成果報告書詳細
管理番号20130000000493
タイトル平成24年度成果報告書 省水型・環境調和型水循環プロジェクト 水資源管理技術研究開発 水資源管理技術の国内外への展開に向けた実証研究 うちシンガポールにおける産業廃水の再利用向け処理技術に関する実証研究(継続研究)「膜分離技術を用いたフッ素含有廃水の再利用に関する処理技術実証研究」
公開日2013/6/21
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社日立製作所
プロジェクト番号P11009
部署名環境部
和文要約国内だけで水を完全自給できないシンガポールでは、海水から生活用水を製造するNewaterプラントは重要な国策の一つである。しかし、Tampines工業地区ではフッ素を含有する工場廃水が多量に排出されるため、フッ素汚染の面からNewaterプラントに取水することができない。本実証研究では、フッ素を含有するTampines工場廃水を対象として、日本の保有する優れた膜分離技術や水再利用技術を実証し、シンガポールを拠点として周辺諸国に技術アピールするため、1m3/h規模のフッ素処理装置をTFP(Tampines Filtration Plant)施設内に設置し、フッ素の安定した除去性能や省エネ・省スペース効果を確認した。提案システムはフッ素を除去する凝集膜分離や未反応カルシウムの回収をコア技術としており、これらの技術を用いた長期実証データの取得とこれに基づくエネルギー削減率30%(従来方式※との比較)の実現を研究目的とした。目標値:発生汚泥量 0.73kg-ds/m3、膜フラックス 0.6m3/m2・d(※ 従来方式とはCa(OH)2を用いた凝集沈殿方式)まず初年度の平成22年度にフッ素処理装置の設計、製作を行い、平成23年度に試運転、実証運転を行った。結果としてエネルギー削減率26%、発生汚泥量0.76kg-ds/m3、膜フラックス 0.6m3/m2・dを得た。また、この結果をもとに実設備のフィジビリティスタディを行った。平成24年度は運転費低減目的の継続研究を行った。結果として処理水T-F<50mg/lにおいて、膜フラックス 0.4m3/m2・dを得て、実設備提案を行った。また発生汚泥の再利用方法を提案した。
英文要約NEWater Plants are constructed in Singapore because of water shortage. But NEWater Plants cannot take the water because waste water containing fluoride is abundantly discharged in Tampines industrial park.In this project, I demonstrated a Japanese superior membrane technology and reuse technoology for the Tampines industrial waste water which contained fluoride.I appealed to the surrounding countries technically from Singapore.And I installed the fluoride removal plant of the 1m3/h scale in TFP(Tampines Filtration Plant) and confirmed stable fluoride removal performance and energy saving, space saving.The proposal is the system that combined with membrane separation & collected CaCL2 technology.The purpose of this study is to collect the operation data and demonstration of the new system that can reduce consumption of energy by 30% compared with the conventional treatment system (Ca(OH)2 dosing method). Target : sludge volume 0.73kg-ds/m3
 Flux of membrane : 0.6m3/m2・d (※ conventional system is the coagulation system using Ca(OH)2) First I installed the fluoride removal plant in FY 2010. Next I performed the commissioning and the operation of plant in FY 2011. I could confirm that reduction of energy is 26%, sludge volume is 0.73kg-ds/m3 and flux of membrane is 0.6m3/m2・d. And I performed the feasibility study under the result. And next, I performed the continuous study in FY 2012. The purpose is a decrease of OPEX. I confirmed that flux of membrane is 0.4m3/m2・d, and proposed the actual plant. Also I proposed the reuse method of sludge.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る