成果報告書詳細
管理番号20130000000245
タイトル*平成24年度中間年報
「省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水循環要素技術研究開発 有用金属・有害物質の分離・回収技術の開発 金属水酸化物汚泥からの有用金属回収と汚泥の削減」(H21-H25)
公開日2013/6/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社アクアテック
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約23年度までの研究は、ガスセンサー制御硫化物法と従来法(水酸化物法)を組み合わせた手法を用いて、一般的には埋立地などに投棄されている金属水酸化物汚泥などから、有用金属の80%以上を回収し、80%以上汚泥発生量を減らし、しかも消費エネルギーの少ないシステム開発を目指してきた。工業化に向け、工場現場にリパルプ洗浄槽を設置し、硫化ニッケル汚泥を得て、大型の空気酸化装置で酸化実験をおこなった。概ね予定通りの結果を得た。これまで電解析出実験ではホウ素添加を行わず実験してきたが、ホウ素添加の排出水に与える影響が少ないことが分かり、B添加の電解条件を明らかにした。溶媒抽出法による電解液中不純物のZnを除去するための基礎実験は模擬液および実電解液とも抽出時のpHを3程度にすると十分に行えることが分かった。
英文要約Up to the year of fiscal 2011, by use of a combined process of gas-sensor-controlled sulfide method and conventional method (hydroxide precipitation method), we concentrated our research effort on development of a system, possible to recover over 80% of useful metals from metal hydroxides sludge usually dumped in reclaimed lands and to reduce the volume of generating sludge by over 80%, yet with low energy consumption.
For the commercialization, we installed re-pulp washing tank, procured nickel sulfide sludge and made oxidation test using a large-scaled air oxidation equipment. Result of the test was mostly as expected. Previously, we carried out our electrolytic deposition experiment without adding boric acid. But finding the addition of
boric acid gave little influence on the quality of discharged water, we established the conditions for electrolytic deposition with boric acid addition. We have found that the basic experiment to remove impurity Zn in electrolytic solution by use of solvent extraction method can be conducted satisfactorily when pH of the solution is kept at around 3 at the time of extraction in both model solution and real solution .
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る