成果報告書詳細
管理番号20130000000510
タイトル*平成24年度中間年報 バイオマスエネルギー技術研究開発 戦略的次世代バイオマスエネルギー利用技術開発事業(次世代技術開発)/微細藻類による効率的炭化水素生産プロセスの研究開発
公開日2013/6/25
報告書年度2012 - 2012
委託先名国立大学法人東京大学 東京瓦斯株式会社
プロジェクト番号P10010
部署名新エネルギー部
和文要約微細藻類はリグノセルロース系バイオマスとともに次世代バイオ燃料資源として期待されている。中でもBotryococcus braunii(以下B. brauniiと略記)は炭化水素の含有量が高いだけでなく、細胞内で合成した炭化水素を細胞外で蓄積することから、他の微細藻類と比較して抽出が容易であり、バイオ燃料の原料として有望であると考えられている。既にB. brauniiの藻体スラリーを100℃以下で短時間加熱前処理すると、0.1-0.2%の低濃度スラリーから約98%の炭化水素を回収できることが確認されている。これにより多大なエネルギーを消費する乾燥工程を省略できる可能性が示された。しかしながら、0.1-0.2%の低濃度スラリーでは加熱に必要なエネルギーが大きく、更なるエネルギー収支の向上には高濃度スラリーにおける検討が必要である。本研究開発ではこれらの知見に基づき、B. brauniiから効率的に炭化水素を回収する技術を確立する。
英文要約Title: Efficient Production of Hydrocarbon from Microalgae
(FY2010-FY2013)FY2011 Annual Report

Botryococcus braunii produces a lot of hydrocarbons, and accumulates the hydrocarbon outside the cell. Generally, the drying process is necessary for the hydrocarbon recovery, and the process consumes a lot of energy. This R&D establishes the technology that efficiently extracts the hydrocarbon from microalgae slurry using thermal treatment.
The results of last year show that solid/liquid separation after thermal pretreatment enables efficient hydrocarbon extraction from high-concentrated algal slurry. These results were based on the small experiment scale (20ml scale). From the view point of practical utilization, the experimental scale was enlarged and the hydrocarbon recovery was considered by the apparatus which imitated the chemical equipment actually used. Based on the optimum reaction condition obtained last year, the experimental scale was expanded to 500ml. This experiment made it clear that the process from heat-treatment to solid-liquid separation can be scaled up. Moreover, it was proved that the churning method for solvent extraction has big influence on a hydrocarbon recovery rate. As the method for preventing the hexane inhibition in methane fermentation, the rise of pretreatment temperature and the aeration of methane fermentation are effective.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る