成果報告書詳細
管理番号20130000000284
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 カザフスタン共和国における石炭火力発電所近代化更新プロジェクトの案件発掘調査
公開日2013/6/22
報告書年度2012 - 2012
委託先名あすかグリーンインベストメント株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査は、カザフスタン共和国(以下、カザフスタン)の石炭火力発電所を対象に、近代化更新事業の前提となる現地発電所の状況や当該発電事業を取り巻く外部環境について調査を行い、事業案件の発掘や二国間オフセットクレジット制度(以下、JCM/BOCM)への適応可能性について検討を行った。調査はあすかグリーンインベストメントが実施主体となり、カザフスタン側は気候変動政策を主管する環境保護省の協力のもと、傘下機関である環境・気候に関する科学調査研究所(以下、KazRIEC)を調査窓口として実施した。現在カザフスタンで稼働する発電所は全63基(19127.9MW)、うち75%(容量比)が石炭を燃料とする。これら設備の多くが運開以来30年を経過し、国際的な設備水準からは大きく外れた状況となっており、多くの事業者が老朽化による設備効率や利用率の低下に悩まされている。そのような現状を把握し、将来の事業化の可能性を高めることを念頭に、現地の調査ニーズを洗い出し、国内最大規模のエネルギー事業者であるSamrukEnergo社が所有するアルマティ市所在のCHPプラント(TETS2、TETS3)を現地調査することとした。当該発電所は運開から30-50年が経過し、所内には水、蒸気、微粉炭リークが随所に見られ、多数の機器で経年劣化が進行している状態であるほか、一部設備では最新式に改修・更新されてはいるが、新旧設備が混在した状態のため本来の設備導入効果を引き出せていないことが判明した。更に、主力発電所であるTETS2を対象に取得データを分析し、近代化案につき検討を行った結果、当初設計レベル以上の供給能力に回復させる必要性や故障リスクの低減という中長期的な発電所運営の観点を踏まえると、新規プラントへの更新が有効であり、かつ日本では標準的な亜臨界発電プラントを導入することで20%近い効率改善効果を得られることが試算された。また、同国の石炭火力発電所を対象に、特にCHPプラントを焦点に、MRV方法論につき検討を行った。CHPの特性や同国の計測、統計データの不完全さ、更には情報開示の難しさ等を考慮した結果、過去3年間のデータから算出される総合効率に基づくCO2排出原単位の平均値をリファレンスシナリオとすることが妥当との結論となった。同方法論に基づくCO2削減効果は単一プロジェクトで82万トン程度となり、当該削減クレジットの収益が現地事業者に還元された場合は、巨額投資事業にも関わらず投資回収期間を1年短縮させる結果となる。また、仮に同国の主要石炭プラントに同程度の改善効果を見込んだ場合には1300万トンを超える削減効果が得られるという結果にもなった。既述の通り、カザフスタンの発電事業者は、設備の老朽化による出力低下に苛まれており、設備近代化ニーズが非常に高い上、今年から開始されたCO2排出規制は更に事業ニーズを高める結果となっている。このようなニーズへの対応として日本の技術力に期待する声は非常に大きく、事業化を実現する大きな原動力になると思われる。一方で、相応の導入効果を得るには巨額投資を伴う抜本的対策が必要であり、SPC化やプロジェクトファイナンスによる資金調達、更には制度金融の活用など、事業の組成を高めるための検討が必要である。それ以外に、言語や商習慣といった文化の相違も克服すべき課題であり、事業化における契約実務においては避けられないハードルとなるであろう。このような課題解決を図りながらプロジェクトを具現化するため、今後はより詳細な現地調査を踏まえ案件の組成を行っていきたいと考えている。
英文要約The study of coal-fired power plants in Kazakhstan was conducted on the current situation of power plants and surrounding environment of power business in the country to find possible projects for plant modernization and to figure out possibility of applying JCM/BOCM. Asuka Green Investment implemented the study, having the support of the Ministry of Environmental Protection and its umbrella organization, Kazakh Research Institute of Ecology and Climate (KazRIEC) as the local front of survey. Currently 63 power plants are operating in the country, 75% of which capacity is fueled with coal. Many of the plants are around 50 years old, much longer than general operation years in the world. Therefore power generators have such problems like low efficiency of facilities and low rate of utilization of the plants. To grasp the current situation and figure out possibility of future business, we clarified the local needs and chose Almaty TETS2 and 3 owned by Samruk Energo for our on-site survey. TETS2 and 3 have been operating for long time 30 - 50 years, which causes deterioration of aged facilities and leakage of water, steam and pulverized coal within the plants. Some of the facilities were already rehabilitated or modernized, but the mixed operation of the old and new facilities prevents the new ones from effectively operating. We analyzed the data from TETS2 and, as a result, it is more effective to replace, not a part of plant, but the whole plant with a new one since it can improve supply capacity over the designed level and reduce failure risk of facilities in a long-term standpoint. The plant efficiency should improve by nearly 20%. As for MRV methodology, we studied on the methodology for coal-fired power plant including CHP. Considering the characteristic of CHP, incompleteness of measurement and statistical data, and difficulty of information disclosure, we have reached a conclusion that the reference scenario should be the average value of the past 3 years’ CO2 emissions factor according to the total plant efficiency. Under the methodology, CO2 emission reduction is calculated as 820 kt-CO2/y from a single project. And, with the income from emission credits, payback time should be reduced by 1 year. In case of applying the methodology to the main coal-fired power plant, emissions reduction is more than 13 Mt-CO2 per year. Not only because of output decrease due to the old facilities, but also because of the national CO2 emissions regulation starting this year, there is a greater need for plant modernization and it raises expectations for Japanese technology. On the other hand, a vast investment should be needed and it is necessary to examine various means such like SPC, project finance and institutional finance. And problems of cultural differences also should be inevitable in practical work of the project. It will be important to conduct a more detailed on-site study to realize implementation of the project by tackling these problems.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る