成果報告書詳細
管理番号20130000000502
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 タイ、ベトナム、マレーシアにおける規模別商業施設向け省エネシステム導入プロジェクトの案件組成調査
公開日2013/6/11
報告書年度2012 - 2012
委託先名イオンディライト株式会社 株式会社リサイクルワン
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約本調査では、電力需要の逼迫するタイ、ベトナム、マレーシアを対象に、イオングループが日本国内の商業施設1,400施設以上を対象に、1施設あたり10%-25%の省エネルギー(以下、「省エネ」)化を実現してきた省エネシステムの導入可能性について、事業性や現地の需要について調査した。イオングループでは、上記3カ国において現地イオン法人によるCVS、SM、GMSの運営を進めている。本調査では、これらの現地イオン法人の協力を得て3カ国合計15施設を対象に空調、照明、冷ケース等の実態について調査し、省エネシステムを導入した場合の電気削減量や投資回収年数などを提示した。
具体的には、イオンタイランドが運営するSMから5施設、G7-MINISTOP SERVICE AND TRADING JOINT STOCK COMPANY(以下、「ベトナムミニストップ」)が運営するCVSから7施設、イオンマレーシアが運営するGMSから3施設の合計15施設を対象に省エネ診断を実施した。省エネ診断結果を踏まえて、イオンタイランドPanya店、ベトナムミニストップ7号店、イオンマレーシアRawang店の計3施設を対象に省エネシステムを部分的に試験導入し、消費電力の測定や制御をおこなった。対象3カ国における試験導入結果を踏まえた省エネシステムの投資回収年数は、タイが概ね3年程度、ベトナムが概ね5年-6年、マレーシアで3年-4年程度となった。これより、タイ及びマレーシアではシェアードセイビング方式による省エネシステムの導入が可能であることが判明した。ベトナムにおいては省エネシステムの調達価格の見直しや政府による支援メニューの活用により、事業性を向上させられることが示された。
このような複合技術を導入する省エネ事業は、経済的追加性の証明が困難であることや、個別機器の省エネ効果を実証するためのモニタリングが煩雑であるというMRV方法論上の課題から、CDMでプロジェクトしたケースは極めて少ない。そこで、本調査では適格性要件において、普及率の観点から自動的に追加性があるといえる技術の特定を行った。また、プロジェクト実施前後での施設全体における電力消費量をもとに排出削減量を算定する方法に加え、新設施設でもプロジェクト化が可能となるよう、デフォルト値を用いたリファレンス排出量の算定方法を策定した。さらに、方法論に対する適用可能性等審査や、試験導入を行った施設に関して簡易的な第三者検証を行うことにより、実際の運用上の課題を整理した。
本調査により対象3カ国での省エネ削減効果が確認された省エネシステムに対し、電力価格の上昇が深刻化する対象3カ国の現地イオン法人や金融機関、業界関係者の関心は極めて高く、電気需要量やGHG排出量の拡大が課題となっている現地政府からも高い関心が示された。今後は、本調査で実施した省エネシステムの試験導入結果や設置工事や部材の調達コストについて精査する。さらに、現地におけるESCOサービスの展開や省エネシステムの導入支援体制を強化し、施設展開を拡大する現地イオン法人や他社施設への省エネシステムの導入を進めていく。
英文要約The purpose of the survey is to investigate the possibility, feasibility, and local demand for the introduction of an energy-saving system, which has successfully achieved energy savings of 10% to 25% per facility among 1,400 commercial facilities of the Aeon Group in Japan, to Thailand, Vietnam, and Malaysia where electric power demand is an urgent issue. The Aeon Group manages CVS, SM, and GMS in the aforementioned three countries via local group companies. In the survey, in collaboration of local group companies, we investigated the current use of air conditioners, lighting devices, and refrigerated display cases in a total of 15 facilities in the three countries and presented the amount of power that can be saved by introducing an energy-saving system and the number of years required for investment recovery.
Specifically, we carried out an energy-saving diagnosis of the following 15 facilities: five supermarkets managed by Aeon (Thailand) Co., Ltd.; seven convenience stores managed by G7-MINISTOP SERVICE AND TRADING JOINT STOCK COMPANY and three general merchandise stores managed by Aeon Co. (Malaysia) BHD. Based on the diagnosis results, we introduced part of the energy-saving system on a trial basis to three facilities and measured and controlled their power consumption. The number of years required for investment recovery based on the results of trial introduction to the three countries is about three years in Thailand, about five to six years in Vietnam, and about three to four years in Malaysia. These results showed that the introduction of a shared saving-based energy-saving system is feasible in Thailand and Malaysia and that the feasibility in Vietnam can be further improved by reviewing the procurement cost of the energy-saving system and making effective use of the government’s support programs.
The energy saving projects involving the introduction of combined technologies have been hardly conducted on CDM due to issues associated with the MRV methodology, such as a difficulty in proving its economic additional capability and the cumbersome monitoring procedures required to verify the energy saving effect of individual devices. In this survey, therefore, we first identified, in the qualification requirements, technologies, which apparently have additional capability, in terms of the penetration rate. We then developed a computational method to obtain emission reductions based on the total power consumption in the facilities before and after the project and a calculation method to obtain reference emission levels based on default values in an effort to make the project implementable in a new store.
In the future, we will consolidate local ESCO services and the support system for the introduction of the energy-saving system in each country and promote the introduction of the energy-saving system into local Aeon companies that intend to expand their facilities and the facilities of other companies.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る