成果報告書詳細
管理番号20130000000378
タイトル*平成24年度中間年報 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実施事業 基礎事業 タイ工業団地のピンチテクノロジー等の工場間エネルギー利用解析による省エネ診断事業
公開日2013/6/27
報告書年度2012 - 2012
委託先名千代田化工建設株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約件名:平成24年度中間実績報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実施事業 基礎事業 「タイ工業団地のピンチテクノロジー等の工場間エネルギー利用解析による省エネ診断事業」(H23-H25)

 本調査は、タイ国東部、バンコクから約150km南東に位置するマプタプット工業地域内を対象に日本のコンビナートの省エネルギー調査で確立した熱利用解析技術(ピンチテクノロジー)を用いて、複数工場間を連携する省エネルギー事業を提案する。本調査は、フェーズ0(準備作業)、フェーズ1(エネルギー利用解析)、フェーズ2(案件創成)の3段階で行い、本年度は主にフェーズ1を実施した。先ずエネルギー利用解析データ調査票を各参加工場へ配布し、説明会を開き、解析用データを収集した。次にR-カーブ解析法とSSSP(Site Source and Sink Profile)解析法の二つのピンチテクノロジー解析手法によりエネルギー利用解析を行った。最初に各工場を対象とした個別工場解析を行い、次に選定14工場を一大仮想工場と見立て、工場群全体を対象に解析を行った。工場群全体のR-カーブ解析の結果、統合エネルギー効率は現状で56.6%、エネルギーシステムを最適化した場合の理論効率は72.4%であった。工場群全体の理論省エネ余地はR-カーブ解析の結果3,370GJ/h、SSSP解析の結果880GJ/h、合わせて4,250GJ/hとなり、工場群全体の統合燃料使用量(15,400GJ/h)に対し28%の理論省エネ余地があることが判った。
英文要約Chiyoda will propose energy saving projects among several sites for Map Ta Phut industrial complex, which is located approximately 150km south east of Bangkok, Thailand during this study. For this study, an energy utilization analysis technology (pinch technology) is applied, which was established during energy saving studies for industrial complex in Japan. This study is conducted in following three phases, Phase 0 (Preparation), Phase 1 (Energy utilization analysis), and Phase 2 (Project development). Phase 1 was conducted for this fiscal year 2012. First, Chiyoda distributed the data questionnaire for energy utilization to each participant site, organized explanation meetings and collected data for the energy utilization analysis. Next, Chiyoda conducted energy utilization analyses by applying two pinch technology analysis methods, R-curve analysis to evaluate the energy efficiency in the utility system and SSSP (Site Source and Sink Profile) analysis to evaluate the possibility of heat recovery and utilization. Chiyoda first conducted individual analyses for each site and then conducted an area-wide analysis which all 14 sites data were put together and considered as one virtual site. According to the result of area-wide R-curve analysis, the integrated energy efficiency was 56.6% for current case and 72.4% for ideal case. The theoretical energy saving potential was 3,370GJ/h for area-wide R-curve analysis, 880GJ/h for area-wide SSSP analysis, and in total, it was 4,250GJ/h. This accounts for 28% of the integrated fuel consumption of 15,400 GJ/h.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る