成果報告書詳細
管理番号20130000000636
タイトル平成24年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業 基礎事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 中央アジア諸国(ウズベキスタン・キルギス・タジキスタン)における石炭高効率利用システムの基礎調査
公開日2013/7/27
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名環境部
和文要約本調査は、日本の石炭高効率利用技術について中央アジア諸国(ウズベキスタン・キルギス・タジキスタン)における適用および案件形成可能性を探ることを目的とした。ウズベキスタンは、国内石炭の利用を拡大することで、天然ガスの消費抑制・輸出拡大を図る計画である。石炭可採埋蔵量は19億トンで褐炭が95%を占めている。採掘はアングレン炭鉱、シャルグン炭鉱、バイスン炭鉱の3箇所で行われ、国内消費量は319万トンである。同国にはアングレン(484MW)、ノヴォ・アングレン(2100MW)の2カ所の石炭火力発電所があるが、1950-80年代に建設されたもので老朽化が進行し、稼働率は20%-50%と低迷している。すでにノヴォ・アングレンは2005年に中国の融資により設備更新が行われている。またアングレンも設備更新が計画されており、第1期改修(-2015)では、中国企業の150MWプラントが導入される予定である。また第2期改修(2015以降)も検討中であり、同等以上の規模の計画があることが現地調査にて明らかとなった。キルギスは豊富な水資源によって、設備容量291万kWの水力発電を有し、雪融け水の多い春から夏にかけて発電量が多くなり、電力需要が増す冬期に少なくなるため、夏期には近隣諸国に電力を輸出し、冬期には輸入している。石炭は2009年に原料炭を6万トン、褐炭を53万トン産出する一方、50万トン強を近隣諸国より輸入している。また採掘は、カラ・ケチュ炭鉱など南部を中心に行われている。同国のビシュケク石炭火力発電所(666MW)も、設備の老朽化が進行しており、故障あるいは修理中のものも多くなっている。老朽設備の更新が喫緊の課題である。タジキスタンは電源構成の98%を水力が占め、設備容量は403万kWに達するが、冬にかけて発電量が低下するため、冬季のベース電源の確保が課題となっている。しかし新規のダム建設に伴う水利の問題を巡って外交問題が生じており、電源多様化が求められている。石炭の埋蔵量は約4億トンとも言われているが、現在石炭利用は進んでおらず、毎年の生産、消費量は20万トン程度しかない。現在、中国と炭鉱の開発が進められている。また、首都ドゥシャンベに近いジッティ炭鉱においては、270MW級の石炭火力発電所の建設が中国によって進められている。当面は日本企業および技術の参入余地は低いことが明らかとなった。上記3カ国の現地調査により、アングレン石炭火力発電所の第2期改修、ビシュケク石炭火力発電所の改修において、案件形成の可能性があることが明らかとなった。案件検討の優先順位は、ビシュケク火力発電所が優先、アングレン石炭火力発電所は劣後と位置づけられる。後者については、下記の理由により案件形成条件が前者と比べ良くないためである。・既に第1期改修を中国企業が着手している・第1期改修では、中国の民間金融機関が事業費全体の8割近くを融資している・同国政府が融資に対して政府保証をつけない方針を示している・日本が案件化する場合、中国と同等以上の条件を提示する必要がある。いずれにしても、中央アジア地域はわが国のプラント輸出実績が少ないため、現地への設備の輸送、建設、あるいは稼動後の運転、保守などの面で検討が必要であり、他地域に増して充実したFS調査を行うことが求められる。
英文要約Title: Project Formation Basic research on High-efficiency CCT in Central Asian countries (Uzbekistan, Kyrgyz, and Tajikistan)

The purpose of this study was to explore the potential application and project formation in the Central Asian countries, Uzbekistan, Kyrgyz and Tajikistan for the high efficiency coal utilization technology of Japan. Uzbekistan is planning to limit the consumption and expand the export of natural gas, by expanding the use of domestic coal. The amounts of recoverable coal reserves are 1.9 billion tons, and 95% of them are lignite. There are two coal-fired power plants in Uzbekistan: Angren (484MW) and Novo-Angren (2100MW). These plants that are built in the period from 1950 to 1980 are being deteriorated by aging. The facilities in Novo-Angren have already been renovated in 2005. The Angren facilities are also planned to be updated and a 150MW plant designed by a Chinese firm will be built in the phase I renovation (~ 2015). We found out that the second phase renovation is also under consideration (2015~) and the size of the renovation will be the same or larger than the first phase. Kyrgyz has a hydropower capacity of 2.91million kW. Since the amount of power generation increases during the period from spring to summer with melting snow and the power demands increase in winter, electric power is exported to neighboring countries in summer and imported in winter. The facirities in the Bishkek coal-fired power plant (666MW) are getting old and being deteriorated, and there are many equipment failures and repairs. Updating the aging equipment is pressing issue. In Tajikistan, hydropower accounted for 98 percent of the power configuration. However, there is a need for diversification of supply, since a diplomatic dispute has arisen over the issue of water use due to the construction of a new dam.
Although the coal reserves have been said to be about 400 million tons, coal use is not currently in progress. Nevertheless, mines have been developed in cooperation with China. In addition, in the Zeddy coal mine close to Dushanbe, a coal-fired power plant in class 270MW is being constructed by China. We think that the possibility for a Japanese firm or technology to enter the market is rather low for the time being. Our survey of the three countries revealed that there are possibilities of project formation in the second phase renovation at the Angren coal-fired power plant, and the renovation in the Bishkek coal-fired power plant. The Bishkek Project takes higher priority and the Angren Project is lower. The project formation conditions are not favorable for the latter compared with the former for the following reasons: Chinese company has already started the Phase I renovation project: In the phase I renovation, Chinese private financial institutions financed nearly 80% of the total project cost: Government policy shows that the government does not give a guarantee for a loan: If Japan to undertake projects, conditions equal to or better than China should be proposed. In any case, due to the limited plant export experience to Central Asia, it is necessary to carefully evaluate projects. Further, more extensive and thorough FS investigations are required for projects in Central Asia than in any other areas.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る