成果報告書詳細
管理番号20130000000348
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インド国におけるコンテナ物流の鉄道輸送へのモーダルシフトプロジェクトに関するMRV方法論適用等調査
公開日2013/5/29
報告書年度2012 - 2012
委託先名日本工営株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査では「インド国貨物専用鉄道建設事業 (DFC)」(DFC西回廊プロジェクト)を対象とし、インド国での物流モーダルシフトによる温室効果ガス排出削減量の測定・報告・検証 (MRV)方法論を作成した。提案社は日本工営株式会社である。DFC西回廊プロジェクトは、デリー-ムンバイ間、約1,500 kmの貨物専用鉄道の建設である。2013年2月現在、当該事業は2017年の操業開始を目指している。本プロジェクトの実施主体はDedicated Freight Corridor Corporation of India Ltd. (DFCCIL)であり、資金源は円借款及び同国政府資金となっている。操業時は輸送事業者からDFCCILが輸送依頼を受け、鉄道輸送を行う。DFC西回廊プロジェクトで導入予定の技術は、頭部焼入れレール、高性能電気機関車、列車運行管理システム、通信・信号システム、回生ブレーキであり、なかでも高性能電気機関車は日本の優位技術である。インド国の現在の電気機関車の仕様は出力4,400 kWであるのに対し、DFC西回廊プロジェクトは大容量、高効率輸送を実現するため、高軸重25ton対応、出力7,000kWの高性能電気機関車を導入する。これには日本の最先端電子制御技術が必要不可欠である。本方法論の開発では、既存のCDM方法論「AM0090:貨物運搬における道路輸送から水運もしくは鉄道輸送へのモーダルシフト」を参照した。AM0090と本方法論の大きな違いはプロジェクト参加者である。AM0090では荷物を所有する荷主であるが、本方法論では鉄道インフラを所有し鉄道輸送サービスを提供する事業者となる。その他、対象貨物を国際コンテナに絞り、バウンダリをプロジェクト参加者が管理できる鉄道輸送のみとする等で簡素化を図った。適格性基準にはプロジェクト参加者の規定や、本方法論が適用できる技術を特定でき、その導入によって追加的に排出削減ができる条件等を含めている。レファレンスシナリオは、「モーダルシフト事業が実施されず現行のコンテナ輸送モードが継続利用される」(BaU)と考える。これに対してデフォルト値(必要に応じて)やプロジェクト固有値を保守的に設定することで、保守性を担保したレファレンス排出量とする。レファレンス排出量は、基本的に輸送モードのコンテナ輸送量と輸送モードの輸送距離、輸送モードのCO2排出係数を乗じて求める。他方、プロジェクト排出量は鉄道コンテナ輸送で消費した電気量と電力CO2排出係数で算定する。リーケージは考慮しない。ただし、トラック補助輸送からの排出量の変化が考えられ、レファレンスシナリオと比べこの排出量の増加分がプロジェクト排出量の5%に満たない場合は考慮しない。5%を超える場合はプロジェクト排出量へ加算する。排出削減量はリファレンス排出量からプロジェクト排出量を引いて求める。モニタリング項目は、プロジェクトによる起点と終点間の年間のコンテナ輸送量とプロジェクトの年間の総電力消費量、プロジェクトによる年間の貨物の総輸送量のみである。DFC西回廊沿いに位置する6つの起点と終点間を内陸へ向かう上り輸送のみを想定し、本方法論で算定した排出削減量は、2021-2022年で549,449 tCO2/年、2031-32年で798,809 t CO2/年となった。
英文要約The study aimed to develop the MRV methodology for emission reductions by modal shift of logistics in India. The Dedicated Freight Corridor (DFC Western Corridor Project) funded by the JICA was referred to for developing the methodology. This study was implemented by Nippon Koei Co., Ltd. The DFC Western Corridor Project is to construct a dedicated freight corridor between Delhi and Mumbai, approximately 1,500km. The operation plans to start in 2017. The project owner is the Dedicated Freight Corridor Corporation of India Ltd. which provides services for rail transportation. The technologies introduced to the DFC Western Corridor Project are the head hardened rail, high-tech electrified locomotive, railway operation system, communication/signal system, and regeneration brake. Among them, the high-tech electrified locomotive is the most advanced technology by a Japanese manufacturer. The current power specification of electrified locomotive in India is 4,400kW. The DFC Western Corridor Project introduces the high-tech electrified locomotive with 7,000kW power with 25ton axle load capacity. In the development of the methodology, the CDM methodology AM0090 was referred to. The major difference between AM0090 and the methodology is a definition of project participant. In AM0090, the project participant is a cargo owner. On the other hand, an owner of railway infrastructure/provider of rail transportation service is the project participant in this methodology. Besides, aiming at simplification, the target of transportation is limited to an international container, and the boundary includes rail transportation service which the project participant can manage and monitor. The reference scenario is that current mode of transportation is used continuously and a modal shift project is not implemented (BaU). The conservativeness of emissions is kept by setting conservative default values (if any) and project specific values. The reference emissions are basically calculated by multiplying the amount of containers transported by each transportation mode, the distance of each mode, and emission factor of each mode. The leakage is not considered. However, the emissions from the complementary truck transportation might change. So, if increase of the emissions by the complementary truck transportation from the reference scenario is less than 5% of the project emissions, it is negligible. If it is more than 5%, it is added to the project emissions. The emission reduction is calculated by subtracting the project emissions from the reference emissions. The monitoring items are annual amount of containers transported between origin (O) and destination (D), total of annual electricity consumption, and total of annual amount of transported cargos. The estimated emission reductions (for 6-set of ODs and one-way transportation) calculated by the methodology is 549,449tCO2/y in 2021-22, and 798,809 tCO2/y in 2013-32.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る