成果報告書詳細
管理番号20130000000598
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー実証事業に係るフォローアップ
公開日2013/6/27
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約件名:平成24年度成果報告書 国際エネルギー実証事業に係るフォローアップ

本調査では、平成24年度行政事業レビューの評価結果を踏まえ、国際エネルギー実証事業の普及状況及び普及に影響をもたらした要因等を整理・分析することにより、新規・進行案件において、実証事業終了後の技術・システムの普及を確実に実現していくための示唆を得るとともに、既存案件で対象とした技術・システムのさらなる普及を追求することを目的とする。  具体的には、過去の実証事業の外部環境調査、及び実証事業後の運用状況、普及件数及び効果に係る定量的な現状分析を行う。さらに、それらの成果に基づき、新規・進行中案件へのフィードバックに活用できる示唆を得るとともに、既存案件の中で、さらなる普及の可能性が高い事業を抽出し、「テコ入れ案件」として、改善策の提案を行う。  各調査の内容、実施方法を以下に概説する。  1)ヒアリング調査: はじめに、平成24年時点で実証機が稼働していて、普及が進んでいない案件を優先対象とし、委託先企業に対して、現在の運用状況、普及に関する成功要因・失敗要因、テコ入れ可能性等に関するヒアリング調査を実施する。その際、複数の案件を実施している委託先企業については、他の案件についてもヒアリングを行う。  2)アンケート調査: すべての案件を対象に、実証事業開始前(事前調査段階)から、実証事業中、実証事業後に分けて、各案件の状況を把握するためのアンケート調査を実施する。  3)現地調査: 実証事業の案件数が多く、かつ今後も市場拡大が見込まれる中国及びインドを対象に、現地の政府関係機関、業界団体、関連企業等へのヒアリング調査を実施する。  4)とりまとめ: 上記の調査結果を踏まえて、新規・進行中案件への示唆、及びテコ入れ余地の可能性、テコ入れ方策について分析し、とりまとめを行う。
英文要約Title: International Efficient use of Energy Technologies and Systems Demonstration, Follow-up for international energy demonstration projects (FY2012) Final Report

By organizing and analyzing the factors which had some effects on popularization of the projects, this study, based on the result of Administrative Project Review 2012, aims to find out implications on spreading the technologies and systems after the new or ongoing projects are completed, and to pursue further popularization of technologies and systems of which the demonstration is complete. For example, the outside circumstance of past demonstration project and the operational status after the demonstration project will be researched, and the number of usage and effect will be analyzed quantitatively. Based on the research and the analysis, implications are studied for new or ongoing project and suggestions are made on some selected existing projects which need to be shored up. Contents and implementing methods of the each research and analysis will be summarized as follows. 1) Interview Survey: Regarding the high-priority projects in which the demonstration technology or system was already at work as of 2012 but has not been widely used, interviews with the companies are conducted to find out the status of the project, causes of success or failure, and possibilities to further support the project. If the company owns multiple projects, interview regarding the other project are also conducted at the same time. 2) Questionnaire Survey: To grasp the situation on each project, a questionnaire survey is conducted on all projects which are categorized by its status; “on preparatory study”, “ongoing” and “done”. 3) Field Survey: A field surveys with local government institutions, industry groups, and other related organizations are conducted in China and India, where multiple projects are ongoing and continuous market growth are expected. 4) Review: Analysis and review of results of the surveys are conducted to find out implications, possibilities and plans for shoring up new or ongoing projects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る