成果報告書詳細
管理番号20130000000537
タイトル平成22年度-平成24年度成果報告書 省エネルギー革新技術開発事業 実証事業 有機EL照明量産化実証に関する研究開発
公開日2013/6/25
報告書年度2010 - 2012
委託先名NECライティング株式会社
プロジェクト番号P09015
部署名省エネルギー部
和文要約本研究開発では、有機EL照明の実用化のための実証試験、有機EL照明の普及に必要な測光基準の提案および省エネルギー効果をより大きなものとするため発光効率改善活動を実施した。
有機EL照明の実用化のための実証試験では、照明用有機ELパネルの量産試作試験を行い、量産装置の在り方、量産プロセスの在り方を検証することで、照明用有機ELパネルの量産に必要な量産プロセスを確立した。
有機EL照明の普及に必要な測光方法の提案では、従来光源と異なる特徴を有する有機ELパネルに対して適切な測光方法の検証を行った。
また、性能向上を目標とした研究開発では、りん光材料の選択、低電圧駆動材料の選定、成電圧駆動デバイス構造の確立、光取り出し技術の検討により、省エネルギー効果を獲得することのできる高い発光効率を有する照明用の有機EL素子の開発した。
これらの結果、照明機器として実用可能な明るさで安定点灯可能な、有機EL照明の開発およびその量産プロセスの確立を実現した。
英文要約Title: The research and development of mass-production demonstration of organic EL lighting for practical usage.(FY2010-FY2012)Final Report

In this research and development, we conducted the verification test for the practical application of OLED lighting data collection and test for OLED standardization and luminous efficiency improvement.
In the development of verification test for the practical application of organic EL lighting, we established the mass production process for mass production of lighting for organic EL panel.
In the data collection and test for OLED standardization, we verified the suitable light measurement method to the organic EL panel which has the different feature from a conventionally light source.
In adition, in the research and development of performance improvement, we developed a high luminous efficiency OLED device that can be acquired energy saving effect.
These results were achieved with stable lighting can be practicable in brightness, the establishment of the production process and development of the organic EL lighting as a lighting equipment.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る