成果報告書詳細
管理番号20130000000264
タイトル平成24年度成果報告書
省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水循環要素技術研究開発 水処理要素技術の今後の開発分野及びNEDOが技術開発した水処理要素技術の国内外への実証展開のニーズに関する検討(H24)
公開日2013/6/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09011
部署名環境部
和文要約近年、国内外における水利用量の拡大や、水に関する安全・安心意識の高まり、水枯渇地域の開発等を受けて、世界各国で水質規制強化・水循環利用の促進等水政策の強化が進められている。同時に、水の安全な処理や再生利用、造水等は大きなビジネス分野として成長しており、水処理技術を有する我が国関連産業にとって国際協力強化が期待されている。このような背景を踏まえ、本調査研究では国内外の新たな水政策への対応・水ビジネスでの優位性確立を念頭に、今後NEDOで進めるべき水処理関連プロジェクト立案に向けた情報収集を行い、NEDOとして今後取り組むべき研究開発内容や、わが国水ビジネス産業にとってのビジネス展開方策について提言を示した。
 具体的には、まず、NEDOによるこれまでの研究開発成果の展開想定分野を含め、今後ニーズが生じる可能性のある環境負荷低減を主ターゲットとし、関連する水処理要素技術の国内外における研究開発動向を調査した。調査にあたっては、文献、ウェブ調査のほか、関連する研究開発従事者や、各分野でビジネスを展開する事業者等へのヒアリング等を通じて情報収集を行った。調査対象としたのは、水質汚濁防止法の暫定排水基準対象物質の革新的除去技術、有用金属回収技術、レアアースリサイクル時における廃液処理技術、革新的海水淡水化技術、MBRにおける膜閉塞抑制技術に加え、その他の成長ゾーンにおける要素技術である。また、海水淡水化における濃縮水処理分野については、今後のニーズを検証するため、中東地域における海水淡水化施設の環境影響に関する既往調査のとりまとめや、関連要素技術の開発動向調査、濃縮水処理生成物の市場についての調査を行った。
 また、今後の海外における水関連ニーズを予測するための情報として、既往調査等を活用しつつ、海外における水域汚染状況や規制や執行強化の動き等についての調査を行った。排水規制に係る調査対象地域は、中国、インド、ASEAN、シンガポール、韓国、サウジアラビア、クウェート、UAE、カタール、イスラエル、米国、オーストラリア、EUである。
 加えて、実際に海外でビジネスを展開する我が国水関連事業者の協力を得つつ、海外における水ビジネス動向を調査した。海外水ビジネスのうち、大きな市場規模を有する海水淡水化とMBRにかかる市場概況等を調査したほか、今後期待されるビジネス分野としてスマートコミュニティ/スマートウォーターに係る市場の展望を整理した。
 以上の調査結果を踏まえ、今後NEDOとして取り組むべき研究開発内容や、我が国水ビジネス産業にとってのビジネス展開方策についての検討を行った。検討に当たっては、有識者で組織する委員会を組織し、我が国水ビジネス展開方策を踏まえたNEDOプロジェクトのあり方について議論を行った。NEDOプロジェクトのあり方に関する議論では、市場ニーズに適合する技術の開発と、将来的なブレークスルーに繋がる技術シーズの開発の両立や、潜在的なニーズの的確な把握、顧客ニーズに適応可能なシステム提案等の重要性が指摘された。
英文要約Water quality regulations and water policies such as the promotion of water recycling have recently been tightened around the world. Safe water treatment, reclamation and desalination have simultaneously been growing as major businesses, and Japanese industries having water treatment technologies are expected to participate actively in the international cooperation. This report provides recommendations on the future research and development which NEDO should address and the business development strategies for Japanese water business industries based on the information collected for the project planning related to water treatment which NEDO should work on.
 
First, the national and international trends on research and development in the field of water treatment element technologies were studied. The necessary information was collected through interviews with R&D personnel and business operators in addition to bibliographic surveys and internet surveys. The survey targeted innovative removal technologies for the substances subject to provisional waste water standard according to the Water Pollution Control Law, valued metal recovery technologies, wastewater treatment technologies for recycling rare earth elements, innovative desalination technologies, technologies to prevent blocking membrane for MBR, and other element technologies in the growing sectors. With respect to concentrated water treatment in the desalination process, reviewing previous surveys on the environmental impact assessment for desalination facilities in the Middle East, the trends on the related element technology development, and the market of products from concentrated water treatment were surveyed.

Overseas water area pollution, regulations and enforcement were studied using previous surveys which provided information to forecast the future needs in water related issues in foreign countries. The targeted countries for the wastewater regulation study are China, India, ASEAN, Singapore, Republic of Korea, Saudi Arabia, Kuwait, UAE, Qatar, Israel, USA, Australia, and EU.

In addition, the trends on foreign water businesses were surveyed with the support of Japanese water business operators who run business in foreign countries. The market overviews were surveyed for desalination and MBR which are the major foreign water businesses. An outlook for the market of Smart Community/ Smart Water, which are expected to grow in the future, was identified.
 
Based on the results, the future research and development NEDO should address and the business development strategies for Japanese water business industries were reviewed. The advisory committee was organized with some experts and the modality of NEDO project was discussed taking into consideration the business development strategies for Japan’s water businesses. The significance of the following matters was pointed out during the discussion; parallel development of both technologies those satisfying market needs and those leading to success in the future; accurate assessment of potential needs and proposing systems which can accommodate customers’ needs.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る