As a result of methodology review by JQA, though we almost satisfied the requirements, QA/QC issues were left unqualified as a point at issue. In this study, we applied the method of using the rated output to a project at the aluminum smelting factory of PT. MOLTEN ALUMINUM PRODUCER INDONESIA (MAP-I) located in West Java Province. MAP-I measured and reported the actual emission reductions. NTTD IOMC and Fuji Electric supported their activity. The dust collectors had been installed to prevent ash generated in the aluminum smelting process. Before the introduction of the inverters, dust collectors had been damper-controlled and the electric motor had been in operation at full capacity. After installation of the inverters, they can operate electric motors at variable speed depending on the production volume of aluminum. Two dust collector motors each having an output of 315kW and 75kW are inverter-controlled. We monitored data from January 2 through January 20, 2013. A staff member of the factory monitored power consumption and equipment operating time once a day at a fixed time of the day. As a result, there was a reduction of 24t CO2 for the 315kW dust collector and 7t CO2 for the 75kW dust collector. Based on this results, the emission reductions in MAP-I are expected to be approximately 550t CO2/year. We assume that potential emission reductions of installing inverter in Indonesia could be approximately 7 million tons of CO2. The on-site survey for verifying GHG emission reductions conducted by JQA revealed problems with data accuracy management such as calibration, double-checking and so on. Based on the actual performance of energy conservation achieved through the introduction of the inverter, MAP-I is planning to introduce a new inverter into different power equipment. To apply this plan to JCM/BOCM, MAP-I is studying additional measures based on the survey results such as installation of a highly reliable meter and establishment of an automatic data collection system.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る