成果報告書詳細
管理番号20130000000616
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ポーランドにおける高効率石炭火力発電所 新設プロジェクトの案件形成合理化調査
公開日2013/7/30
報告書年度2012 - 2012
委託先名中国電力株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本調査の対象国であるポーランドは欧州有数の産炭国であり、発電電力量に占める石炭火力の割合は9割を超えている。同国政府による予測では国内電力需要は今後堅調に増加し、2030年までには2009年比で約40%伸びるとされているが、他方で同国では稼動後30年を超え、EU指令に基づいて強化される環境規制への適応が困難になりつつある老朽化した火力発電所設備が多数にのぼる。今後、環境規制を遵守しつつ,増加する電力需要に対応するためには,老朽化した発電ユニットを中心に改修または更新(リプレース)を実施していく必要がある。
こうした課題解決に資するため、石炭火力発電分野の石炭利用効率向上と環境負荷の低減等を図るプロジェクトの形成を目的とし、平成23年度に日本の優れたクリーン・コール・テクノロジー(以下「CCT」)である、1,000MW級USC(超々臨界圧)を採用した石炭火力発電所新設計画の実現可能性および温室効果ガス削減ポテンシャルについて案件形成調査を実施した。
その結果、日本で実績のあるCCTの採用に係る技術面および経済性におけるプロジェクトの実現可能性や、CO2排出削減ポテンシャルも高いことが確認された。一方で、コスト競争力不足、運転開始へ向けてのタイトなスケジュール等の課題のあることが判明した。
これを受け、平成24年度の本調査では、技術面の合理化調査および補完調査としてプロジェクトの経済性・コスト競争力を高めるための設備合理化調査、スケジュールへの影響が大きい環境影響評価・建設許認可手続きに関する調査、加えて、使用する石炭供給等についても調査することで、プロジェクト実現の蓋然性をより高めることを目指した。併せて、日本のCCTの信頼性や運用ノウハウの優位性についてポーランド側の理解促進にも取り組んだ。
具体的には、昨年度実施したFSを基にボイラを中心とした仕様変更等のハード面での対策に加え、調達方法の工夫等によるソフト面での対策を検討した。また、土地取得の前提条件を変更し、設備レイアウトを調整することで効率的な設備配置が可能となり、コスト面・環境面でメリットがあることが確認できた。建設スケジュールについても再検討を行ったところ、建設工程における土木工事部分について短縮可能性があることが判明し、昨年度のFSで提示した工期に対し2か月の短縮を提案した。これらの結果から、コスト面では、昨今同国において調達された類似プロジェクトと遜色のない価格レベルとすることができた。
また、ポーランドにおいて着工前に実施する発電所建設許認可手続きについて必要な工程を把握できた。石炭供給に関する調査では周辺の炭鉱を調査し、長い歴史と充分な埋蔵量のあることを再確認すると共にプロジェクトの設計炭である瀝青炭が豊富に存在することが確認できた。さらに、日本のCCTの競争力について、導入ポイント等を整理することで、プロジェクト実現の蓋然性を高めることができた。
英文要約Title: International Projects for Increasing the Efficient Use of Energy / Fundamental Project / Project Formation Research on High-efficiency Clean Coal Technology, Feasibility Study for a Construction Project of High Efficiency Coal Power Station in Poland (FY2012) Final Report

Poland is one of leading coal-producing countries in Europe and coal-fired power generation in Poland accounts for over 90% of its total electrical energy output. Forecasts indicate that demand for electric power will increase steadily, and that by 2030 demand will have grown by around 40% compared to 2009. On the other hand, Poland has a large number of obsolescent coal-fired power plants that have been in operation for over 30 years, and which will have difficulty in complying with the stricter environmental regulation mandated by EU. In order to be able to meet growing demand while also complying with environmental regulations, Poland will need to modify or replace its obsolescent power generating units.
To solve such problems, a pilot study was implemented in FY 2011 to examine the feasibility of a new coal-fired power plant that adopts Japanese outstanding clean coal technology (hereinafter referred to as “CCT”) in the form of 1,000MW USC technology, and to gauge the GHG reduction potential of such a plant, with the aim of formulating a project which would help both to enhance the efficiency of coal utilization and to reduce the negative impact on the environment in the coal-fired power generation sector.
The study in FY 2011 confirmed that the project is feasible in terms of economic and technical aspects relating to employment of the CCT - which has a proven track record in Japan - and that it has high potential for reducing CO2 emissions. On the other hand, the survey also found that there would be issues such as insufficient cost competitiveness and a tight schedule leading up to the commencement of operation.
Accordingly, aiming to further increase the feasibility of the project, we carried out the following technological optimization studies and supplementary studies in the FS of FY 2012: facility optimization studies for improving the economy of the project and our cost competitiveness, studies on the environmental impact assessments and construction approval formalities - which will greatly affect the schedule - and additionally, studies on supply and other aspects of the coal to be used. Furthermore, we worked to promote understanding on the Polish side concerning the reliability of Japan’s CCT and the superiority of Japanese expertise in applying it.
As a result of these efforts, we have managed to reduce estimated construction cost of the project to the same level as recent similar projects in Poland.
Poland is a promising market for highly efficient coal-fired power plants such as the project for which we conducted this study, and we have been able to verify that diffusing and promoting Japanese CCT in Poland has the potential to contribute to reduction of CO2 emissions at the global level.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る