成果報告書詳細
管理番号20130000000357
タイトル平成24年度成果報告書 ZEB・ZEHの最新動向の調査分析ならびに普及に向けた取り組みに関する検討
公開日2013/6/21
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約件名:省エネルギー革新技術開発事業 ZEB・ZEHの最新動向の調査分析ならびに普及に向けた取り組みに関する検討

我が国の最終エネルギー消費の推移を見ると、全体の3割を占める民生(業務・家庭)部門は、産業部門や運輸部門に比して増加が顕著であり、省エネルギー対策の強化が最も求められている部門である。  このため、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)では、業務・家庭部門での省エネルギー化の取り組みとして期待の高い「ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(以下ZEB)」ならびに「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(以下ZEH)」について、これまで「次世代省エネルギー等建築システム実証事業」や「次世代建築物制御技術標準化実証事業」等の実証事業を実施するとともに、平成24年度「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」第2次公募ではZEB・ZEHを「特定技術開発課題」に設定するなど、同分野の研究開発に注力してきた。  また、平成24年7月31日に閣議決定された「日本再生戦略」において、「環境の変化に対応した新産業・新市場の創出、グリーン成長戦略」としてZEBならびにZEHが取り上げられており、同分野のグローバルな出口戦略の検討が極めて重要となっている。  以上を踏まえ、本事業では、ZEBならびにZEHの最新研究動向ならびにマーケットニーズ等を調査するとともに、普及に向けた取り組みについて検討した。具体的な調査内容は以下の通り。  (1)ZEBならびにZEHの最新動向の調査  文献調査、ヒアリング調査、現地調査等により、国内外におけるZEBならびにZEHの最新研究動向を調査するとともに、主要プレーヤーの事業戦略や具体的なビジネス事例を整理した。  (2)ZEBならびにZEHのアジアにおけるマーケットニーズ等の調査  ZEBならびにZEHの普及という観点での有望国を対象に、文献調査及び現地調査等により、政策・制度、技術、気象条件、商慣行、市場規模、市場ニーズ、競争環境等を把握した。  (3)ZEBならびにZEHの普及に向けた取り組みの検討  (1)、(2)の調査結果に基づき、調査事業と並行して実施される研究委員会での議論等を踏まえて、今後、我が国におけるZEBならびにZEHの普及に向けた取り組みについて検討した。
英文要約Title: Research and Development Program for Innovative Energy Efficiency Technology, Research and analysis on latest trend and measures to prevail of ZEB/ZEH

Building sector (commercial and residential sector) comprise 30% of final energy consumption in Japan. When compared to industrial and transport sector, its energy consumption have increased rapidly, and is in need of energy efficiency enhancement. ZEB/ZEH are regarded as highly energy efficient measures to reduce energy consumption of civilian sector, and NEDO has conducted several demonstration projects regarding ZEB/ZEH such as “Next generation energy efficient architecture demonstration” and “Standardization of control technology for next generation architecture”. Also, ZEB/ZEH are included in “Specific technology development challenge” of “2012 Strategic energy efficient technology innovation program” second round public offering. In addition, within the “Japan revitalization planning” (which gained cabinet approval on 31st July 2012), ZEB/ZEH are listed as “New industry and market creation, green growth strategy” and global prevalence strategy consideration are highly important. In this project recent research and development trend and market need for ZEB/ZEH are studied, and measures for prevalence are examined. Specific research contents are as follows. (1) Study on recent trend of ZEB/ZEH: Domestic and global trend of research and development, business strategy and business case are studied through publication research and interviews (domestic and global). (2) Study on market needs of ZEB/ZEH within Asian countries: Policy/regulation, technologies, climate condition, commercial practice, market size, market needs, competitive environment of promising countries for prevailing ZEB/ZEH are studied through publication research and interviews. (3) Examination of measures to prevail ZEB/ZEH: Based on the results of (1) and (2) and opinions from the research committee set up parallel to the studies, measures to prevail ZEB/ZEH within Japan are examined.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る