成果報告書詳細
管理番号20130000000518
タイトル平成24年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 インドネシア国におけるセメント輸送船等運航効率化支援プロジェクトの組成調査
公開日2013/6/11
報告書年度2012 - 2012
委託先名宇部興産海運株式会社 一般財団法人日本気象協会
プロジェクト番号P11013
部署名京都メカニズム事業推進部
和文要約現在、インドネシア国内では経済成長に伴ってセメント等の輸送需要が増大しており船舶からの温室効果ガス(GHG)排出量の増大が危惧される。本調査は、宇部興産海運(株)等が独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託を受けて実施した「内航船の環境調和型運航計画支援システムの実用化研究開発(2006-2008年度)」の成果である航海支援技術と運航管理支援事業者(宇部興産海運(株))が実施する乗組員への教育・訓練等の運航管理支援とを併せ、二国間オフセット・クレジット制度(JCM/BOCM)の対象技術としてインドネシア国への展開の可能性を調査・検討したものである。
本調査が対象とするプロジェクトは、昨年度の案件発掘調査に引き続き運航管理支援事業者がインドネシア国海運事業者「PT INDOBARUNA BULK TRANSPORT」の協力を得て3隻のセメント輸送船を対象に、次の3点を実施するものである。1.運航効率化に関する乗組員の教育・訓練等の人材育成を行う、2.気象・海象の予測情報に基づく「最適航海計画支援システム(ECoRO)等」を活用し省エネ運航のための航路及び船速計画の立案・適用する、3.乗組員に対して運航管理支援を行うことで運航の効率化を図る。これらにより燃料消費量を減少させCO2排出量を削減する。
MRV方法論については、国際海事機関(IMO)での船舶運航エネルギー効率化指標(EEOI)等の検討を参考に提案するとともに、モニタリングすべき項目及び方法、並びにCO2排出削減量を推定する方法論を策定し、第三者認証機関であるLloyd’s Register Quality Assurance Limited(LRQA)からMRV方法論適用可能性審査を受けその妥当性を確認した。実船実験では、CO2排出量を算定するのに必要な燃料消費量等を計測する装置を設置してモニタリングを行い、CO2排出量を算定した。実験対象船は、船齢が30年を超える老朽船であり主機関の制御幅に制約があったが、本船を代表船型とみなした試算では5-10%程度の燃料消費量減少が見込まれ、インドネシア国船舶全体では普及率を10%として年間20万トンを超えるCO2排出削減量が期待される結果を得た。また、本システムの普及を考慮し、運航会社、運航管理支援事業者が運航状況の把握や運航内容を確認できるシステム、運航内容に応じて運航指導やインセンティブを付与できるような仕組みも併せて検討した。
このようなインドネシア国のセメント輸送船への普及・移転のための体制、CO2排出量削減効果の評価手法等の確立、プロジェクトの実施に係る環境整備方策等に関する検討を行った結果、いくつかの課題はあるものの、本プロジェクトに対しJCM/BOCM形成に向けての方向性は示すことができた。
英文要約At present, in Indonesia, transport demand is increasing, accompanied by the nation’s economic growth, which in turn is causing a concern about augmentation of GHG emission. The present study considers the possibilities to transfer and apply Japanese technologies to Indonesia regarding a Bilateral Offset Credit Mechanism (JCM /BOCM) technology. And this project was commissioned by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) and conducted by Ube Shipping & Logistics, Ltd etc.. It is based on a special focus on shipping management technology which is the fruits of “Research and Development into Environment-Friendly Operational Planning Support System’s for Coastal Vessels” by NEDO in Japan. The support system based on forecasting meteorological information provide the optimum (energy saving) navigation route and energy saving ship’s speed. The technology is effective for reducing fuel consumption and CO2emission by Japan’s domestic ships.
This study conducted trial service of the navigation support system for three Cement Tankers provided by an Indonesian shipping company PT INDOBARUNA BULK TRANSPORT followed by last year’s project for exploration and planning stage. Moreover, fuel consumption monitoring device was installed and a report was prepared on GHG reduction by utilizing a method of estimating the amount of CO2 emission and a method of determining the baseline, which was examined in this study. In simulation study 5-10% FOC reduction was estimated, even though “PERKASA” is a 30 year old ship and imposes machinery control range restrictions. And over 200 thousand tons CO2 reduction are expected by the present Eco-Shipping technology coverage 10% in Indonesian coastal vessels. However, the test period and number of the model ships is relatively short, for the final evaluation of CO2 emission reduction need more number of ships.
The present study was also conducted to implement investigation of Monitoring, Report and Verification (MRV) methodology of GHG emission reduction effect. MRV methodology was referred circular MEPC of International Maritime Organization and Modified Energy Efficiency Indicator. And the MRV methodology was investigated as JCM/BOCM Methodology by LRQA (approved third party assessment body). The following issues were considered for the purpose of commercializing the system. Method for visualizing vessel tracking and operational situations for shipping operation companies and owners was investigated.
Consequently, a certain direction towards developing a JCM / BOCM seems to be set through present feasibility study, while there are still issues to be solved to promote the diffusion of practical use.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る