成果報告書詳細
管理番号20130000000610
タイトル平成24年度成果報告書 次世代型ヒートポンプシステムの性能評価ガイドライン策定に関する検討
公開日2013/8/31
報告書年度2012 - 2012
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10011
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、ヒートポンプシステムの性能評価ガイドラインを策定することを目的として実施した。具体的には、NEDOにおいて開発を実施しているヒートポンプシステムについて、昨年度整理した条件設定と計算ツールの候補を使用して、現在進めている開発案件の実測データを適用しながら、省エネルギー性能の評価手法の試行的な適用と課題検証を行った。報告書の各章における要旨を以下に示す。

第1章 次世代型ヒートポンプシステム研究委員会との連動

本調査における検討の目的、検討体制、検討経緯を整理した。
本検討は、NEDOを事務局とする「次世代型ヒートポンプシステム研究委員会」での専門的立場からの議論を踏まえつつ実施した。更に、同研究委員会の下に、三菱総研を事務局として「ヒートポンプシステム評価手法検討WG」を設置して、集中的な議論を進めた。更に、民間開発者レビュー会議を設けて、民間からの意見を取り入れた。

第2章 性能評価ガイドラインの策定

ヒートポンプは機器単体としての評価指標としてAPF等の指標があるが、システム全体を評価する指標や方法が存在しない。ヒートポンプシステムを実際に運転する場合における省エネ効果の把握のためにはシステム評価方法の確立が必要である。ヒートポンプの利用される分野や用途は非常に幅広い。そこで、本調査では家庭用・業務用の空調用途のヒートポンプシステムを対象としてガイドラインを策定した。ガイドラインは、評価の前提条件として、「(1) 評価範囲の設定の考え方」、「(2) 評価用ベース負荷条件・負荷パターン」、「(3) 評価用のベース熱源条件・変動パターン」、「(5) 評価対象システムの機器仕様」、「(6) 従来型システムの考え方」を定めた。また、評価の指標については、システムCOPおよびシステムとしての一次エネルギー削減量で評価を行うことを定めた。

第3章 ガイドラインの試用イメージ

「性能評価ガイドライン」の利用を促進するために、試用イメージを作成した。具体的には、地下水を熱源水として利用し、地下水温度が冷房用の冷水の温度より低い期間は地下水を直接、空調の熱源として使用するフリークーリング機能を備えたヒートポンプシステムを想定した。そして、ガイドラインに基づく性能評価チェックリストの記入例、及び性能評価の記入例を出来るだけ具体的に記述した。

第4章 今後の課題

今後の課題として、「性能評価ガイドライン」自体の内容充実に関する課題、ガイドラインの活用方法に関する課題、ガイドラインの中長期的な展開に関する課題、及びその他の課題の大きく4分野で課題を整理した。
英文要約This study was conducted with the aim to develop guidelines for performance evaluation of the heat pump system. For heat pump systems that are implementing development in NEDO, while applying the measured data of development projects using the candidate calculation tool settings and conditions were arranged last year, we are currently, in particular, the evaluation of the energy-saving performance I was tested and challenges a trial application of the method. The following is a summary of each chapter of the report.

Chapter 1 In conjunction with the "Research Committee on Next Generation Heat Pump Systems"

The purpose of the study was organized in this survey, examination system, considering the circumstances.
This study, we have carried out taking into account the discussion from the standpoint of technical and secretariat NEDO in the "Research Committee on Next Generation Heat Pump Systems". In addition, under the research committee, established a "WG consider heat pump system evaluation method" as the secretariat MRI, we went ahead with intensive discussions. In addition, by providing a private developer conference reviews, I took in the views of the private sector.

Chapter 2 Developing guidelines for performance evaluation

There is a measure of the heat pump, such as APF as an evaluation index as a single instrument, indicators and methods to evaluate the entire system does not exist.
In order to grasp the energy-saving effect in the case of a heat pump system actually operate is necessary to establish a method of system evaluation.
Field and applications to be used in the heat pump is very wide. Therefore, in this study was to develop guidelines for heat pump systems as air conditioning applications for home and business.
As a prerequisite for evaluation, "the idea of --setting a range of evaluation (1)", the guidelines "base load conditions and load patterns for evaluation (2)", "variation pattern-based conditions for the evaluation of the heat source (3)", "equipment specification of the system under evaluation (5)", established by the "concept of legacy systems" (6). In addition, evaluation indices are determined to be evaluated in primary energy reduction system and a COP.

Chapter 3 Trial image of guidelines

In order to promote the use of the "Guidelines for Performance Evaluation", we tried to create an image.
Using water as a heat source of groundwater, specifically, the period the temperature of groundwater is lower than the temperature of the chilled water for cooling assuming a heat pump system directly featured free cooling to be used as a heat source for air conditioning groundwater.
And I was specifically described as possible sample completed checklist performance evaluation based on the guidelines, a sample completed and performance evaluation.

Chapter 4 Future Challenges

In the future, the challenge was organized in four areas big challenge over the medium to long term issues related to deployment issues related to how to take advantage of rich content itself "Performance Evaluation Guidelines", guidelines, guidelines, and other issues.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る