成果報告書詳細
管理番号20130000000503
タイトル平成24年度成果報告書
ベトナム国における公害及び気候変動の緩和に向けた、軽工業地域に適した排水処理システムの研究
公開日2013/6/11
報告書年度2012 - 2012
委託先名関西産業株式会社
プロジェクト番号P93048
部署名環境部
和文要約(1)全体状況
 ベトナムの表流水環境基準と産業排水基準については1995にベトナム標準TCVNが定められ、続いて2008-2009に標準は「遵守、奨励」となり、基準は「規制」とされ強化された。しかしながら、中小の工場や、家内工業地域(工芸村)などにおいては、未だ多くの事業所から原排水を直接排水路へ投棄しているのが現状である。
こうした状況に対応するためベトナム側からは、高負荷有機物の除去プロセスを利用して再生エネルギーを得るという観点を入れた排水浄化、環境保全システムを開発し、実証テストを行って、普及につながる可能性や具備条件の検討を行いたいとの要請が出された。
 当社は要請にこたえるべくVAST(ベトナム科学技術アカデミー)をカウンターパートとして首題のプロジェクトを2年にわたって実施した。
前年度ではで現地の状況に適合する排水処理システムの検討を実施、実証試験プラントの設計、一部機材の製作を行った。
高負荷有機物の嫌気発酵処理過程で発生するバイオガスを利用したガス発電と、電力有効利用による地域のエネルギー一部自給の可能性、発酵消化液の農業利活用、など地域独立型の環境保護対策について検討し、その可能性が十分見込めることを明らかにした。
今年度は現地に機材を設置し、排出水を集め、一連の嫌気発酵処理を中心とする実証プラントの機能テストを行い、効果を実証した。
 消化液を処理して液肥や堆肥として利用できないか、その可能性を検討した。
(2)成果
汚水の嫌気発酵処理については、現地汚水の濃度が想定より低かったためにキャッサバを原料とする模擬汚水を使用した。メタン発酵に時間がかかったが、発生後は順調に推移した。本実証プラントの機能は正常であったと判断した。
 消化液の液肥としての利用についての期待は大きかったが、模擬汚水を使用した関係で一部肥効成分が不足することが分かった。養豚排せつ物や生ごみ等を含む高濃度有機性原料をまんべんなく収集する必要がある。
 バイオガス発電に使用した三元燃料エンジンはよくあるバイオガス用に改造された火花点火機関ではなく、既存のディーゼルエンジンである。バイオガスを有効に発電で利活用できたことはCDMの可能性を示すものでもあり、メタンの消費であるからCO2削減の効果も大きい。
同時にバイオガスが一日中途切れることなく発生し、貯留され使用できるようメタン発酵システムとのバランスを考えねばならない。
(3)課題
 本プロジェクトで設計製作し現地に設置した実証プラントは嫌気発酵槽による汚水浄化、バイオガスエンジンによるローカル発電等の機能効果を大体において確認することができたが、並行実施した市場調査において家内工業村からの汚染負荷は工業地帯や居住地等に比べても必ずしも高くないという指摘があった。その理由として排水は貯留池に排水しているケースが半分以上あり、この貯水池がラグーンの役割をある程度果たして環境負荷を軽減しているとみられるからである。嫌気発酵タンクによる集中処理にこだわるのではなく、場合によっては、貯留池をラグーンとして整備し、水質基準に照らして曝気処理、嫌気処理を行う装置を設け、曝気の場合の凝集沈澱剤としてはフライアッシュなどの工業副産物の可能性を研究する、嫌気処理の場合にはカバードラグーンによるバイオガス回収を試みるなどの方策を再度検討すべきではないかと考える。
英文要約As for environmental acts regarding discharge of west water into the river, the Vietnam government promoted the control measures from moral code up to compulsion.
However, in the area of small factories or craft village, they are discharging raw wastewater directly to the drainage or community pond within the area.
To improve this situation, the Vietnam government requested Japan to try to develop the organic wastewater processing system by using anaerobic fermentation and through this system, recover renewable energy such as methane gas for local power generation and disseminate the new idea as environmental conservation system together with wastewater purification method to the area.
We are asking VAST (Vietnam Academy of Science and Technology) as counterparts, and began the project for the period of two years.
For the first year, we conducted the study of discharged water treatment device suitable for the area, and arranged the system for the demonstration.
We studied the local independent power supply system by biogas power generation, effective method of digested liquid utilization from anaerobic fermentation and proved the effectiveness of the system.
For the second year, installed all implements and operated the system, confirmed the performance by analyzing the data from the test.
We investigated the possibility of utilization of the digested liquid as fertilizer.
In case of anaerobic fermentation test at the site, we prepared imitated raw slurry from genuine cassava starch because the condensation of the organic matter in the wastewater from the craft village is rather thin. It took some times until the beginning of the fermentation but changed into normal condition at the end. It proved the system design of our concept must be correct.
As for the possibility of getting fertilizer from digested liquid, it was insufficient because of the usage of monotonous imitated slurry, it is necessary to use the water containing high condensation of organic matter, like wastewater from piggery.
The diesel engine used for biogas power generation is, unlike remodeled as spark ignition, newly designed based on dual fuel engine. It may be effective for reduction of greenhouse gas for CDM.
The concentration of organic matter of the discharged wastewater is not so high as compared with that of other residential area. The water is flowing into the community pond first and stay until overflow. The pond is not designed as lagoon but the concentration of the organic matter will be reduced in some extent to be mitigated the environmental load. It is not proper to stick to anaerobic tank but better to adopt the lagoon (including covered lagoon to recover biogas) based on the situation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る