成果報告書詳細
管理番号20130000000544
タイトル平成24年度成果報告書 ドイツ連邦共和国におけるスマートコミュニティ基礎調査
公開日2013/8/20
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P09018
部署名スマートコミュニティ部
和文要約ドイツでは、2001年よりFIT(Feed in Tariff)を導入するなど、早期から再生可能エネルギーを導入を推進してきた。結果として、風力発電と太陽光発電(PV)を中心に再生可能エネルギーが大量導入され、送配電系統や需給バランスへの影響が無視できない状況になっている。加えて、FIT(Feed in Tariff)は減額方向にあることから、自宅のPVをはじめとするマイクロ発電に関するドイツの政策は、地産地消を促進する方向に進むと言われている。
本調査では、ドイツで検討されている再生可能エネルギー、特にPVの大量導入に係る、系統対策の状況を確認した。結果として、地産地消型のHEMSの推進、キャパシティーマーケットの創出、送配電線のインセンティブ規制の変更による、FITの制度改革などが検討されていることが分かった。なお、地産地消型のHEMSは、電気事業者のビジネスモデルを崩す可能性もあり、電気事業者はミックスリアクションを示している。
HEMSのビジネスモデルとしては、地産地消型、省エネ型、ピークシフト型、マーケット参加型が考えられる。ドイツで行われた実証試験は、ダイナミックプライスによるピークシフト型が多いが、結果としては家庭では5%程度のピークシフト効果しか得られないことが分かっている。加えて、ホールセール市場におけるピーク料金が減っていることから、ピークシフト型単独では経済性が十分にない模様である。省エネ型も、ビルについては十分な経済性が期待されるが、空調の稼働時間が日本よりも短いこともあり、家庭については収益性が減ると考えられる。マーケット参加型は、現在のバランシング市場では十分に収益をあげられていないが、将来のバランシング市場次第で経済性が改善する可能性がある。結果、経済性が最も良いと考えられるのは、地産地消型と考えられる。
なお、HEMSのビジネスモデルの観点では、ドイツの電気事業者は、再生可能エネルギーの投資が後手に回り、発電シェアを失った反省もあり、HEMSなど新しい電気事業の潮流のビジネスは乗り遅れることに対する危機感は十分に持っている。こうした危機感も背景に、e-energy projectを実施したが、結果としてはピークシフト型が期待ほどピークシフト効果がないことなども判明し、HEMSを使って確実に稼ぐためのビジネスモデルを十分に描き切れていない状況にある。
そのような背景の中、本調査では地産地消モデルを核として、付加的に機能を追加するモデルが、最も収益を見込める可能性を指摘した。尤も、地産地消型は、電気事業者のビジネスモデルを根幹から崩すものであるため、電気事業者にとっても地産地消型のHEMSを使って収益機会を創出できるビジネスモデルを構築できるかが課題になる。
英文要約Renewable energy in Germany has been promoted from an early stage through implementation of the FIT (Feed in Tariff) in 2001. As a result, large-scale expansion of mainly wind and solar power are causing a situation for the transmission and distribution system and supply and demand balance, which cannot be ignored. In addition, in light of the FIT reductions and rooftop PV installations for residences, the German policy regarding decentralized generation is said to move towards promoting own consumption of domestically generated electricity.
In this study, discussions on renewable energy mechanism in Germany, particularly regarding PV, were researched. As a result, we found that the promotion of own consumption HEMS model, capacity market, changes in incentive regulation of transmission and distribution grids, are being discussed as part of a FIT mechanism reform. Furthermore, the own consumption HEMS model can have severe consequences for the utility businesses, and there have been mixed reactions to this the promotion of this business model.
Four possible business models can be considered for HEMS: the own consumption model (of domestically generated electricity), the energy-saving model, the peak shifting model, and the market participation model. Many demonstration projects on peak shifting with dynamic pricing have been conducted in Germany, but the results showed only about 5% of load can be shifted to off-peak times. In addition, since peak prices in the wholesale market have decreased, the peak shift model on its own is not economically viable. The energy-saving model is expected to be economically viable for commercial buildings, but as operating time of air conditioning is shorter than in Japan, benefits for residential sector are limited. In the market participation model, the current balancing market has not been sufficiently profitable, and economic viability is dependent on development of the balancing market in the future. In short, the own consumption model is considered to be most economically viable.
In addition, it should be noted that German utilities feel a growing sense of urgency not to miss out on new HEMS-related business opportunities, after missing out on investing in renewable energy and consequently seeing their generation share decrease. Although the e-energy project was conducted from this background, it seems that viable HEMS business models could not be developed.
In this context, this study identified that the own consumption model, supplemented with additional functionalities, has the highest likelihood of being profitable. However, as the own consumption could potentially destroy the business model of utilities, the question arises whether utilities can develop a business model which enables them to profit from the own consumption model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る